logo

◎アイロハテクノロジー社、アクティブシャッター方式3Dメガネ用のBluetoothシングルチップを発表

アイロハテクノロジー社 2013年11月07日 12時40分
From 共同通信PRワイヤー

◎アイロハテクノロジー社、アクティブシャッター方式3Dメガネ用のBluetoothシングルチップを発表

AsiaNet 54919

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。


アイロハテクノロジー社、世界初となるアクティブシャッター方式3Dメガネ用のBluetoothシングルチップを発表

2013年11月7日 新竹(台湾)/PRニュースワイヤ/ --

台湾の新竹工業園区に拠点を置き、無線通信用の半導体業界をリードするファブレスメーカーのアイロハテクノロジー社は、本日、世界初となるアクティブシャッター方式3Dメガネ用のBluetoothシングルチップであるAB1128を発表した。このシングルチップは、このほど採用された3Dシンク・プロファイルに対応しており、ベースバンドプロセッサ、RFトランシーバ、LCDシャッターコントロールスイッチ、EEPROM、バッテリー充電器が高度に統合されている。

2015年には世界の3Dテレビの出荷台数は1億台を超えると見込まれているが、3D技術の成熟に伴い、3Dメガネの重要性が高まってきている。従来の赤外線技術と比較するとBluetoothは、通信が見通し範囲内に限定されないこと、双方向通信をサポートしていること、消費電力が小さいこと、という点で非常に優れている。更に重要な点として、3Dメガネは今や最新のBluetooth3Dシンク・プロファイル規格で相互運用が可能である。これにより市場での受け入れが大幅に拡大することが期待されている。

「高度に集積され、また消費電力も小さい3Dメガネ用BluetoothシングルチップのAB1128を発表できたことは、私共のBluetooth製品ラインナップの充実のうえでも重要なマイルストーンと言えます。そしてこのことで、アイロハのBluetooth技術界におけるリーダーとしての地位がより強固なものとなるはずです。」とアイロハテクノロジー社のCEOであるデイヴィッド・チャン氏は語りました。更に「シングルチップ設計は私共の顧客の開発時間とコストの大幅な削減に貢献しています。また、その設計により形状を小さくすることができ、結果的に3Dメガネ設計の自由度を高めることができます。」ともコメントしました。AB1128 はすでにサンプル出荷の段階にあります。

詳細は以下のサイトをご覧ください。
リンク

ソース:アイロハテクノロジー社


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。