logo

昭和電工、世界最大記録容量670GBの2.5インチハードディスク量産開始

昭和電工株式会社 2013年11月20日 13時50分
From JCN Newswire

Tokyo, Nov 20, 2013 - ( JCN Newswire ) - 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、今月より、2.5インチサイズとしては世界最大(注1)となる1枚当りの記録容量が670ギガバイトのハードディスクの量産を本格的に開始いたしました。現在、2.5インチ、3.5インチサイズのハードディスクにおいて、垂直磁気記録方式(注2)第6世代(注3)の量産を中心に行なっておりますが、今般の第7世代2.5インチの量産開始により、一層進む大容量化をリードいたします。

当社は世界最大のハードディスク専業メーカーとして、大記憶容量のハードディスクの安定供給に努めるとともに、世界をリードする技術の開発にも取り組み、質・量の両面においてお客様のご期待にお応えしてまいります。

(注1)2013年11月現在(当社の調査)
(注2)垂直磁気記録方式:ハードディスク記録容量の大幅な拡大を可能にする技術。従来の面内記録方式がディスク面に水平に磁気を記録するのに対して、垂直磁気記録方式は縦方向に記録するため、記録密度を大幅に高めることが可能。
(注3)当社の垂直磁気記録方式ハードディスクは、記録容量に応じて次のとおり区分しています。

(単位:ギガバイト/枚)

-----------------------------------------------------
2.5インチ 3.5インチ
-----------------------------------------------------
第1世代 80 160
-----------------------------------------------------
第2世代 120 250
-----------------------------------------------------
第3世代 160 334
-----------------------------------------------------
第4世代 250 500
-----------------------------------------------------
第5世代 334 750
-----------------------------------------------------
第6世代 500 1000
-----------------------------------------------------
第7世代 670
-----------------------------------------------------

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

お問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。