logo

締切まで2日!全20講座六本木アートカレッジ タイプ別攻略法を公開  

森ビル株式会社 2013年11月20日 15時00分 [ 森ビル株式会社のプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform


全20講座の中から自由に選択する1DAYイベント「六本木アートカレッジ」が、いよいよ開催間近となりました。2011年から開催している本イベントでは、毎回参加者が1日平均3講座~4講座を受講しています。中には、全時間参加する人もいるほど、参加者の熱気につつまれるイベントとなっています。

今年は「おもしろい未来がやってくる」をテーマに、「くまモン」の生みの親の水野学、ベストセラー作家の阿川佐和子、詩人の谷川俊太郎、そして話題沸騰のメディア・アーティスト真鍋大度ら総勢35名の世界をおもしろくするクリエイターが集う刺激的な内容。

「どの講座を受講するか迷う」「効率的に受講するには?」という疑問に対して、企画担当者が、理系、アート女子など受講者の志向タイプ別モデルコースをタイムスケジュールに沿って作成しました。興味がある分野をじっくり深めるも良し、新しい分野を開拓するも良し。モデルコースを参考に、自分だけの時間割を作成してご参加ください。

【参加には「六本木アートカレッジ」の申込みが必要。締切:11月22日(金)18時迄】
リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――
【モデルコースA】最先端のテクノロジー、アートを知りたい方へ

理系男子・女子におススメ!
――――――――――――――――――――――――――――――――
【11:20~12:20】
JAXA presents「宇宙時代における日本の独創性~「お地球見」を体験してみよう!~」
リンク
宇宙飛行士の若田光一氏が、地上約400キロのISS(国際宇宙ステーション)の船長として宇宙での滞在をスタートさせたことが話題になっています。実は「きぼう」日本実験棟では、テクノロジーやサイエンス分野だけではなく、芸術分野の実験を行い、アートの可能性をさぐっています。昨年も好評のJAXAによる講座では、芸術利用の一つである「お地球見」を実施された安藤孝浩先生に体験談をお話いただきます。宇宙でどのような表現がされたのでしょうか。当日は、会場内での模擬実験も予定しています。

【14:50~15:50】
「SWITCH presents メディアアートとスタートアップ」
リンク
Perfumeのライブ、PV演出が世界で反響を呼んでいるメディア・アーティストの真鍋大度氏をご存知ですか?斬新な発想のもと最先端のテクノロジーを駆使する今注目の人です。その真鍋氏と対談する、徳井直生氏はシリコンバレーで有力な支援を受け、アプリの開発などを行う世界で戦うエンジニア。未来のメディア・アート、テクノロジーがどこに向かっているのかを体感できる60分になるのではないかと思います。

【16:10~17:10】
「ロボット技術と未来社会」
リンク
災害救助ロボット研究の技術を生かし、3.11以降、廃炉作業を進めるに必要な環境調査を行うロボットの開発に成功したロボット工学者の古田貴之氏。古田氏は、ロボット開発の世界では、数々の伝説をつくり上げてきた人物です。世界から注目される古田氏が描く未来について、ジャーナリストの津田大介氏が迫ります。

――――――――――――――――――――――――――――――――
【モデルコースB】自分の感性を磨きたい方へ アート好きなBIZ女子にオススメ!

【モデルコースC】流行の裏側を知りたい方へ 発想力、企画力、プロデュース力を身につけたい人にオススメ!

モデルコースB、Cの詳細はこちらで公開中 ⇒  リンク

―――――――――――――――――――――――――――――――
■「六本木アートカレッジ~おもしろい未来がやってくる~」概要
――――――――――――――――――――――――――――――――
開催日 :2013年11月24日(日) 10:00~18:30
場 所 :アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
参加費 :4,000円(1講座60分、全20講座。自由選択制) ※ナイトパーティ付6,500円(税込み)
入場者 :定員1000名 
申 込 :WEBサイトから リンク
主 催 :アカデミーヒルズ
特別協力:六本木アート・トライアングル(国立新美術館、サントリー美術館、森美術館)
協 力 :株式会社umari、NPO法人アーツイニシアチブトウキョウ(AIT)、サントリーホール、JAXA、J-WAVE、SWITCH、Discover Japan、ナナロク社、六本木未来会議(五十音順)

――――――――――――――――――――――――――――――――
■六本木アートカレッジとは
――――――――――――――――――――――――――――――――
「六本木アートカレッジ」は、社会人向けに年間200本以上のプログラムを提供する「アカデミーヒルズ」が、ビジネスパーソンを対象にわかりやすく、多様性と現代性をもつ切り口で、「自分にとっての『アート』とは何か?」を考える機会を提供するセミナーシリーズです。2011年からスタートした秋の「六本木アートカレッジ」。1日まるごと“アート”の学校として、毎回1000名の受講者を集め、新しい刺激に出会い、興味を広げることで自分らしい感性を磨くきっかけを提供しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。