logo

◎ミーレン氏がグレイのチーフ・クリエーティブ・オフィサーに

グレイ・グループ 2013年11月11日 15時50分
From 共同通信PRワイヤー

◎ミーレン氏がグレイのチーフ・クリエーティブ・オフィサーに

AsiaNet 54958
共同JBN 1367 (2013.11.11)

【ニューヨーク2013年11月9日】
 *賞を受けたクリエーティブ・チーフはグレイの成功に不可欠

グレイ・グループ(Grey Group)のジェームス・R・ヒーキン3世会長兼最高経営責任者(CEO)は9日、トー・ミーレン(Tor Myhren)氏がグレイの世界チーフ・クリエーティブ・オフィサーのポストに就くと発表した。同氏は米国、英国で15年にわたってグレイで大きな成功を重ねた後で引退するティム・メラーズ(Tim Mellors)氏の後継者になる。

 (Photo: リンク

ミーレン氏はグレイ・ニューヨークの社長兼チーフ・クリエーティブ・オフィサーの地位にはとどまり、クリエーティブ製品全体の責任者になる。それに加えて世界的なニュービジネスに参加し、同社の上級クリエーティブ・リーダーで構成されるグレイ・グローバル・クリエーティブ・カウンシル(Grey Global Creative Council)の議長となり、世界全体のクリエーティブな質、才能、プロファイルを引き続き強化する任務を負う。

トー・ミーレン氏はグレイ・ニューヨークの今も続く成功で中心的な役割を果たした。同社の旗艦事務所は規模が倍増し、才能ランク、クリエーティブ製品、デジタル能力、ニュービジネスの業績を強化し、2013年に財政実績、クリエーティブ実績で6回目の記録的な年を達成した。

ジム・ヒーキン会長は「クリエーティブな才能、ポピュラー文化に対する直覚的な感覚に加えてトー・ミーレン氏は生まれながらのリーダーである。同氏はグループの旗艦であるニューヨーク代理店で高度に革新的で伝わりやすく、成功する文化の形成を助けた。新しいポストで同氏はこの革新の文化を世界的な組織全体に展開する機会を得られる」と語っている。

同会長はさらに「ティム・メラーズ氏が実現したことは伝説の材料である。同氏のクリエーティブなリーダーシップの下で、競争相手から尊敬され、しばしば恐れられる、活気に満ち、刺激があり、自信を持ち、勝利する広告代理店にグレイを作りあげた。同氏はわれわれのいつまでも続く感謝、ベストウィッシュとともに去って行く」と述べている。

▽トー・ミーレン(Tor Myhren)氏について
トー・ミーレン氏は2007年にチーフ・クリエーティブ・オフィサーとしてグレイ・ニューヨークに入社した。2010年に社長に昇進し、同社の旗艦事務所を指揮する初めてのクリエーティブパーソンになった。

同氏の指揮下でグレイはDirectTV、キヤノン、NFL、プロクター&ギャンブル、CoverGirl、ファブリーズなどのクライアントのために人気があり、多くの賞を受けた広告を数多く制作し、ETrade babyをつくり出した。グレイのニュービジネス勝利のなかにはジレット、ハズブロー、マリオットホテルズ&リゾート、AARP、アラガン、ファイザーのアドビル、ケロッグのプリングルズ、レッドロブスター、T.J.Maxx、アリアンツ、DirectTV、NFLなどブルーチップのクライアント、ブランドが含まれている。

2013年にAdvertising Ageは権威のある米国の最もホットな10店のAリストにグレイを選んだ。グレイ・ニューヨークは世界の最もクリエーティブな10広告会社のクリエーティビティーAリストに選ばれた。そしてトー・ミーレン氏の指揮下でグレイはファスト社の「世界で最も革新的な50社」に2回選ばれた。

トー・ミーレン氏はフォーチュン40 under 40のクリエーティビティー50リスト、Crain 40 under 40に選ばれ、業界の主要なクリエーティブ賞をすべて獲得した。

▽ティム・メラーズ(Tim Mellors)氏について
ティム・メラーズ氏はグレイ・グループがロンドンで成功していた広告会社のMellors Reayを買収した1998年にグレイに加わった。2003年の長期休暇の後、ニューヨークに本社を置く北米グレイのチーフ・クリエーティブ・オフィサーのポストに就いた。ジム・ヒーキン会長は2007年に同氏をグレイ・グループの副会長兼世界チーフ・クリエーティブ・ディレクターに任命し、グレイ・グローバル・クリエーティブ・カウンシルの創設を担当させた。

「有名な効果」というグレイのブランドを動かすユニークな霊感に満ちた支持者であるメラーズ氏は北京からリオデジャネイロまで世界クラスの人材をリクルートし、将来性のある人物を育てた。2007年以降グレイはカンヌ・ライオンズで約120の賞を獲得した。

そのキャリアの初期にはティム・メラーズ氏はサーチアンドサーチでロンドンで有名になり、英国航空のために画期的な作品をつくり出し、インディペンデント紙を創刊し、マーガレット・サッチャー氏と保守党を政権に押し上げた。そのかたわらPublicis、GGT、FCB London、Lintasで働き、15のライオン、5つのD&ADペンシル、欧州広告フェスティバルのグランプリを獲得し、世界の主要な賞のすべてで審査員を務めた。

広告界の頂点に上り詰める一方でメラーズ氏は雑誌ジャーナリスト、コマーシャル・フィルム・ディレクター、BBCテレビのホスト役、訓練を受けた心理療法士、有名な写真家、画家、詩人でもある。

▽グレイ(Grey)について
グレイはグレイ・グループの広告ネットワークである。グレイ・グループは世界最大級のコミュニケーション会社の1つに数えられている。その親会社はWPP(ナスダック:WPPGY)である。「1917年から効果で有名なグレイ」の旗印の下で、同社は多くの世界で最も有名な企業(プロクター&ギャンブル、グラクソ・スミスクライン、ディアジオ、Darden Restaurants、ファイザー、キヤノン、3M、NFL、ベーリンガーインゲルハイム、マリオットホテルズ&リゾーツ、T.J. Maxx)のブルーチップ・クライアントにサービスを提供している。(www.grey.com)

▽問い合わせ先
Owen Dougherty
+1-212-546-2551

ソース:Grey Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事