logo

インフォマティカ、8年連続でデータ統合分野の顧客ロイヤルティNo.1ベンダーに輝く

トータルパフォーマンスおよび製品の全体的な品質で業界をリードする高いスコアを記録

(本リリースは2013年11月6日に米国インフォマティカ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)
2013年11月18日

インフォマティカ・ジャパン株式会社


インフォマティカ、8年連続でデータ統合分野の顧客ロイヤルティNo.1ベンダーに輝く
トータルパフォーマンスおよび製品の全体的な品質で業界をリードする高いスコアを記録


米国カリフォルニア州レッドウッドシティ発 - 2013年11月6日 - データインテグレーションソリューションにおける独立系リーディングプロバイダーInformatica Corporation(本社: 米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、NASDAQ: INFA、以下「インフォマティカ」)は本日、独立系リサーチ企業で知見と情報の提供における世界的な市場リーダーであるTNS社が実施したデータ統合顧客満足度調査(2013 Data Integration Customer Satisfaction)において、インフォマティカが、顧客ロイヤルティ(Customer Loyalty)分野で首位に輝いたことを発表しました。インフォマティカがこの調査で首位に輝くのは、今年で8年連続となります。

同調査においてインフォマティカは、製品の全体的な品質や製品の信頼性だけではなく、サポートやプロフェッショナルサービス、研修トレーニングにおける顧客ニーズへの対応を含めたトータルパフォーマンスにおいて競合各社をリードする結果となりました。

その他調査で明らかになった内容は次の通りです。
• 2013年も現状レベルかそれ以上のレベルでインフォマティカに投資すると回答したユーザーは全体の90% - 前年(2012年)の88%から大幅に増加
• インフォマティカソリューションを再度、購入したいと回答したユーザーは93%と引き続き高いレベルを維持

TNS社は毎年、データ統合製品を提供しているベンダー各社のユーザーを対象に調査を実施しています。製品の品質やカスタマーサポート、プロフェッショナルサービスなど顧客満足度に関連する幅広いカテゴリーでベンダー各社のパフォーマンスを確認して、評価を決定しています。さらにユーザーには、すべてのベンダーに対する見解と認識についても尋ねています。

これには、下記のような内容が含まれています。
• また購入したいと思うか
• 他のユーザーにも利用を勧められるか
• 現状レベルまたは、それ以上のレベルで購入したいと思うか

これらの評価を総合して、顧客エンゲージメントのレベルを評価するProCLI (Customer Loyalty Index:顧客ロイヤルティ指標)、別名ロイヤルティスコアが出されます。

顧客エンゲージメントにおけるインフォマティカのマイルストーン

• 2013年、プロアクティブな新しい付加価値サービスやサポートの強化によって、顧客が価値を手にするまでの期間の短縮、保有コストの削減、継続的なプロジェクトの成功が可能になりました。先般、サポートのコンポーネントとして、目標解決時間、プロジェクトマイルストーンのサポート、リモートからのヘルスチェック、インストールおよび運用状況の概要、研修認定試験が加えられました。
• 2013年、ソーシャルメディアを活用したサポートの拡張など、他社とは一線を画すインフォマティカのセルフサービス環境が認められ、American Business Awardsから「Best Use of Technology in Customer Service」(顧客サービスにおけるテクノロジーの有効活用)でゴールドスティービー賞を受賞しました。
• Informatica MySupport チャネルを通じて公開された350以上の動画を通じ、Informatica Support TV のビューカウントが60,000を超えました。YouTubeと統合された各動画では、導入したインフォマティカ製品から最大限の価値を引き出すための具体的な製品、ツール、技術的なヒントを紹介しています。
• Informatica Log Express によってトラブルシューティングの生産性が飛躍的に高まり、サポートにおける問題解決の時間が25%短縮しました。この自動化されたシナリオベースのプロアクティブなログ、およびコンフィギュレーションツールによって、複雑な問題もワンクリックで明確にすることが可能になります。

インフォマティカのグローバルカスタマーサポート担当シニアバイスプレジデント、アンサ・セカラン(Ansa Sekharan)は次のように述べています。
「8年連続で顧客ロイヤルティNo.1に評価されたということは、お客様の成功に対する当社の確固とした取り組みがあらためて評価された結果であると言えるでしょう。 これからも当社は技術面におけるリーダーシップを発揮していきます。お客様は今後も変わらずに当社の製品を購入してくださるとの意思を示してくれており、 これはクラウドからオンプレミス(自社運用環境)まで、また部門レベルのプロジェクトからエンタープライズ規模のイニシアチブやHadoop の展開まで、お客様がそれぞれのデータの価値を最大限に引き出すことを可能にする、インフォマティカの新しい環境をお客様が支持してくださっている結果であると捉えています。」


<インフォマティカ社について>
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータインテグレーションソフトウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社です。インフォマティカのソリューションによって、世界中の企業がデータから可能性を引き出し最も重要なビジネスニーズを満たしています。Informatica Vibeは、インフォマティカプラットフォーム独自の「Map Once. Deploy Anywhere」(一度のマッピング定義でどこでも適用可能)支える、業界初にして唯一の埋込み式の仮想データマシン(VDM)です。現在世界5,000社を超える企業が、企業内ならびにクラウドやソーシャルネットワーク等の企業外に保有する、あらゆるデバイスやモバイル、SNSから集まる情報資産(ビッグデータ)から最大限の価値を引き出し、活用することに成功しています。インフォマティカに関する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社(代表 03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、弊社 Web サイト リンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。