logo

POSデータサービスにもイノベーションを 2014年4月、マクロミルが拡大推計POSデータ市場に新規参入! 拡大推計POSデータサービス「MACROMILL MARKET INDEX」をスタート

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉、以下「マクロミル」)は、
2014年4月より、拡大推計POS(Point of sale system、販売時点情報管理)データサービス
「MACROMILL MARKET INDEX」を開始することをお知らせいたします。




■サービス開始の背景
マクロミルは創業当初から、「手軽で」「早くて」「品質の高い」ネットリサーチによって、
マーケティングリサーチビジネスにおける既成概念の変革を目指して事業を展開してまいりました。
当社の参入により、それまで多くの時間とコストを費やさざるを得なかった市場調査が、スピーディーかつリーズナブルに実施できるようになった結果、
多くのお客様の経営やマーケティング戦略の意思決定に貢献できたと考えております。
現在、日本で拡大推計POSサービスを提供している企業は数少ない中、
当社の参入により、市場全体の質向上に寄与し、イノベーションを起こすとともに、
お客様の意思決定にさらに尽力していきたいと考えております。

■拡大推計POSデータサービス「MACROMILL MARKET INDEX」概要
総合スーパー(GMS)・食品スーパーのPOSデータを集計し、拡大推計処理を行い、
全国指標として顧客企業へ提供いたします。
進出市場の売上市場規模・トレンドや市場内の自社ブランドのポジショニング、
売上予測などのマーケティング活動の目標設定の指標になるほか、
製品・価格・プロモーション戦略などにもご活用いただけます。

■拡大推計POSデータサービス「MACROMILL MARKET INDEX」の特徴
特徴1:国内最大級の集計店舗数
総合スーパー(GMS)、スーパーマーケット業態において、
日本最大規模の1,200店※の小売店パネルを構築。
過去データは2010年1月より保持しています。
※2013年11月時点。今後さらに拡大を予定しています。

特徴2:外部データとの連動(※オプション)
気温等の2次データとの連動分析、小売業の売上の多くを占める
「生鮮POSデータ」との連動分析を行うことで、
新たなマーケティングインサイトの発見につなげることが可能となります。

特徴3:圧倒的なコストメリット
他社と比較して圧倒的に安価な販売価格を実現。
原材料の高騰、円高、2014年4月からの増税、TPP等、
企業の収支構造の改善が求められる場面において、幅広くサポートいたします。

■拡大推計POSデータサービス「MACROMILL MARKET INDEX」の集計指標
調査対象・集計対象店舗における販売データを拡大推計し、
市場規模を算出することができます。
また、販売シェアや販売店率、平均単価などの数値もご提供が可能です。

■拡大推計POSデータサービス「MACROMILL MARKET INDEX」サービスラインアップ
 拡大推計POSデータを提供するサービスラインは、
「年間契約サービス」と、個別分析へ対応する「アドホックサービス」の2種類をご用意しております。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事