logo

MetaMoJiが、iPad/iPhone用スタイラスペン「Su-Pen」の新モデルを発表

メールやTwitterなどで寄せられたお客様の声をもとに、新モデルを企画・製品化

株式会社MetaMoJiは、iPad/iPhone用スタイラスペン「Su-Pen(スーペン)」シリーズに、2タイプ(5製品)の新モデルを追加いたします。



2013年11月14日
株式会社MetaMoJi

MetaMoJiが、iPad/iPhone用スタイラスペン「Su-Pen」の新モデルを発表
~メールやTwitterなどで寄せられたお客様の声をもとに、新モデルを企画・製品化~

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、iPad/iPhone用スタイラスペン「Su-Pen(スーペン)」シリーズに、2タイプ(5製品)の新モデルを追加いたします。

(1)「Su-Pen mini(MSモデル)」に高品質なメッキを施した「Su-Pen P201S-MSBN/MSWG」(2色):書き味とコンパクトサイズを両立させ、真鍮無垢のペン軸で大好評の「Su-Pen mini」に、それぞれ「ブラックニッケル」「ホワイトゴールド」のメッキを施したスタイラスペンです。

(2)現行CLモデルのミニペン先専用バージョン「Su-Pen P201S-CLB/CLW/CLA」(3色):
金属文具職人の手により製作されたキャップ付ペン軸(CLモデル)をベースに、ミニペン先専用に再設計されたスタイラスペンです。

今回の新モデルは、Su-Penの企画・設計責任者が、メールやTwitterなどで寄せられたお客様のご要望やご意見をもとに企画し、製品化を行いました。MetaMoJiではこれからもオリジナルスタイラスペン「Su-Pen」により、より快適な手書き環境を提供してまいります。

■「Su-Pen P201S-MSBN/MSWG」の特長
1.特殊な導電性繊維と4重構造を持つ画期的ペン先を開発。
類いまれな書き味を実現しました。
2.ミニペン先専用に設計された、真鍮+メッキによる高品質なオリジナルペン軸。
3.ミニペン先のみでの交換が可能に。経済的に長くお使いいただけます。

■「Su-Pen P201S-CLB/CLW/CLA」の特長
1.特殊な導電性繊維と4重構造を持つ画期的ペン先を開発。
類いまれな書き味と耐久性を実現しました。
2.東京下町の金属文具職人が、技とノウハウを詰め込んだ、こだわりのキャップ付ペン軸。
3.ミニペン先のみでの交換が可能に。経済的に長くお使いいただけます。

■製品ラインナップ
(1) iPad/iPhone用スタイラスペン 「Su-Pen P201S-MSBN」
色:ブラックニッケル
JAN:4562339120287
価格:3,000円(税別)
販売開始日:2013年11月14日(木)

(2) iPad/iPhone用スタイラスペン 「Su-Pen P201S-MSWG」
色:ホワイトゴールド
JAN:4562339120294
価格:3,000円(税別)
販売開始日:2013年11月14日(木)

(3) iPad/iPhone用スタイラスペン 「Su-Pen P201S-CLB」
色:ブラック
JAN:4562339120256
価格:3,000円(税別)
販売開始日:2013年11月21日(木)

(4) iPad/iPhone用スタイラスペン 「Su-Pen P201S-CLW」
色:ホワイト
JAN:4562339120263
価格:3,000円(税別)
販売開始日:2013年11月21日(木)

(5) iPad/iPhone用スタイラスペン 「Su-Pen P201S-CLA」
色:アクアブルー
JAN:4562339120270
価格:3,000円(税別)
販売開始日:2013年11月21日(木)

・上記モデルの全てで現在発売中の交換用ミニペン先セット「R201S-2」をお使いいただけます。
・現行モデル(P180S-CL/P180S-AS/P201S-ASC/P201S-MS)は今後も併売となります。

■製品紹介ページ
「Su-Pen」に関する情報および購入、各種お問い合わせにつきましては、以下のページをご覧ください。
リンク

■ご購入
今回の新製品を含めたSu-Penシリーズは、Amazon内のMetaMoJi直営店「7knowledgeショップ」または上記ページに記載のSu-Penお取り扱い店舗にてご購入いただけます。

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指します。リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事