logo

ネットで個性的な発明や研究を発表する「野生の研究者」たちの実態を紹介する 『月刊ニコニコ学会β創刊準備号』

株式会社ブックウォーカー 2013年11月14日 08時41分
From PR TIMES

カドカワ・ミニッツブックでは、ニコニコ動画に集う「野生の研究者」たちを繋ぐ新しい電子月刊誌『月刊ニコニコ学会β』を2013年12月に創刊します。それに先立つ2013年11月14日に『月刊ニコニコ学会β創刊準備号』を配信開始します。
「野生の研究者」たちの驚くほど高度で奇想天外な研究と発明の数々をお楽しみください。




NEWS RELEASE
2013年11月14日
株式会社ブックウォーカー
ネットで個性的な発明や研究が相次ぐ時代に
「野生の研究者」たちを繋ぐ新しい学会誌
『月刊ニコニコ学会β創刊準備号』

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)が展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】の2013年11月14日の配信は、
1.『総力特集 ニコニコ学会βの野望って何ですか? 月刊ニコニコ学会β創刊準備号』
2.『英傑の日本史 激闘織田軍団編 滝川一益・河尻秀隆・織田信孝』
3.『英傑の日本史 激闘織田軍団編 織田信雄』
の3冊です。

■動画投稿サイトを舞台に独自の研究が花開いている!

動画投稿サイトの「ニコニコ動画」には、サービス開始直後から、さまざまな実験や工作を披露する動画が投稿されてきました。それらの中には、とても素人が趣味の範囲で行っているとは思えないほどに高度な技術や、個人でなければあり得ない奇抜なアイデアを含むモノが多数ありました。

高価な専用装置を必要としたライブ現場での初音ミクの投影を安価な網戸を使って実現したり、二足歩行ロボットの自動姿勢制御ソフトウェアを独自に開発するなど、その世界は驚きに満ちています。独立行政法人産業技術総合研究所の江渡浩一郎が、こういった「野生の研究者」たちを繋ぐための場として始めたのが「ニコニコ学会β」です。

カドカワ・ミニッツブックでは、「ニコニコ学会β」に寄せられた驚きの研究の数々とその実態を紹介する『月刊ニコニコ学会β』を2013年12月から毎月配信します。それに先立ち今回、『月刊ニコニコ学会β創刊準備号』を配信します。
巻頭特集では角川アスキー総研の主席研究員にして元月刊アスキーの名物編集長だった遠藤諭が、江渡浩一郎と明治大学特任准教授の福地健太郎に、ニコニコ学会βがめざすものについて聞きます。さらに2013年サマーキャンプのレポート、第1回と第2回の学会のセッションアーカイブも収録されています。

ニコニコ学会β
リンク

■本能寺の変で運命を狂わされた名武将たち

戦国時代の武将の人生の岐路と選択を現代のビジネス的目線を交えて紹介して好評の「英傑の日本史 激闘織田軍団編」シリーズの最新刊は『滝川一益・河尻秀隆・織田信孝』と『織田信雄』の2冊です。

「本能寺の変」さえなければ、織田政権の有力大名として歴史に名を残せたかもしれないほど優秀だったのに、いまはほとんど知られていない滝川一益・河尻秀隆・織田信孝の3人。「バカ殿」だったが故に本能寺以降の政局を決定する重要なファクターになってしまった織田信雄。運命に翻弄された男たちの興味深い人生を知ってください。

いずれも2013年11月14日より、直営ストアBOOK☆WALKER(リンク)をはじめ、各電子書籍ストアで順次配信を行います。


『総力特集 ニコニコ学会βの野望って何ですか? 月刊ニコニコ学会β創刊準備号』
ニコニコ学会β実行委員会・編
想定読了時間42分。希望小売価格300円。
公式サイト:リンク


『英傑の日本史 激闘織田軍団編 滝川一益・河尻秀隆・織田信孝』
井沢元彦・著
想定読了時間26分。希望小売価格100円。
公式サイト:リンク

『英傑の日本史 激闘織田軍団編 織田信雄』
井沢元彦・著
想定読了時間26分。希望小売価格100円。
公式サイト:リンク


■スマホ時代のライフスタイルにベストマッチの電子書籍【カドカワ・ミニッツブック】

「カドカワ・ミニッツブック」は30分前後で読み切れる手頃な分量と100~350円を中心とした価格帯の電子書籍専用レーベルです。現在、KADOKAWAグループの多彩なジャンルから60タイトルを発売中です。
 ミニッツブックというレーベル名には「分単位で読める本」という意味が込められ、表紙の右上には「○○min」と想定読了時間の目安が明記されています。通勤・通学の「スキマ時間」に手軽に読めて、満足感のある内容をお届けします。KADOKAWAグループの直営ストアBOOK☆WALKERをはじめとするスマートフォンや電子書籍端末に対応している各電子書籍ストアで絶賛発売中です。

また、一部のミニッツブックは公式サイトでWebブラウザでそのまま電子書籍の立ち読み体験ができるWeb立ち読み機能を提供しています。


カドカワ・ミニッツブック公式サイト: リンク

カドカワ・ミニッツブックCM動画:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事