logo

電通、企業キャラクターの戦略的開発とその活用手法を業界で初めて体系化

株式会社電通 2013年11月08日 11時15分
From 共同通信PRワイヤー

2013年11月8日

株式会社電通

電通、企業キャラクターの戦略的開発とその活用手法を業界で初めて体系化― キャラクター・コミュニケーションに関わるソリューションをワンストップで提供 ―

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、広告マーケティング業界において初めて、企業キャラクターの戦略的な開発や効果的なコミュニケーションのための活用手法を体系化しました。これにより、企業や商品・サービスのシンボル、また企業と生活者を円滑に結ぶコミュニケーターとして活躍するキャラクターの新規開発はもとより、既存キャラクターのリブランディングも可能となります。今後、当社はこのキャラクター・コミュニケーションのメソッドを活用したコンサルティング・サービスを、企業や官公庁、自治体、諸団体向けに提供していきます。

コミュニケーション手法の多様化、多メディア化に伴い、企業や諸団体によるキャラクターを活用した広告・販促活動は増加しています。そのため、企業キャラクターの目的とその役割を明確化し、効果や価値を最大化したいという顧客ニーズが高まっています。その背景には、企業キャラクターは従来からコミュニケーション手段のひとつとして盛んに使われてきたものの、その開発や使用目的が感覚的なものであったり、単なるイラストカット的に広告・販促活動上の装飾に使われたりするケースが多かったという実情があります。

 こうした状況を踏まえ、当社は「電通キャラクター・コンサルティング」を発足いたしました。長年にわたって培ってきたキャラクター・コミュニケーションの知見、ノウハウを、顧客が求める費用対効果などの観点から体系化するとともに、企業キャラクター活用に関するメソッドを専門的に提供していくための組織です。同組織はキャラクターコンサルタント、ブランドコンサルタント、クリエーター、ストラテジックプランナー、ライツマネジメントなどの専門家で構成しており、キャラクター・コミュニケーションに関わるソリューションをワンストップで提供できる体制を構築しています。

コンサルティング・サービスは、当社オリジナルの調査データや分析手法に基づいて行います。基礎データとなる「企業キャラクター生活者インサイト調査」や、多様な切り口から専門的な分析を行う「3CC分析(3C Character Analysis、3CとはCompany, Customer, Competitor のこと)」、コミュニケーション予算とキャラクターの認知度・好意度、メディアカバレッジの相関関係を明示する「企業キャラクターメディア分析」などを活用することで、当社ならではの課題設定に基づく論理的な解析を行います。その上で、企業キャラクターの開発やその活用方法、既存企業キャラクターのリブランディング戦略の策定などに関するコンサルティングとコミュニケーション活動の提案を行い、その実施をサポートいたします。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事