logo

グランド ハイアット 東京、 1500人規模のディスコイベント「CLUB CHIC 2013 winter」を開催!

グランド ハイアット 東京 2013年11月06日 17時00分
From Digital PR Platform


本年、2013 年4月25日(木)に開業10 周年を迎えた、都会の喧騒にそびえ立つダイナミックなラグジュアリーホテル、グランド ハイアット 東京(東京都港区、総支配人:クリストフ ローヴォ)では、2005年の年末から毎年恒例、今回で20回目を数える大人気のホテルディスコイベント「CLUB CHIC 」を12月27日(金)に開業10周年でさらにグレードアップして開催いたします。

「大人たちの夜遊びスポットがない」というお客様の声からスタートしたこのイベントでは、ソウルミュージックファンにはたまらない、世界中で一世を風靡した1970年代のダンス クラシックスをシックにアレンジし、ノンストップでお届けします。DJが生みだすスタイリッシュなサウンドとテクニックが一気に会場を盛り上げ、1,000平方メートルの大きさを誇るグランド ボール ルームは、懐かしのソウルミュージックで軽やかにステップを踏む、お洒落に着飾った1,500人規模の紳士・淑女で溢れ返ります。

毎回完売してしまう人気の高いVIP席は、通常のフリーフローに加え、ホテル開業年である2003年のドン ペリニヨン ヴィンテージ 2003、アンリ ジローNV限定ボトルといった最高級シャンパンもフリーフローでお楽しみいただけます。また、大人気の70年代からダンサーとして活躍してきたキング オブ ソウル、マイケル鶴岡やBro.KONEによるスペシャルライブも開催。煌びやかな夜にふさわしい、バブルナイトをお楽しみください。「CLUB CHIC 2013 winter ~Returning back to the good old days once again~」は、グランド ハイアット 東京ならではのダイナミックな空間演出とソウルフルなダンスナンバーを満喫いただけるスペシャル企画です。

<Club Chic 2013 winter>
リンク
<グランド ハイアット 東京 公式 ウェブサイト> 
リンク


【CLUB CHIC 20th Edition ~Returning back to the good old days once again~】
■日 時: 2013年12月27日(金)
■時 間: 20:00 ~深夜 (最終入場 23:30)
■会 場: グランド ボールルーム (3F)
■料 金: 一般席 15,000円/ VIP席 25,000円
※いずれもフリードリンク付き
※VIP席は高級シャンパンのフリーフローが付きます。
■ト゛レスコート゛:デニム素材全般、男性用ハーフパンツ、スニーカーなどの軽装での入場はお断りいたします。
■注 記: 未成年者の方のご来場はお断りいたします。お車でのご来場はご遠慮願います。
■チケット予約
予約専用電話: 03-4333-8838(イベント部 受付時間:平日10:00~19:00)
※予約受付開始: 10月中旬
※ご入金確認後チケットを郵送いたします
※ご入金後のキャンセルにつきましては、ご返金ができませんので予めご了承ください
■お支払方法
お支払い方法は以下よりお選びいただけます。
●銀行振込: 専用口座へのお振込み
●当ホテル内窓口: セレブレイト(宴会ロビー1F)にて現金またはクレジットカードにて直接お支払い


【参考資料: 大人の遊び場を提供するグランド ハイアット 東京】
グランド ハイアット 東京では、2005年の年末から、ホテル企画のディスコイベント「CLUB CHIC」を開催してきました。回を重ねるごとに参加されるお客様の数が増えており、その主な年齢層は40代ですが幅広い層に人気となっています。開催の度に多くのお客様から、「仕事や生活にゆとりが出てきたのに、時間やお金があってもかつてのようにおしゃれをして思い切り遊びに行ける場所や機会がない」「大人が本当の意味で遊べるところがない」というコメントをいただいており、「CLUB CHIC」で毎回集客数が増えていくことからも、40代後半以上のお客様にとって、「安心してかっこよく遊べる、ワンランク上の大人の遊び場」を、グランド ハイアット 東京で提供できているのではないかと考察しています。六本木ヒルズという恵まれた立地にあるからこそ、お客様の求めていらっしゃる知的好奇心とクオリティを満足させる「本当の意味での遊びの企画」を様々な角度から今後も提案できるよう、グランド ハイアット 東京では考えています。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事