logo

SaaS型シングルサインオンサービス SeciossLinkのワンタイムパスワード認証がGoogle Authenticator等、複数ベンダのトークンに対応

株式会社セシオス(東京都文京区、代表取締役 関口薫)は、本日、SeciossLinkのワンタイムパスワード認証が、複数ベンダのトークンやメール方式のワンタイムパスワードに対応したことを発表します。

SeciossLinkのワンタイムパスワード認証は、これまで弊社の「Secioss OTP」のみの対応でしたが、以下のトークンに対応しました。
・Google Authenticator(Google)
・C200(飛天ジャパン株式会社)
・SlinkOTP(株式会社セシオス)
SlinkOTPは、Secioss OTPの後継バージョンで、ユーザによるワンタイムパスワードの設定が容易に行えるようになりました。

SeciossLinkの価格は、1ユーザ年間1800円からですので、これまでのワンタイムパスワード製品と比べて、低コストで二要素認証によるセキュリティ強化を行うことができます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。