logo

◎英自動車クラブがドレイソン卿を電気自動車スピード記録達成で表彰

Drayson Racing Technologies LLP 2013年11月21日 15時05分
From 共同通信PRワイヤー

◎英自動車クラブがドレイソン卿を電気自動車スピード記録達成で表彰

AsiaNet 55091
共同JBN 1423 (2013.11.21)

【オックスフォード(英国)2013年11月21日PRN=共同JBN】
*ドレイソン卿は革命的な電気自動車「B12 69/EV」で4種類の「電気自動車地上速度記録(Electric Land Speed Record)」を打ち立て、シムズ・メダル(Simms Medal)を受賞。

*シムズ・メダル授与式が20日午後、パルマル・クラブハウスで行われ、自動車産業に貢献したとして同氏の革新や個人的な尽力を表彰

ドレイソン卿は大胆なレーシングで「電気自動車地上速度世界記録」を何度か達成し、モータリング革新に貢献したとしてこのほど、ロイヤル・オートモービル・クラブの技術委員会によって権威あるシムズ・メダルが授与された。

今年のシムズ・メダルはドレイソン卿が新しい自動車技術に挑戦し、その技術が持つ可能性を大胆に極限まで追求し、それに成功したとして授与された。技術委員会は、ドレイソン卿は車両重量999キロ以下の電気自動車地上速度の世界記録を4つも樹立し、「冒険魂の良い例になった」としている。

ドレイソン卿が運転したB12 69/EVはQualcomm Haloがスポンサーになり、卿自らの会社Drayson Racing Technologiesが開発したもので、時速205.139マイル(330.139キロ)で走り、国際自動車連盟(FIA)のフライングスタートによる電気自動車地上速度の世界新記録を打ち立てた。ドレイソン卿はまた、すべての動力で動く自動車の英国における地上速度記録を打ち立て、2013年10月にはスタンディングスタートで1/4マイルを9.742秒で走り、世界新記録を打ち立てている。

ドレイソン卿は自らのシムズ・メダル賞受賞について「ロイヤル・オートモービル・クラブからシムズ・メダルを授与されたことを大きな誇りと感じており、電気自動車の持つ性能の可能性を極限環境の下で示すことができて喜んでいる。これもすべて当社と一緒にやろうというビジョンを持ったQualcomm、Multimatic、Cosworth、Michelinのような革新的な会社がパートナーになってくれたから初めて可能になったことだ」と述べた。

ロイヤル・オートモービル・クラブのモータリング委員会委員長ベン・カッソンズ氏は「英国自動車産業界の優れた功績を表彰できて喜んでいる。ロイヤル・オートモービル・クラブの存在理由の1つはいつの時代でもモータリングに関わることすべてを促進することで、現在のような厳しい経済環境にあっては特にそうだ。自動車革新に対する関心を引くことは製造業のなかでも活気に満ちた自動車産業に対してわれわれができる貢献の重要な一部だ」と述べた。

同氏はさらに「ロイヤル・オートモービル・クラブは何十年にもわたってシーグレーブからコッブ、キャンベル、ノーブル、グリーンなど英国人ドライバーによって成し遂げられた地上速度記録を多く表彰してきたが、ドレイソンもこの輝かしいリストに載ることになった。当クラブは今までガソリン、ディーゼル、蒸気、ガスタービンなどを原動力にした車両を使って打ち立てられた地上速度記録を表彰してきたが、この地上速度記録リストに最初の電気自動車を加えることができて喜んでいる」と述べた。

Drayson Racing Technologies LLPは世界を代表する英国モータースポーツ産業の中心地であるオックスフォード近郊のキッドリントンに本拠を置く研究開発企業である。元英国政府の科学・イノベーション担当大臣で科学志向の起業家でもあるドレイソン卿はモータースポーツという厳しい環境でも生かせる持続可能な技術を開発するレーシング研究所として活動しようとDrayson Racing Technologiesを設立した。それ以降、Drayson Racingは第2世代のバイオ燃料のレースカーや後にはイーレースという新興分野に特化するなど数々の業界初の偉業を成し遂げてきた。

詳しい情報はDrayson Racing Technologiesの公式ウェブサイト(リンク)を参照。

Twitterは(リンク)を参照。

Facebookは(リンク)を参照。

(c) Drayson Racing

ソース:Drayson Racing Technologies LLP

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事