logo

iPhoneやAndroid端末に対応したBeaconモジュールを単価300円で販売開始 ~ iOS7の新機能iBeaconとAndroidの両方に利用可能なソリューションを提供 ~

アプリックスIPホールディングス株式会社 2013年11月11日 09時30分
From PR TIMES

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、iOS7の新機能iBeaconやAndroid OS※からも利用可能なBeaconモジュールの販売を開始したことを発表いたします。




このたび、アプリックスが販売を開始したBeaconモジュールは、既に量産出荷が始まっているセキュリティ機能を強化し、健康機器や住宅設備等をスマートフォンに安全に繋げることができるBluetooth(R) Low Energyモジュール「Zeemote JM1-L2S」と同じ部品で作ることにより安価での提供が可能となり、大量に使用する位置情報サービスや、小売店網等での情報管理、クーポン発行やポイント付与等による商品の販促等でご利用いただけます。

アプリックスのBeaconモジュールは、単価300円で提供するモジュール単体(基板タイプ)のほか、電池交換なしで10年動作する乾電池内蔵タイプと、薄型でマグネット等で壁に貼れるボタン電池タイプを単価500円程度で提供いたします(電池の種類やケースの仕様等により値段が多少変わります)。さらに利用促進に向けて、開発者がアプリケーションやサービスの開発をすぐに始められるよう、Beaconモジュールを10個セットにした試作開発キットを10,000円で提供いたします。(提供価格はすべて消費税・送料別)。

アプリックスのBeaconモジュールは「置くだけ」・「貼るだけ」で導入することが可能です。また、導入後もスマートフォンから再設定が可能なため、フレキシビリティの高いシステムを実現できます。例えば、設置後、実際にスマートフォンから電波強度を計測して調整できるので、設置箇所の電波環境に合わせて最適に調整することが可能です。「十分近付いているのにスマートフォンがビーコンを感知しない」などのストレスを軽減できます。さらに、スマートフォンから安全・簡単にビーコン情報を書き換えることができるので、店舗内の配置換え等の際、簡単に再設定が可能です。これはアプリックスのBeaconモジュールがセキュリティ強化版Bluetooth Low Energyモジュール「Zeemote JM1-L2S」の技術を応用して開発されているため、権限設定で安全な運用が可能となりました。ユーザーのレベル毎にビーコン情報の書き換えに関する権限設定ができ、意図しないスマートフォンアプリケーションからのアクセスや、第三者によるデータの書き換えを防ぐことができます。

今回販売を開始したBeaconモジュールは、ビーコン情報を管理するためのセキュリティソリューションと合わせて、既に北米および欧州のお客様で導入の検討が始まっており、価格競争力の高いハードウェアと付加価値の高いソフトウェア技術を融合したビジネスモデルとして、当社の今後の成長ドライバーになると期待しております。


■ アプリックスが開発した「Beaconモジュール」画像


左画像が、小指先大の超小型「Beaconモジュール」。


※ 日本電波法技術基準適合証明、その他各地域の認証取得済み。
※ AplixのBeaconモジュールは、設定アプリを使ってお客様が指定した「Bluetooth SmartのADVERTISING AND SCAN RESPONSE DATA FORMATに合致するデータ」と「Bluetooth SmartのAdvertising Intervalとして認められている間隔」に基づき、無線信号で送出します。
※ BM1試作開発キット(単3乾電池タイプ)に含まれているBeaconモジュールには、購入して直ぐ動作確認が出来るよう、iOS 7 Core Locationフレームワークを使って作ったアプリケーションが受信できるデータが設定されています。
※ 出荷時にそれぞれのBeaconモジュールに個別のBeaconのデータを設定することも可能です。また、まとめてBeaconのデータの書き換えや管理ができるツールも用意していく予定です。詳しくは担当営業にご相談ください。

以 上


■ アプリックスIPホールディングス株式会社について
アプリックスIPホールディングスグループは、ソフトウェアテクノロジーによって世界中の人々がより充実した生活を楽しめるようにすることを使命として事業を営んでおります。ソフトウェア基盤技術事業においては、携帯電話やパーソナルコンピュータ等の民生用電子機器に向け優れたソフトウェア技術の研究開発・販売、さらにはM2M市場に向けた革新的な技術やサービスを提供する一方で、コンテンツ・サービス等事業においては、出版事業や映像事業を中心に、自社IPを最大限に活用する総合エンターテインメントを展開しております。2013年4月1日付を以ちまして、当社商号を「アプリックスIPホールディングス」に変更いたしました。これを機に、当社グループの原点に立ち戻り、国内外で知名度の高い「Aplix」のブランド名をグループの名称に再び冠し、高度な技術を以ってして企業価値の向上と収益の増大を目指してまいります。 

アプリックスIPホールディングスのwebsite(投資家情報等):リンク
アプリックスグループのwebsite(エンタメ情報等):リンク

※ 記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

※ 本プレスリリースに当初掲載しました画像のモジュールは、当該Beacon用のモジュールとは異なっていたため、正しい画像と差し替えさせていただきました。お詫びとともに訂正させていただきます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事