logo

ガートナーの2013年アジア太平洋地域サプライチェーンのトップ企業のすべてがGXSを利用

GXSが世界最大の統合クラウドで地域のサプライチェーンの先端企業をつなぐ

2013年10月31日米国メリーランド州ゲーザーズバーグ発—B2Bデータ連携・統合サービスのリーディングプロバイダーであるGXSは本日、アジア太平洋地域のトップサプライチェーン企業のすべてが、GXSのクラウドベースの統合プラットフォームであるGXS Trading Grid®を利用して接続していると発表しました。GXS Trading Gridは、自動車、ハイテク、消費財、小売業界などの数千社もの企業において、調達から支払)、受注から入金、をはじめとするサプライチェーンプロセスを自動化しています。

ガートナーのリサーチディレクターであるデバシス・タラフダール(Debashis Tarafdar)氏は次のように述べています。「2013年も、複合的な経済動向、需要の変動、コストの上昇、労働市場の逼迫、人材不足、規制の圧力などがアジア太平洋地域のサプライチェーンに重くのしかかる状況が続きました。サプライチェーンの長期的な安定性を高めるために、多くの企業が多くの人的リソースをサプライネットワークの再評価や、リーン生産方式の開発とマルチティアのサプライチェーン可視化に取り組んでいます。」

GXS Trading Gridを利用して、世界中で自動車、小売、ハイテク、消費財などの業界のお客様が、顧客企業やサプライヤと重要なビジネス情報を電子的に交換しています。また、EDIやXMLなどの普及している標準を使用して、電子製品カタログ、在庫レポート、注文書、出荷通知、請求書、送金通知などの情報共有が可能です。B2B統合により、電子メール、FAX、電話など、時間がかかり、ミスが発生しやすい通信手段がなくなるため、情報交換のコストだけでなく、取引先間におけるデータの流れの停滞も減らすことができます。

ガートナーのアジア太平洋地域トップサプライチェーン企業は、アジア太平洋地域に本社を置く企業の中から、財務指標(収益成長率、総資産利益率(ROA)、棚卸資産)と業界関係者およびガートナーのサプライチェーンアナリストによる見解を合わせた総合的評価に基づいて上位10社を選定するものです。

■GXSについて
GXS は、世界最大の統合クラウド「GXS Trading Grid」を運用するB2Bデータ連携・統合サービスのリーディングプロバイダーです。GXS のソフトウェアおよびサービスは、上位25サプライチェーンの22社を含む550,000社を越える企業で利用され、パートナーネットワークの拡張、受信プロセスの自動化、電子決済の管理およびサプライチェーン可視化の向上に役立っています。グローバルB2Bデータ連携クラウドサービス「GXS Managed Services」は、GXS独自のアプローチでB2Bデータ連携・統合業務を改善し、GXS Trading Grid®をプロセス編成サービス、そしてグローバルチームと連携して、多企業間のB2B データ連携プロセスを管理します。

GXSはメリーランド州ゲーザーズバーグに本社を置き、従業員数は2,800人以上、世界20カ国の拠点を軸にグローバルB2B統合サービスを提供しています。GXS株式会社は、米GXS Inc.の100%出資による日本法人です。詳しくはWebサイト(リンク)、GXSブログ(英語:リンク)、ツイッター(英語リンク)、LinkedIn(英語:リンク)をご覧ください。米国証券取引委員会に提出した公開書類もご覧いただけます(英語:リンク)。

■将来予想に関する記述
このプレスリリースには「将来予想に関する記述」が含まれています。本プレスリリースにおける記述のうち、過去の事実に関するもの以外の、当社が将来に発生すると予想する活動、事象、開発に関するすべての記述は、かかる将来予想に関する記述に該当します。これらの将来予想に関する記述は、リスク、不確実性、仮定(米国証券委員会に提出された当社の年次報告書、四半期報告書等に規定)による影響を受けるおそれがあります。したがって、将来予想に関する記述に明示的または黙示的に示される当社の業績または成果に関して、実際の結果が大幅に異なる場合があります。これらの記述に全面的に依拠しないでください。当社は発生した事象または状況を反映して将来予想に関する記述を更新または改訂する義務を負いません。

本文中のすべての製品およびサービスは各社の商標です。

*出典 – ガートナー社プレスリリース(2013年9月27日配信)
“Gartner Identifies Top Supply Chain Organizations in Asia Pacific for 2013”.
リンク

用語解説

■本件に関する報道関係のお問合せ先
GXS株式会社  マーケティング
今野三貴
TEL: 03-5574-7545 Eメール: gxs-pr@gxs.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。