logo

着物創作の技法「素描友禅」がタブレットケースに。伝統を表現する一点もののブランド「京のTe・Den(テ・デン)」発売

株式会社渡辺花鳥園 2013年11月12日 10時00分
From PR TIMES

京都で創業70年「素描き友禅」による技法で、着物・帯・和装小物を意匠・製作する(株)渡辺花鳥園(本社:京都府京都市・代表取締役社長:渡辺博はスマートフォンやタブレットケースに手描き・デザインした新ブランド「京のTe・Den(テ・デン)の展開を11月26日より開始いたします。
自社ウェブサイトでの受注販売にて受付 ⇒ リンク



■「素描友禅」とは・・

 ほぼ下絵を描かず、筆や刷毛で直接生地に描いていく技法です。我工房「渡辺花鳥園」では長年に渡り、着物創作で素描友禅の技法を培ってまいりました。


■ 伝統的な意識を今に表現した一点もの「京のTe・Den」
 時を経ても、日本人が本質的にもつ「縁起」や「ゲン」を担ぐ想いは脈々と受け継がれてきました。同時に、「一点もの」にこだわる個の主張も拡大しております。
 我工房ではそのような現状を踏まえ、現代に合った感覚やツールにおいて伝統的な意識を思いおこさせるような表現を考えました。そして、長年の着物創作で培ってきた手描き技法を現代社会の必需品となったスマートフォンやタブレットに生かし、新しいオンリーワンブランドを展開してまいります。


―商品概要―
[商品名]京のテ・デン 手描きタブレットケース
[価格]¥48,000~¥68,000(税込・デザインにより異なります)
[対応機種]ipad・ipadミニケース・各種タブレットケース
[材質]本革 (エンドー鞄製)
[販売方法]自社ウェブサイトでの受注販売にて受付 HP: リンク


[株式会社 渡辺花鳥園]

日本商工会議所青年部主催ビジネスプランコンテスト 準グランプリ受賞プラン
(新規事業を起ち上げる日本商工会議所青年部の会員同士で事業計画を発表・プレゼンするコンテストにて厳正なる審査の結果、準グランプリを受賞しました)

昭和5年きものの染色工房として京都・山科勧修寺の麓で初代「清次郎」が創業。京都芸術大学日本画科在学中に日本画家・「上村淳(上村松園のご子息)」氏を師事した二代目清次郎(現弊社代表取締役)が昭和46年株式会社渡辺として工房設立。その後、アメリカ・ニューヨークファッション工科大学や東京帝国ホテル等できものショー開催。
現在は「空海子(くみこ)」、「志形充子」といったきものブランドを立ち上げ、従来のきものの“常識”に捉われないようなきものや和装小物を中心とした創作活動を続けている。


~お問い合わせ先~
株式会社 渡辺花鳥園 担当:渡辺空海子(わたなべくみこ)
〒605-0981 京都市東山区本町15丁目754-10 TEL075-533-7722
Email:kcen@kachoen.co-site.jp /  HP: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事