logo

アプリケーション・デリバリ・コントローラ 「PAS-K シリーズ」 の価格を大幅に改定

株式会社パイオリンク(本社:韓国・ソウル市、代表取締役社長兼CEO:チョ・ヨンチョル、以下パイオリンク)は、2012年10月に発売した アプリケーション・デリバリ・コントローラ (以下、ADC) 製品、「PAS-K シリーズ」を既存他社様製品との比較優位性に基づいた分析を踏まえ、大幅な価格改定及を実施いたします。

【ADCとは、アプリケーション(Application)を効率的に転送(Delivery)する機器(Controller)です】

この価格改定は、単なる値引きではなく、エンドユーザー様の製品選択は、旧製品(PASシリーズ)と同一価格で、上回る高性能PAS-Kを手にすることが可能となります。また、ローエンドモデルに至りましては、価格を“1/2“にすることで、ネットワーク構築予算を圧迫することなく、コストパフォーマンスを実現いたします。



-価格の改定内容-

PAS-K(ADC)製品は、他製品との比較で、特質した特徴の中に、コストパフォーマンスがあります。
中でもパフォーマンス(性能)で他社と比較した場合、コスト(価格)面の “お値打ち感” は同シリーズの特徴的なもので、平均価格を設定する他社には真似のできない、当社独自のエンドユーザー目線での製品提供を心掛けております。従います所、当社の価格競争力は、ハイエンドから、ローエンドモデルに至っても特徴的なものになります。


-PAS-Kシリーズの主なコストパフォーマンス比較-
(上から、PAS-Kモデル、当社旧製品PAS、他社様の製品例)


■ローエンドモデル
*PAS-K 1516 筐体(1U) L4/7性能(1.5G) 価格98万円 (2048ビットSSL 3,000 CPSモデル128万円)
 旧製品(PAS) 筐体(2U) L4/7性能(2G) 価格198万円 (2048ビットSSL 3,000 CPSモデル248万円)
 他製品例 筐体(1U) L4/7性能(1G) 価格138万円 (2048ビットSSL 500 CPSモデル)

■ミッドレンジモデル
*PAS-K 2424 筐体(2U) L4/7性能(4G) 価格198万円 (2048ビットSSL 6,000 CPSモデル248万円)
旧製品(PAS ) 筐体(2U) L4/7性能(4G) 価格398万円 (2048ビットSSL 5,000 CPSモデル498万円)
他製品例 筐体(1U) L4/7性能(4G) 価格680万円 (2048ビットSSL 3,000 TPSオプション提供)


性能面では高スペックを有し、価格面ではローコストを実現いたしました。
当社、新・旧製品比較では、旧ローエンド製品価格で、PAS-Kミッドレンジモデルが購入可能です。


-PAS-Kの性能特徴-

PAS-Kは、アプリケーションの可用性とセキュリティのための高性能処理、及び、拡張性を高めるために設計されたアドバンストADC製品です。 独自のハードウェアとソフトウェアを緊密に連携して最適化することで、大容量のトラフィック負荷分散機能に加え、アプリケーション転送効率を高めるための多様なアアクセラレーション機能、セキュリティ機能、仮想化機能などを実現いたします。


●アプリケーション可用性及び安定性
負荷分散 (Load Balancing) 機能では、大容量のトラフィックをバランスよく転送しサーバ、ファイアウォール、VPNなどの対象機器の安定性とリソースを確保いたします。また、グローバルサーバ負荷分散(GSLB)機能は、災害対策として注目されるDRセンター構築及び、クラウド用のデータセンター構築等において活用される、高可用性(HA)の二重化技術が適用されたアプリケーション・デリバリを、無中断・無障害のサービスとして提供することを念頭に、顧客サービスに対する信頼度を高めます。


●アプリケーション・アクセラレーション
アプリケーションの転送効率を高めるために多様なアクセラレーション機能をサポートします。このアクセラレーション機能は提供側のサービス品質を高めて顧客の満足度や信頼度を高めることに貢献します。また、提供側の導入メリットとして、使用するサーバ、回線などのリソースの効率性を高めることに貢献します。PAS-Kはメモリキャッシング機能、圧縮機能、コネクションプーリング機能、SSLアクセラレーション機能、IPv6サポート などにより、アプリケーション・アクセラレーションをサポートします。


●アプリケーション・セキュリティ
アプリケーションデータは、システムに対するセキュリティ機能によって、アプリケーションサーバに対する外部からの多様な攻撃に対する防御機能を提供します。


●ネットワーク仮想化
クラウドコンピューティングのインフラ構築に必要な集中化・効率化・拡張性のためには仮想化技術は必須となります。サーバストレージ、デスクトップ仮想化と一緒にアプリケーション・デリバリ・ネットワーク(ADN)の核心技術としてADC仮想化が求められます。PAS-Kは、複数の仮想化したADC機器として定義し、使用することが可能です。


●管理・運用の便宜性
PAS-Kは、設置の効率的な1Uモデルのラインナップがあります。また、PAS-K及び、パイオリンクが提供する全ての製品には、10年間の修理保証メニューがあり、長期的な運用環境をサポートしています。さらに、運用環境の効率化を担うため、完全日本語GUI及び、各種ケーススタディを提供いたします。


全モデル一覧、詳細は下記HPまで
リンク


【PIOLINKについて】

PIOLINKは、クラウドデータセンターの最適化ソリューションを開発する専門企業です。
インターネットサービスにおいてはインターネットデータセンター(IDC)とこれを繋げる通信網に分かれています。
データセンターは、サーバ、つまりサービスの集合スペースとしてコンピュータシステムと通信機器、ストレージ及びその他空調/冷却/電力システムなどが一緒に構成された施設を言います。大型センタービルから小規模の電算室を含み、公共、企業、金融、教育などの全分野にて運営されています。

PIOLINKは、データセンターの輻輳するトラフィック、クラウド、ビッグデータの急激な変化及びダイナミックなネットワークのインフラにてサービスの可用性、性能、セキュリティ、マネジメントを最適化します。増加するモバイル機器とスマートワーク環境においてサービスレスポンスを迅速に処理し、企業のサーバ集中化、仮想化環境での顧客データ及び企業の機密データを保護します。又は、ITリソースの効率的な使用により、全てのアプリケーション使用を保障し、強力なセキュリティと監視を通した可視性でお客様の満足度と信頼度を高めて参ります。


社名:株式会社パイオリンク
本社所在地:韓国 ソウル市
代表者:Young C. Cho(チョ・ヨンチョル)
設立:2000年7月26日
資本金:2億4,000万円
事業内容:クラウドデータセンター最適化、アプリケーションデリバリネットワーク、
アクセスネットワークセキュリティ、WEBセキュリティ技術の開発及びサービスの提供
URL: リンク


お問い合わせ先:
株式会社パイオリンク 日本支社  担当: 松田
住所:160-0022 東京都新宿区新宿1-34-14 第2貝塚ビル3F
TEL:03-5367-2547  FAX:03-5367-2546
E-mail:sales@piolink.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。