logo

【スマートフォンアプリのプロモーション動画に関する調査】動画がアプリのダウンロードを促進する!

株式会社LOCUS 2013年11月20日 11時02分
From PR TIMES

動画掲載アプリは、掲載の無いアプリに比べ 1万DL以上される割合が1.8倍であることが判明:movie TIMES調べ

「アプリのプロモーション動画が、ダウンロード数や購入意欲に与える影響に関する調査」

【 調査結果サマリー 】
◆動画が掲載されているアプリのうち77.9%が 1万DL以上されているが、掲載が無い場合41.4%に留まった。
◆動画を掲載したことにより、人気ランキングの順位が平均119位上昇した。
◆動画が掲載されているアプリをダウンロードした人のうち8割が、アプリに対し「興味関心が高まった」と回答。
◆ユーザーはアプリの特徴や画面動作など具体的・実利的な内容の動画を求めている。



この度、動画マーケティングコンサルティングを行う株式会社LOCUS(代表取締役 瀧良太)が運営する、動画マーケティングニュースサイト「movie TIMES(リンク)」は、GooglePlay「人気のゲーム(有料)」カテゴリ内掲載アプリの動画活用状況と、OSがAndroidで有料アプリを購入したことがある人を対象したアンケートをもとに『アプリのプロモーション動画が、ダウンロード数や購入意欲に与える影響に関する調査』を実施。他製品と販売形態の差が少なく、差別化が難しいアプリ商材において、動画がもたらす高い効果が明らかになりました。


※ 詳しい調査結果は、movie TIMES(リンク)をご参照ください。
※ アプリのプロモーション動画制作については、こちら(リンク)をご覧ください。


【 調査結果概要と考察 】
─────────────────────────────────────────────────────────────

■ 全体の 1/3 のアプリにプロモーション動画が掲載されている。


調査対象アプリのうち動画が掲載されていたアプリは、全体の1/3程度という結果になりました。アプリプロモーションへの動画活用はまだ十分に多いとは言えない状況ですが、動画の活用によりダウンロード数やユーザーの購入意欲に変化は出ているのでしょうか?


■ 動画が掲載されているアプリのうち 77.9%が 1万DL以上されているが、動画が無い場合 41.4%に留まった。


動画の有無からダウンロード数の違いを比較したところ、明白な関係性があることがわかりました。動画掲載の有るアプリのうち 1万DL以上されている割合は77.9%に上る一方、無い場合は41.4%に留まるという結果が得られました。

更に、動画掲載の無いアプリのうち 50万DLを突破したアプリは1%未満に過ぎなかったのに対し、動画掲載が有るアプリでは8.6%におよび、動画が掲載されているアプリはより多くダウンロードされることが明らかになりました。


■ 動画の掲載により、人気ランキングの順位が平均 119位上昇。


動画掲載前後の順位変動を計測した調査では、調査期間中に動画の掲載を開始した11本のアプリのうち、7本のランキング順位が上昇しました。更に変動幅に着目すると、下降平均値が-63位であったのに対し、上昇平均値は119位と、順位の上昇において大幅な変化が認められました。

この調査結果から、製品の個体差が影響を及ぼしかねない異なる製品間(動画掲載の有るアプリAと、動画掲載の無いアプリB)のみならず、たとえ同一製品であったとしても、動画の掲載による効果が発揮されるという事実が示されました。


■ 動画が掲載されているアプリをダウンロードした人のうち8割が、アプリに対し興味関心が高まったと回答。


動画がユーザーに与える影響に関する調査では、3割以上のユーザーがダウンロードの際、「直接的に動画の影響を受けた」と回答しており、これを含めた8割近いユーザーが動画により「アプリに対する関心が高まった」と回答しました。動画は確実にユーザーの興味喚起を行う役割を果たしていることがわかります。


■ ユーザーはアプリの特徴や画面動作など具体的・実利的な内容の動画を求めている。


ユーザーは動画にどのような内容を求めているかを調査した結果、世界観や利用シーンを伝える「プロモーションムービー」のような動画よりも、製品特長や実際の画面の動きが分かるような、具体的で実利的な内容の動画が望まれているようです。

