logo

大手町の書店で売上1位にランクイン「あわせて学ぶ 会計&ファイナンス入門講座」著者から直接学ぶ 11/18(月)開催【Roppongi BIZ】

森ビル株式会社 2013年11月12日 17時00分 [ 森ビル株式会社のプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform


「アカデミーヒルズ」は、今年春に発売され、大手町の書店で売上1位にランクインした書籍「あわせて学ぶ 会計&ファイナンス入門講座」の共著者、田中慎一氏(企業財務コンサルタント 株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役)と保田隆明 (小樽商科大学大学院 准教授)から直接学ぶ「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」を開催します。

この講座は、2013年7月18日に一度開催しており、参加者の感想が『具体的な事例が多くわかりやすかった。』、『会計とファイナンスのつながりがわかった。』、『二人の講師の掛け合いで理解が深まった。』と大変好評につき、再度開催するものです。

「会計とファイナンスの関係がイマイチわからない」
このように嘆き大変な苦労をさせられているビジネスパーソンの方は数多いはず。そうした問題の背景には、企業実務の現場でもアカデミックな世界においても会計とファイナンスが別個のものとして教えられてしまっているという事情があります。

本講座では「会計」と「ファイナンス」という両分野をつなぎ目なく学ぶというコンセプトのもと、ケーススタディを用いながら会計を生かしたファイナンス戦略について紹介し、具体的なファイナンス戦略の打ち手を導くスキルを学びます。

――――――――――――――――――――――――――――――――
あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座
~会計を徹底的に使い倒してファイナンス戦略を立案・実行しよう~
――――――――――――――――――――――――――――――――
開催日時:2013年11月18日 (月) 19:00~21:00
詳細:リンク

カリキュラム
●ファイナンス戦略に生かすためのシンプル財務分析の手法
 ・ 売上と原価に関するデータを生かすだけでキャッシュフローは改善できる
 ・ 中小・ベンチャー企業の経営管理はとにかくROAに注目せよ
 ・ ROAは「分解して」「並べて」こそ経営に生かせる
 ・ ROICで経営課題を浮き彫りにする

●アパレル業界、眼鏡業界の財務分析結果から何が見えてくるか?
 ・ アパレル大手3社、眼鏡業界大手3社の財務分析
 ・ ファイナンス戦略は事業戦略と表裏一体

●メガネトップはなぜMBOによる非上場化という選択をしたのか?
 ・ 財務分析からプレスリリースの裏側を読み解く

●経営不振企業の復活劇に秘められたドラマ ~ファイナンス戦略は魔法の杖ではない~
 ・ すぐれた財務分析はすぐれたファイナンス戦略を導くが、結局は経営者の決断力が成功のカギを握る
 ・ 「たった1%」のこだわりが結果に大きな差を生む

※当講座は、財務3表の基本の読み方は知っている、という前提で講義が進みます。今まで財務3表に全く触れた事のない方や、知識に不安がある方は、ご受講前に財務3表に関する書籍をお読み頂くことをお勧めいたします。

※当日ご参加の方への特典として、書籍「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」を贈呈いたします。

【登壇者】
・田中慎一 (企業財務コンサルタント 株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役)
慶応義塾大学経済学部卒業後、監査法人太田昭和センチュリー(現あずさ監査法人)、大和証券SMBC、UBS証券等を経て独立。監査法人で上場企業の会計監査、IPO支援やデューデリジェンス業務、証券会社の投資銀行部門ではM&A、事業再生、資金調達に関するアドバイザリーサービスに従事。現在は、財務戦略に関するコンサルティングサービスを提供するほか、ベンチャー企業・中小オーナー企業の社外役員を務める。著書に『あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座』『M&A時代 企業価値のホントの考え方』『投資事業組合とは何か』等(ダイヤモンド社)がある。趣味は料理とトライアスロン。

・保田隆明 (小樽商科大学大学院 准教授)
早稲田大学卒業後、リーマンブラザーズ証券会社、UBS証券会社にてM&Aや財務戦略を担当し、数多くの企業の財務分析を行う。その後2004年に起業し、日本で3番目のSNS「トモモト」を開設。翌年同事業を売却後、ベンチャー投資ファンドの設立と運営に携わり、これまで述べ20社以上の社外役員を兼務。2010年4月から現職。早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程満期退学。

――――――――――――――――――――――――――――――――
■六本木スクールとは
――――――――――――――――――――――――――――――――
「六本木スクール」は世界中から人が集まり、異文化間の交流が生まれ、新しい文化や情報が発信される『文化都心』六本木ヒルズにおいて、知識を受動的に受け取るのではなく、積極的に自分から取りにいくビジネスパーソンの新しい学びの場・スタイルを追求しています。
ビジネスパーソンが実際に業務を進める上で必要になる情報、最新のビジネストレンドや、身につけておきたいスキル、教養を、知りたいと思ったらすぐに獲得できる短期集中型の「Roppongi BIZ」。日本、世界における課題に興味関心をもつ人々が集い、月に1回程度のセッション、ワークショップなどを通して議論を重ね、自律的で自立した個人の力を追求する長期受講型プログラム「日本元気塾」・「石倉洋子のグローバルアジェンダゼミナール」。短期的、長期的、2つの受講形態をご用意し、「創造」「交流」「発信」する知の拠点として社会人向けに年間200本以上の“旬”なプログラムを提供し続けるビジネススクールです。

六本木スクール開催講座一覧
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。