logo

サンディスク、最大160MB/秒の世界最速大容量256GBコンパクトフラッシュカードを12月に出荷開始

サンディスクのコンパクトフラッシュ製品シリーズの全てがスピードアップして新登場



サンディスク株式会社(本社:東京都港区)は、本日、世界最速の大容量・高性能コンパクトフラッシュカード、256GB(*2) サンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュ(R)カードを12月より出荷開始すると発表しました。最大読取り転送速度は世界最速で業界をリードする160MB/秒(*3)で、作業効率の大幅な向上を実現し、最大書込み転送速度は最大140MB/秒(*3)で、高速連写などの高度なホストの性能を最大限に活用できます。また、最低持続書込み速度となるVPG(Video Performance Guarantee)は65MB/秒と、シネマレベルの4K動画やフルHD動画の撮影に最適化されています(*4)。

これに伴い、サンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカードの16GBから128GBの全ての容量帯のカードが、最大160MB/秒の超高速転送速度にグレードアップいたします。

サンディスクコーポレーションのリテール製品マーケティングディレクター、スーザン・パークは次のように述べています。「ストレージソリューション分野で最前線を走り続けてきたサンディスクは、最新のビデオ分野におけるテクノロジーを幅広く採用してきました。当社のサンディスク エクストリーム プロ シリーズはプロの写真家や映像カメラマンの使用を前提に設計されています。シネマレベルの4K動画撮影には、極めて高性能なパフォーマンスと大容量が要求されますが、そのハイレベルな要件を完全に満たした製品が、今回当社が発売する新開発の256GBサンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカードです」

米スターゲイト・スタジオの創設者、サム・ニコルソンは次のように述べています。「サンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカードの処理速度と大容量、そしてコンパクトフラッシュカードに4K映像を直接撮影・保存できるという優れた性能は、プロの写真家や映像カメラマンにとって大きなアドバンテージとなります。私の仕事において、大がかりな撮影シーンや重要なシーンを撮り直すというセカンドチャンスはめったに許されず、そのためにサンディスクのメモリーカードを選びました。要件をすべて備えたサンディスクのカードは、私やクライアントにとって不可欠なツールであり、非常に信頼しています」

サンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカードはプロの要求に耐えられるように設計され、無期限保証が付いています(*5)。過酷なカードの耐久試験もクリアし、RTVシリコーンコーティングを採用し、衝撃や振動からデータを守る保護性能を強化。さらに-25℃~85℃の過酷な温度にも耐えうる設計となっています。また本製品には、データ復旧ソフト「Rescue PRO(R) Deluxe(レスキュープロ・デラックス)」が1年間無料で利用できる特典が付いており(*6)、誤って削除あるいは消去してしまった画像や映像ファイル等を復元させることができます(*7)。

■コンパクトフラッシュ製品の全ラインナップの速度が向上

256GBサンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカードの発売に合わせ、サンディスクでは256GBに加え、16GB、32GB、64GB、128GBサンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュカードの最大転送速度も向上しています。最大読取り転送速度は160MB/秒(*3)、最大書込み転送速度は150MB/秒(*3)、VPG65対応となっています。
また、サンディスクのその他のコンパクトフラッシュカードシリーズも同じく最大転送速度が向上し、サンディスク エクストリーム コンパクトフラッシュカードは、最大読取り転送速度が120MB/秒、最大書込み転送速度は60MB/秒(*8)に、サンディスク ウルトラ コンパクトフラッシュカードも最大読取り転送速度が50MB/秒(*9)にそれぞれスピードアップします。

■サンディスクについて

フォーチュン500ならびにS&P500カンパニーであり、データストレージソリューションで世界をリードしているサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は、これまで25年間にわたって斬新なアイデアと革新的な製品でエレクトロニクス業界に変革を起こしてきました。サンディスクの最先端のソリューションは、世界最大級のデータセンターの多くに採用され、スマートフォンやタブレット、そしてパソコン用の組み込みストレージとしても幅広く使われています。また、サンディスクのリテール製品は、世界中で販売されています。
サンディスク株式会社は、東京に本社を置き、大船、四日市にオフィスがあり、日本での営業・マーケティング業務拠点ならびにNANDフラッシュメモリーの開発・製造を行っています。

*1:動画記録規格「Video Performance Guarantee」対応により、最低持続書込み速度65MB/秒での動画記録を保証します。 1メガバイト(MB)= 100万バイト。
*2:1ギガバイト(GB)=10億バイト。実際にユーザーが使用できる容量はこれより小さくなります。
*3:最大読取り速度160MB/秒、最大書込み速度 150MB/秒(16GB~128GB)。最大読取り速度160MB/秒、最大書込み速度140MB/秒(256GB)。サンディスクの社内試験に基づくものであり、パフォーマンスはホストデバイスによって異なる可能性があります。1メガバイト(MB)=100万バイト。1倍速は150KB/秒です。
*4:4K (4096x2160) および フル HD (1920x1080) 動画のサポートは、ホストデバイスやファイル属性、その他の要因によって異なる可能性があります。詳しくはwww.sandisk.com/HDをご覧ください。
*5:無期限保証を認めないドイツ、カナダや他の地域では30年保証となります。
*6:使用には登録が必要です。各種条件が適用されます。
*7:すべてのデータの復旧をお約束するものではありません。
*8:サンディスク・エクストリーム・コンパクトフラッシュカードの8GBの読取り/書込み速度は、最大60MB/秒になります。
*9:サンディスク・ウルトラ・コンパクトフラッシュカードの4GBの読取り速度は、最大25MB/秒になります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事