有料アプリの購入を検討しているユーザーを例にあげれば、購入前後のギャップをなくしたいという思いから、事前に動画でアプリの機能性や動作性がわかると、安心感をもってアプリのダウンロードを行うことができるということなのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GooglePlay上の調査とアンケート調査の因果関係を考えてみると、ユーザーとの最大の接点となるアプリ詳細ページに動画を掲載することで、ユーザーの興味関心を高めることができ、それが動画の有無によるダウンロード数やランキングの差異に繋がっていると考えられます。

このことから、動画によってアプリを紹介することは、アプリのダウンロードを促進するための有効な手段になりえることが見て取れるのではないでしょうか。

150万本を超えるスマートフォンアプリの中で、アプリをリリースするメーカー側は、自社アプリがその大量のアプリの中に埋もれないよう、いかに自社のアプリをアピールし、ダウンロードに繋げるかといった工夫が必要とされています。そこで、今回の調査で明らかになった、アプリのダウンロードを促進するという効果を持つ “アプリプロモーション動画”を先行して導入し、他社製品との差別化を図ってみてはいかがでしょうか。


※ 詳しい調査結果は、movie TIMES(リンク)をご参照ください。


【 アプリ紹介動画制作サービス 】
─────────────────────────────────────────────────────────────

サービス名称 : 19万円からの「 アプリ紹介動画制作サービス 」
サイトURL  : リンク
サービス概要 : 自社アプリを差別化しダウンロードを促進させる、アプリ紹介動画の制作サービス。ご状況・ご要望に合わせ、「19万」「29万」「オーダーメイド」の3つの料金プランからお選び頂けます。豊富な実績を持った当社だからこそ提供できる、低価格・高品質・短納期のサービスです。

─────────────────────────────────────────────────────────────


───── 調査対象 ─────
「GooglePlay「人気のゲーム(有料)」カテゴリ内掲載アプリに対する調査」
調査時期 : 2013/1月~2013/8月(各月1日に計測)
調査対象 : GooglePlay 「人気のゲーム(有料)」カテゴリ内に掲載のアプリ(各月480本)
リンク
調査方法 : 掲載アプリの詳細ページより調査項目情報を収集・集計

「有料アプリを購入したことがあるスマートフォンユーザーに対する調査」
調査時期 : 2013/10/29 ~ 2013/11/5
調査対象 : OSがAndroidで有料アプリを購入したことがあるスマートフォンユーザー 男女170名
調査方法 : 掲載アプリの詳細ページより調査項目情報を収集・集計


<メディア概要>
動画マーケティングの最新情報 ~movie TIMES(ムービータイムス)~
動画マーケティングの周知・啓蒙・後押しするために生まれたニュースメディア。2012年11月のオープン以来、1年で180以上の動画マーケティングに関する記事を公開。livedoorNEWSとも提携し、マーケティング担当者や感度の高いビジネスマンを中心に、様々なユーザーが閲覧。


<会社概要>
株式会社LOCUS(ローカス)
大手企業から新進ベンチャーまで500社以上に対し、動画/映像などを活用したマーケティング支援を行う。「映像をもっと手軽に」をテーマに、動画を活用したマーケティング活動を促進・浸透させる様々なサービスを展開している。
代 表:代表取締役 瀧良太
設 立:2010年4月2日(※事業発足は2006年 株式会社ビー・スタイルの事業部門が独立)
資本金:1,000万円
取引先:楽天株式会社、株式会社サイバーエージェント、株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社マクロミル、株式会社カカクコム、NHNJapan株式会社、株式会社オプト、GMOインターネット株式会社 ほか約500社(順不同・敬称略)
URL:リンク


<本件に関する問い合わせ先>
movie TIMES編集部(株式会社LOCUS内)
担当者名:鈴木 里奈
TEL:03-3461-1477
Email:pr@locus-inc.co.jp

※引用・転載時のクレジット表記のお願い
本リリースの引用の際は、必ず「movieTIMS調査」とクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。