logo

スマホアプリ向け広告「AppDriver」、韓国最大の無料通話・メールアプリ「カカオトーク」と業務提携

株式会社アドウェイズ 2013年11月18日 12時45分
From 共同通信PRワイヤー

2013.11.18

株式会社アドウェイズ

スマートフォンアプリ向け広告配信サービス「AppDriver」、韓国最大の無料通話・無料メールスマホアプリ「カカオトーク」と業務提携
~「カカオゲーム」の収益化および集客をサポート~

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)の100%子会社であるAdways Korea Inc.(住所Korea Seoul、代表取締役:イ・スンジン、以下Adways Korea)は、KAKAO Corporation(本社:Korea Seoul、代表取締役:イ・ソクウ)が運営する韓国最大の無料通話・無料メールスマホアプリ「カカオトーク」と業務提携し、「カカオゲーム」の収益化および集客をサポートしてまいります。

「カカオトーク」は、2010年3月に無料通話・無料メールスマホアプリの先駆けとしてサービスを開始し、現時点で全世界230ヶ国以上13言語に対応しているアプリです。利用ユーザー数は韓国を中心に約1億人以上にも上り、日本国内におけるダウンロード数は750万件になります。
無料通話や無料メール以外にも、「5人グループ通話」や「トークPlus」「着せ替えテーマ」「動くスタンプ」などの、機能・サービスが無料で提供されています。

「カカオゲーム」は、約1年で累計ユーザー数3億人を突破した(2013年7月時点)韓国最大級のゲームプラットフォーム、またはそこで配信されるゲームです。Adways Koreaは今回の提携により、「カカオゲーム」上で当社が提供するスマートフォンアプリ向け広告配信サービス「AppDriver」を用い、「カカオゲーム」の収益化及び集客を全面的にサポートしてまいります。

今後アドウェイズは、日本及びアジア各国のアプリデベロッパーや広告主に、より幅広いマーケティングプラットフォームを提供してまいります。今後も市場のニーズに柔軟に対応し、アプリデベロッパーのビジネス拡大支援や市場の活性化と拡大に努め、戦略的かつ質の高いサービスを提供してまいります。


■カカオ社について URL:リンク
2010年3月設立。韓国最大のユーザーを持つ無料通話・無料メールスマホアプリ「カカオトーク」の運営企業。2011年7月に、日本法人カカオジャパンを設立。2012年10月にはヤフー・ジャパンと資本・業務提携を行い、「カカオトーク」をはじめとしたサービスの共同展開を開始する。

【「AppDriver」について】 リンク
AppDriverは、CPI(Cost per Install)で広告出稿できるアフィリエイト形式の広告サービスです。 それらの広告をアプリやWebメディアにリワード広告※として掲載することで、アプリ自体を収益化することも可能です。また、アプリユーザーの動向を分析する広告効果測定機能も備えており、 スマートフォンアプリ向けのベースプラットフォームとなっています。日本、中国、台湾、韓国に加え、東南アジア全域においても提供開始。


□■□株式会社アドウェイズについて   リンク
2001年設立。国内最大級の広告主を有するモバイルのアフィリエイトプログラム「Smart-C」の運営を始め、PC媒体向けアフィリエイトプログラム 「JANet」の運営、スマートフォン向け広告サービス「AppDriver」の運営、アプリ/コンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。子会 社の愛徳威広告(上海)有限公司においては中国でのインターネット広告事業を展開。海外拠点は、アジア、北米地域など10カ国。2006年に東証マザーズ上場。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事