logo

新「日本標準産業分類」における「リラクゼーション業(手技を用いるもの)」新設について

一般社団法人リラクゼーション業協会 2013年11月06日 17時02分
From 共同通信PRワイヤー

平成25年11月6日

一般社団法人リラクゼーション業協会
理事長 清水秀文


新「日本標準産業分類」における
「リラクゼーション業(手技を用いるもの)」新設について


 総務省の日本標準産業分類に「リラクゼーション業(手技を用いるもの)」が新設される旨、同省より告示がありましたので、お知らせ致します。
 告示内容は以下の通りです。

7893 リラクゼーション業(手技を用いるもの)

 今日、リラクゼーション業は全国9673の事業所(リラクゼーションスペース)に32,879人が従事し、市場規模1392億円(※1)の一大産業へと成長をとげており、今回、新「日本標準産業分類」に告示、新設されました。
 ストレス社会といわれて久しい今日ですが、当協会が行った調査によれば、ストレスを感じている人は8割を超え(82.1%)、「かなり感じている」人が4人に1人(26.5%)にのぼっています。リラクゼーション業は今日のわが国において、ストレスに影響されやすい心の健康を守る大切な役割を担っており、今後も伸長が期待される新たな産業分野として政府の注目するところとなりました。
 一般社団法人リラクゼーション業協会は2007年3月の設立以来、リラクゼーション業の健全な発展と社会的認知の向上を目的に活動してまいりましたが、今回の告示を真摯に受け止め、サービスの技術向上と品質保全に一層努めてまいります。

※2012年3月現在、一般社団法人リラクゼーション業協会調べ




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事