logo

◎ジグビー・アライアンス、次世代のショッピング体験を叶えるZigBee Retail Servicesを発表

ジグビー・アライアンス 2013年11月20日 10時01分
From 共同通信PRワイヤー

◎ジグビー・アライアンス、次世代のショッピング体験を叶えるZigBee Retail Servicesを発表

AsiaNet 55015
共同JBN 1392 (2013.11.20)

【サンラモン(米カリフォルニア州)2013年11月20日PRN=共同JBN】
*ZigBee Retail Services標準規格は、消費者のコントロールを拡大し、小売業者の運用効率の向上に寄与

エネルギー管理、商用、家庭用アプリケーション向け無線ソリューション規格を策定するグローバルな標準化団体であるジグビー・アライアンス(ZigBee、登録商標)は20日、ZigBee Retail Services標準規格を完成、承認したと発表した。ZigBee Retail Servicesは今後、ジグビー会員企業が製品開発のために利用できる。ZigBee Retail Servicesは、オープンかつグローバルな標準規格で、簡単に実装できるため、小売業者はショッピング体験を刷新でき、カスタマーロイヤルティーの強化と店舗の運営効率の向上に活用できる。

ZigBee Retail Servicesは、小売業者と消費者の双方が利点を得られるように構築され、パーソナルショッピングアシスタントをはじめ、インテリジェントショッピングカート、電子棚札、資産追跡タグ、従業員顧客コンシェルジュなどのほか、ホームゲートウェーに至るまで、さまざまな最新デバイスをシームレスにネットワークするために威力を発揮する。ZigBee Retail Servicesによって、小売業者は、ショッピング、資産追跡、エネルギー管理、物品販売およびマーケティング、さらに薬剤サービスなど、複数のコンポーネントを単一のネットワークで店内環境に実装できるようになる。この総合的なアプローチによって、小売業者はコストの削減と効率の向上を実現できるだけでなく、顧客の購買行動に関する情報を取得し、サービスの改善に役立てることが可能になる。

米小売大手クローガーのマーネット・ペリー上級副社長は「ZigBee Retail Servicesが承認されたことは、リテールショッピングを変革するうえで顧客と企業にとって大きな前進である。この革新的な技術は、小売業者は買い物客が店舗に到着したときから真に心地良く立ち去るまで実質的な待ち時間をなくすことができるため、小売業者は購買者の忠誠度の向上に役立てることができる」と語った。

ZigBee Retail Services規格の能力により、小売業者は、仕入れ段階から倉庫保管を経て店舗内での陳列に至るまで、販売商品を一貫して監視できるようになるため、サプライチェーン全体にわたる生産性と効率性に実質的かつ大きな影響を与える。流通における安全とセキュリティーは、資産追跡、生鮮品の気温および湿度の管理によって向上し、損傷や漏出を減少させる。ZigBee Building Automation、ZigBee Light Link、ZigBee Smart Energyなどその他のジグビー標準規格と統合できる能力が組み込まれたジグビー・システムの信頼性およびスケーラビリティーは実証済みであり、運営費用や環境負荷の観点から、小売業者に対してさらなる利便性を提供できる。小売業者はまた、バックエンドのシステムに簡単に統合できる単一のネットワークに、さまざまなサプライヤーのデバイスを統合させることにより、標準化がもたらす優位性を活用することができる。

この標準規格の開発は、クローガー、フィリップス、シュナイダーエレクトリック、テキサス・インスツルメンツ、AT&T、Exegin、Kinney Consulting、Nietzsche、San Juan Software、STマイクロエレクトロニクス、テレコム・イタリア、Ubilogix、Vマーク、ウィンコール・ニックスドルフなど、小売業界および無線通信業界を代表する企業の主導によって実現した。この標準規格は、独立系テストサービス組織の協力を得て、ジグビー・アライアンスの追加手続きを経て承認された。このテスト手順は、標準規格への準拠を確認し、すべてのZigBee Retail Services準拠製品が、メーカーにかかわらず相互運用可能であることを消費者が確信できるようにするものである。

ジグビー・アライアンスのトービン・J・M・リチャードソン会長兼最高経営責任者(CEO)は「ZigBee Retail Servicesは、リテール業界のあらゆる利害関係者のパラダイムを変革する。ショッピングおよび小売りの新しい方法がもたらす恩恵は、顧客にとって満足ができ、小売業者にとって望ましく、環境保護にも貢献する」と指摘した。

ZigBee Retail Servicesの利点と機能に関する詳細、およびホワイトペーパーは、ウェブサイトwww.ZigBee.org/RetailServicesから入手できる。

▽無料ウェビナー
ジグビー・アライアンスは2013年12月10日、「ZigBee Retail Services - Delivering Next Generation Shopping Experience(ZigBee Retail Services-次世代のショッピング体験を提供)」をテーマに、同規格に関する無料の一般公開ウェビナーを開催する。参加には、ウェブサイト(リンク)から今すぐ登録のこと。

▽優れたコントロールを実現するZigBeeの無線通信管理技術
ZigBeeは環境に優しいグローバルな無線規格を提供しており、それによって最も広範囲の製品がインテリジェントに結ばれ、利用者による優れたコントロールを実現している。ジグビー・アライアンスはオープンな非営利団体であり、約400社の加盟企業が革新的で信頼性が高く、使いやすいZigBee規格の開発に携わっている。ジグビー・アライアンスは、消費者、商用、産業の各分野に対する最先端の無線ネットワークによるセンシングおよびコントロール規格であるZigBeeが世界中で採用されるように努めている。詳しい情報はウェブサイト(www.ZigBee.org)を参照。

▽ジグビー認証(ZigBee Certified)
ジグビー認証プログラムは、ジグビー規格を使用して製造された製品が想定通りに機能し、さまざまに異なったメーカーの製品が互いに相互運用できることを保証する。製品の認証はまた、アライアンスの規格開発プロセスの重要な一部を構成している。他の標準化団体とは異なり、ジグビー製品のテストおよび認証は、ジグビー規格が使用にリリースされる前に必要とされている。ジグビー認証プロセスによって、メーカーは、ジグビー・コントロールによって使いやすさから恩恵を受けるあらゆる消費者に対し、さまざまな製品を提供することが可能となる。詳細はウェブサイト(www.zigbee.org/Certification.aspx)を参照。

ソース:ZigBee Alliance

▽問い合わせ先
Ravi Sharma
(ジグビー・アライアンス)
rsharma@zigbee.org
+1 925-275-6608

Traci Renner
(GolinHarris、ジグビー・アライアンス担当)
trenner@golinharris.com
+1 714-918-8226

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。