logo

日本元気塾セミナー「ミドリムシが地球を救う」12月3日(火)に開催決定【未来をつくるイノベーションシリーズ】

森ビル株式会社 2013年11月19日 19時00分 [ 森ビル株式会社のプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform


アカデミーヒルズが「日本を元気にする!」をコンセプトに2009年から開講している日本元気塾のセミナーシリーズ。2013年第4弾を、12月13日(火)に開催します。
「未来をつくるイノベーションシリーズ」は米倉誠一郎氏(日本元気塾塾長/一橋大学イノベーション研究センター教授)をモデレーターに、「日本、世界を元気にする!」を実践しているゲストの方々から、現状から一歩踏み出すきっかけ、アイデアを形にするヒントなどを伺います。
⇒「日本元気塾」リンク

今回は、2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の屋外大量培養技術の確立に成功した、株式会社ユーグレナの創業者・代表取締役社長の出雲充氏をゲストに迎え開催します。
ミドリムシは藻の一種で葉緑素があるため太陽と二酸化炭素と水があれば光合成で育ちます。タンパク質、ビタミンA、ビタミンB12、葉酸、DHA、亜鉛など59種類の栄養素を含み食料問題などを解決する食材として注目を集めており、ユーグレナ・ファームの緑汁などの食品や化粧品等への有効利用が進められています。
また、水質浄化や、バイオ燃料の生産に向けた研究も行われています。
東京大学発バイオベンチャーとして創業し、いずれはミドリムシ燃料でジェット機を飛ばすという計画と世界をミドリムシで変えるというビジョンに共感する大学や研究所、企業と連携し、研究開発・事業展開できる体制を整えています。

学生時代から食料問題を意識し、ミドリムシの研究に関ってきた出雲氏。元々、可能性の高さは認識されながら難しいとされていたミドリムシの屋外大量培養に成功したことで、事業としての展望が描くことができるようになったといいます。これを可能にしたイノベーションはどのようなものだったのでしょうか。

本セミナーでは驚くべき可能性をもつミドリムシのイノベーションが、どのように社会を変えていくのか、その具体的な研究、活用例をお話いただきます。さらに、人類が抱える、食料、環境、エネルギー問題に対して、今後どのように多角的に展開していくのかという事業戦略も伺います。

――――――――――――――――――――――――――――――――
日本元気塾セミナー 未来をつくるイノベーションシリーズ
ミドリムシが地球を救う
――――――――――――――――――――――――――――――――
開催日時:2013年12月03日 (火) 19:30~21:30

▼詳細・申込
リンク

【講師】
ゲストスピーカー
・出雲充 (株式会社ユーグレナ代表取締役社長)
東京大学農学部卒、2002年東京三菱銀行入行。
2005年8月株式会社ユーグレナを創業、同社代表取締役社長。
同年12月微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に世界で初めて成功。
米スタンフォード大学『アジア太平洋学生起業家会議』日本代表(2000年)、米バブソン大学『プライス・バブソン』修了(2004年)、内閣官房知的財産戦略本部『知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会』委員(2010年)等を務めた。
また、中小企業基盤整備機構Japan Venture Awards 2012「経済産業大臣賞」受賞(2012年)、世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leader 2012 選出(2012年)。信念は『ミドリムシが地球を救う』。著書に『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』(ダイヤモンド社)がある。

モデレーター
・米倉誠一郎 (日本元気塾塾長/一橋大学イノベーション研究センター教授)
1953年東京生まれ。アーク都市塾塾長を経て、2009年より日本元気塾塾長。
一橋大学社会学部、経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。
1995年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授。現在、プレトリア大学GIBS日本研究センター所長、季刊誌『一橋ビジネスレビュー』編集委員長も務める。
イノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセス、組織の史的研究を専門とし、多くの経営者から熱い支持を受けている。
著書は、『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』、『脱カリスマ時代のリーダー論』、『経営革命の構造』など多数。

――――――――――――――――――――――――――――――――
■六本木スクールとは
――――――――――――――――――――――――――――――――
「六本木スクール」は世界中から人が集まり、異文化間の交流が生まれ、新しい文化や情報が発信される『文化都心』六本木ヒルズにおいて、知識を受動的に受け取るのではなく、積極的に自分から取りにいくビジネスパーソンの新しい学びの場・スタイルを追求しています。
ビジネスパーソンが実際に業務を進める上で必要になる情報、最新のビジネストレンドや、身につけておきたいスキル、教養を、知りたいと思ったらすぐに獲得できる短期集中型の「Roppongi BIZ」。日本、世界における課題に興味関心をもつ人々が集い、月に1回程度のセッション、ワークショップなどを通して議論を重ね、自律的で自立した個人の力を追求する長期受講型プログラム「日本元気塾」・「石倉洋子のグローバルアジェンダゼミナール」。短期的、長期的、2つの受講形態をご用意し、「創造」「交流」「発信」する知の拠点として社会人向けに年間200本以上の“旬”なプログラムを提供し続けるビジネススクールです。

六本木スクール開催講座一覧
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事