logo

名古屋大学 情報基盤センターの新スパコン向け DDN SFA12K ストレージシステムが稼働

富士通と共同で将来のペタスケールシステムへの拡張を見越した 大規模高性能ストレージシステムを導入

DataDirect Networks, Inc.(DDN)は本日、名古屋大学 情報基盤センターの新スーパーコンピューターシステムである「教育研究用高性能コンピューターシステム」向けのストレージシステムが稼働したことを発表しました。



2013年11月8日

Santa Clara, Calif.- 8 Nov, 2013

ニュース
・ DataDirect Networks, Inc.(DDN)は本日、名古屋大学 情報基盤センターの新スーパーコンピューターシステムである「教育研究用高性能コンピューターシステム」向けのストレージシステムが稼働したことを発表しました。

・ DDN SFA12K(TM) によって構成された新ストレージシステムは、富士通株式会社によって導入された理論演算性能 561.4TFLOPS(将来 3,662.5 TFLOPS へ拡張予定)の「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX10」384 ノード、「FUJITSU Server PRIMERGY CX400」552 ノードのハイブリッドシステムに接続されます。ファイルシステムとしては、並列分散ファイルシステムである Lustre(R) をベースに富士通が拡張した高性能スケーラブルファイルシステム「FEFS」(Fujitsu Exabyte File System)が DDN SFA12K 向けには初めて実装されました。

・ 1PB の既存ストレージシステムが 16 ラックスペースで構成されていたのに対し、この新ストレージシステムでは 6PB をわずか 8 ラックスペースに集約することに成功しました(2013年10月の初期運用時は 3PB、4 ラックスペースで稼働)。既存システムからのスムーズなデータ移行を実現するとともに、今後のセンター運用コスト削減に大きく貢献します。


関係者の声

名古屋大学 情報基盤センター長・情報戦略室長 伊藤義人 様

・ 「名古屋大学 情報基盤センターは、全国共同利用・共同研究拠点並びに HPCI 計算資源提供機関として、富士通の最新のコンピューターシステムと合わせて、大容量かつ業界最高レベルの性能を持つ DDN SFA12K ストレージシステムを導入することで、学術目的、あるいは産業利用にわたる幅広い HPC 活用を加速するとともに、次世代の若手研究者を含む計算科学コミュニティを醸成・拡大し、研究成果の社会還元に貢献できるものと期待しています」


株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン

代表取締役社長 ロベルト・トリンドル

・ 「この名古屋大学 情報基盤センター様における DDN SFA12K ストレージシステムの導入は大きな意味を持っています。DDN のストレージが国内有数、東海地区では最大のコンピューターシステムに採用され、またそれが富士通様のインテグレーションによって導入されるからです。

本件大規模ストレージシステム導入の経験と実績に基づき、富士通様をはじめとした各パートナー企業との協業を推進していくことにより、DDN の高性能ストレージシステムが日本全国の大学、研究機関、企業でさらに導入が進んでいくことを確信しています」

なお DDN は米国デンバーで開催されます世界最大のスーパーコンピューターカンファレンスである SC13 に出展いたします(ブース #1307)。展示に先立ちまして、11月18日(月)にはお客様およびパートナー様を対象とした“DDN USER MEETING”が開催されます。弊社 Web サイト リンク より登録が可能ですので、SC13 にご参加予定のみなさま、ぜひご参加ください。

関係資料
・ 名古屋大学 情報基盤センター ホームページ
リンク
・ 富士通 プレスリリース
リンク

DataDirect Networks について
DataDirect Networks(DDN)は、大規模でスケーラブルなストレージ市場のリーダーです。私たちは、コンテント・リッチで高成長するIT環境において、最高レベルのシステム拡張性、効率性とシンプルさの実現を達成する、データストレージ、プロセッシング・ソリューションとサービスのリーディングプロバイダーです。
DDNは顧客企業が、その情報システムから有効なデータを抽出し、その価値を最大化することによって、ビジネスの拡大へとつなげる事を可能にします。世界有数のオンラインコンテンツ、ソーシャル・ネットワーキング・プロバイダー、高性能クラウドやグリッドコンピューティング、ライフサイエンス、メディア製作企業、セキュリティ・インテリジェンス企業などが当社の主な顧客です。
世界中のミッションクリティカルな環境において数千の実装実績を持つDDNのソリューションは、世界中で多数の最もスケーラブルなデータセンターにおいてそのデザイン・設計は実証されており、最先端のITで強化された、企業の競争力確保を可能にします。
株式会社 データダイレクト・ネットワークス・ジャパンはDDNの日本法人・100%子会社です。
詳細については、リンク をご参照ください。

FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX10、FUJITSU Server PRIMERGY CX400、FEFSは富士通株式会社が所有する商標または登録商標です。
DDN、Storage Fusion Architecture、SFA12K、WOS、DirectMon、hScaler、Information In MotionはDataDirect Networksが所有する商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。無断複写・転載を禁じます。


株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン
〒102-0081 東京都千代田区四番町6-2 東急番町ビル8F
TEL: 03-3261-9101 FAX: 03-3261-9140

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。