logo

Beacon対応の家電機器やセンサーを実現する技術を開発

アプリックスIPホールディングス株式会社 2013年11月25日 13時03分
From PR TIMES

~ 通販アプリと連携した消耗品販売や防災・防犯センサーと連携して安心安全を身近に ~

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、家電機器やセンサーの状態を暗号化し、自動的にBeaconとして発信することにより、通販アプリと連携して消耗品の購入を促進したり、ホームセキュリティや見守りサービスを安全で簡単に実現できる技術を開発※したことを発表いたします。



iOS 7の新機能iBeaconやAndroid OSからも利用できるBeaconは、店舗や施設等で位置情報サービスやクーポンを使った販促等に利用され始め急速に普及しつつあり、利用者の中でBeaconの認知度が上がる中、さらに幅広い用途への応用も期待されています。しかし、Beaconの送信するデータは誰でも受信可能なため、家庭やオフィスのプライバシーの保護や情報のセキュリティを確保できませんでした。また、Beaconのデータはスマートフォンからも送信できるため、簡単に成りすますことができてしまいます。

アプリックスでは、健康機器や住宅設備等をスマートフォンに安全に繋げるセキュリティ機能とBeaconを組み合わせることにより、Beaconが送信したデータを受信しても内容がわからないよう暗号化し、また、電子認証により成りすましも防止することができます。さらに、Beacon情報を管理するためのセキュリティソリューションを利用して、製品購入後にBeaconが送信するデータを変更し、勝手に書き換えられないように保護できます。

今回発表した技術を利用することにより、一つのアプリケーションで複数の家電機器やセンサーのBeaconをセキュアに受信できるようになり、洗濯機・炊飯器・コーヒーメーカー・オーブン・沸騰ポット・風呂のお湯張り等の完了通知、加湿器の水切れ、フラワーポットの乾燥等、生活を快適にするサポートアプリケーションを実現し、ライフスタイルに合った商品の提案を行ったり、空気清浄機や浄水器のフィルターの交換、ウォーターサーバーやコーヒーカプセル、ポッドの補充等の消耗品の販売等に繋げることができます。また、情報の暗号化と成りすまし防止の機能により、窓の開閉や人感センサー、火災報知器や温湿度計等と連携して、ホームセキュリティや見守り等のサービスも安全で簡単に実現できます。さらに健康機器に利用することにより、その都度スマートフォンに繋げることなく、測定後に自動的に体重・体脂肪・血圧・血糖値等のデータが暗号化され、Beaconとして受信可能となります。

アプリックスでは、今後インターネット通販や健康・安心・安全・ライフスタイルやライフサポートのサービスプロバイダーに安全で快適なM2Mのインフラを提供していくことで収益基盤を拡充してまいります。

※このたび開発した技術を搭載したBluetooth Smartモジュールは、来年1月から量産出荷を開始する予定です。


■ アプリックスIPホールディングス株式会社について
アプリックスIPホールディングスグループは、ソフトウェアテクノロジーによって世界中の人々がより充実した生活を楽しめるようにすることを使命として事業を営んでおります。ソフトウェア基盤技術事業においては、携帯電話やパーソナルコンピュータ等の民生用電子機器に向け優れたソフトウェア技術の研究開発・販売、さらにはM2M市場に向けた革新的な技術やサービスを提供する一方で、コンテンツ・サービス等事業においては、出版事業や映像事業を中心に、自社IPを最大限に活用する総合エンターテインメントを展開しております。2013年4月1日付を以ちまして、当社商号を「アプリックスIPホールディングス」に変更いたしました。これを機に、当社グループの原点に立ち戻り、国内外で知名度の高い「Aplix」のブランド名をグループの名称に再び冠し、高度な技術を以ってして企業価値の向上と収益の増大を目指してまいります。 
アプリックスIPホールディングスのwebsite(投資家情報等):リンク
アプリックスグループのwebsite(エンタメ情報等):リンク

※ 記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。