logo

「SNS、どんなふうに利用してる?」~約9割がSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用していると回答~

株式会社リクルートキャリア 2013年11月21日 10時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する、いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』(リンク)は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。今回は「SNS、どんなふうに利用してる?」をテーマにアンケートを実施いたしました。

▼「SNS、どんなふうに利用してる?」記事はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■男子学生よりも女子学生、理系学生よりも文系学生の方が、
SNSの利用率が高い傾向に。どんなふうに利用しているかについても公開。
――――――――――――――――――――

大学1年生525人(うち男子学生206人、女子学生319人)を対象にアンケートを実施(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、10月26日~10月28日)。大学1年生は、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を、どんなふうに利用しているのでしょうか? 今回は、SNSの利用度やその使い道について、尋ねてみました。

まず、LINEやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用しているかどうかを尋ねたところ、実に90.9%が「はい」と回答。ほとんどの学生がSNSを利用しており、利用していない学生は1割に満たないことがわかりました。属性別では、男子学生よりも女子学生、理系学生よりも文系学生の方が、利用率が高い傾向が見られました。
 
次に、どのSNSを利用しているかを尋ねたところ、一番多かったのが「LINE」で、実に80.6%!「Twitter」が62.3%、「Facebook」も42.9%で続きました。「その他」では、「Google+」「Skype」「Ameba」などが挙げられました。

「どんなふうに利用してる?」という問いには、「電車の遅延や、大学の休講といった緊急の情報は、Twitterで得るようにしている。学食の期間限定メニューもチェックできてうれしい」「LINEのグループチャットで、友達の誕生日計画やサプライズ企画、遊ぶ予定などを立てる」「父が転勤族だったため、友人がいろいろな所にいる私。遠くに住んでいる友人がどんなふうに毎日を過ごしているかを知ったり、そういった友人と連絡をとるのには、Facebookがとても便利」といった声が寄せられ、生活に必要な情報から娯楽に至るまで、さまざまな情報を入手したり発信したりする手段として、複数のSNSを上手に使い分けている学生たちの姿が浮かび上がりました。


▼「SNS、どんなふうに利用してる?」記事はこちらから
リンク

▼いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』はこちらから
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事