logo

◎Yahoo! JAPAN、Videologyとの戦略的提携で包括的マルチスクリーン広告配信へ参入

Videology 2013年11月18日 10時40分
From 共同通信PRワイヤー

◎Yahoo! JAPAN、Videologyとの戦略的提携で包括的マルチスクリーン広告配信へ参入

AsiaNet 55027
共同JBN 1406 (2013.11.18)

【ニューヨーク2013年11月18日PRN=共同JBN】
 *Videologyのビデオプラットフォームが高度ターゲティングと動画の最適化によりマルチスクリーン環境における消費者との一層緊密なつながりを提供

日本最大のウェブポータルであるYahoo! JAPANは11月15日、動画広告技術パートナーに世界最大のプライベート動画広告プラットフォーム企業であるVideologyを選んだと発表した。この発表は、世界第2位のテレビ市場である日本におけるYahoo! JAPANの、拡大強化された包括的プレミアム動画広告事業立ち上げと同時に行われた。

(Photo: リンク

Yahoo! JAPANマーケティングソリューションカンパニー長の荒波修氏は、「日本でプレミアム動画広告市場を築き上げるという、当社のビジョンを共有しているのみならず、それを実現する技術力も持っているVideologyとのエキサイティングなパートナーシップを発表できることをうれしく思う」と述べ、続けて「Videologyのプラットフォームの独自性は、ブランド広告主に配信を保証でき、それによってマルチスクリーンを対象とする一元的なプランニングと効果測定が可能になる点にある。これは当社の方向性だけでなく業界の動向にも沿うものであると考える。私たちはこの事業提携を通して広告主により多くの価値とさらに魅力的なサービスを提供することにより、インターネット広告業界の未来に貢献する所存である」と述べた。

Videologyの技術は、視聴者ベースの直接販売向け在庫の予約管理、視聴者分析メトリクスに基づく最適化、キャンペーンと視聴者の外部広告枠在庫への拡張、および洗練された視聴者ターゲティングの導入が行えるキャンペーン管理ツールをパブリッシャーに提供する。プレミアム・パブリッシャー独特のニーズを認識するVideologyのプラットフォームは、ブランドエキスポージャー、価格設定、買い手の適格性、広告クリエーティブの厳密な管理を可能にし、さらに高度な予測ツールがパブリッシャーのイールドの最大化を支援する。これらの能力は同社が9月にサプライサイド技術のアップグレード・リリースの一部として発表したRevenue Engine(レベニュー エンジン、サービスマーク)に組み込まれている。

「Yahoo! JAPANは消費者がメディアとかかわる方法を根本から変えており、視聴者がデジタルメディアの提供できる最高のコンテンツを楽しめるようにしている」とVideology理事長兼最高経営責任者(CEO)のスコット・ファーバー氏は述べている。同氏はさらに、「Yahoo! JAPANがその動画広告事業を強化するため当社を選んだことを光栄に思うとともに、急速に進化するマルチスクリーン環境における同社の新天地開拓を支えたいと考えている。Yahoo! JAPANほどの規模とブランド資産を持つ会社がこれほどに動画広告に注力するので、大きな変化がすでに始まっていると言える」と続けた。

▽Yahoo! JAPANについて
ヤフー株式会社が運営する日本最大級のインターネット・ブランドYahoo! JAPANは、国内で最もトラフィックの多いインターネット・デスティネーションである。Yahoo! JAPANはユーザーの生活に欠かせないオンライン製品とサービスを提供し、また、企業に日本のインターネットユーザーへのアクセスを可能にする広範にわたるツールとマーケティング ソリューションを提供している。Yahoo! JAPANは本社を東京都に置いている。

▽Videologyについて
Videology (videologygroup.com)は、世界最大級のプライベートビデオ広告プラットフォームである。当社はビッグデータを簡素化することで、マーケターやメディア企業がマルチスクリーン環境において視聴者の価値を完全に取り込める賢明な広告方針を決定できるようにしている。数理科学に基づく当社の技術により、顧客企業はデジタルビデオ・テレビ広告の管理、効果測定、最適化ができ、集束化されつつあるメディア界で最高の成果を達成することができる。

Videology, Inc.はベンチャーキャピタルの出資を得た非公開企業である。出資者にはCatalyst Investors、Comcast Ventures、NEA, Pinnacle Ventures、Valhalla Partnersが含まれている。Videologyは本社をメリーランド州ボルチモアに置き、支社はニューヨーク、オースチン、トロント、ロンドン、パリ、マドリード、シンガポール、シドニーにあり、北米各所に営業所を設けている。

▽問い合わせ先
Videology社 Tomoyuki Maeda
tmaeda@videologygroup.com
03-6894-7423

Eastwick社 Sian Belvins
sian@eastwick.com
(209) 765-6568

ソース:Videology

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。