logo

「ユニバーサルデザイン対応全自動貸金庫」新発売

株式会社岡村製作所 2013年11月05日 17時02分
From 共同通信PRワイヤー

2013年11月5日

株式会社岡村製作所

ブースドア部分に自動アークスライド方式の扉を採用したことで、どなたでも快適にご利用いただけます。

株式会社 岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、「ユニバーサルデザイン対応全自動貸金庫」を2013年11月6日(水)より開催される「オカムラグランドフェア 2013」にて発表・展示し、発売を開始いたします。
「ユニバーサルデザイン対応全自動貸金庫」は、従来の設備に比べて、車椅子の利用者などあらゆる人にとって使いやすいと感じられるような設備を導入しています。
お客様ブースのドアに、自動開扉する自動アークスライド方式を採用することで、従来の全自動貸金庫と同等規模のスペースで自動ドアを設置し車椅子でも利用することが可能になりました。
従来の全自動貸金庫システムと同様、お客様ブースのドアは施錠されており専用の貸金庫カードをカードリーダに通すことで入室することが可能という高いセキュリティ性を確保しています。
ブース内装も足元の空間を広く取った新しいデザインとなっており、入室から貸金庫利用、退室までの一連の流れをどなたでもストレスなくお使いいただけます。

― 「ユニバーサルデザイン対応全自動貸金庫」の特徴 ―

■貸金庫の必要スペース効率化
従来から車椅子利用者への対応としてお客様ブースドアに自動ドアを採用するケースは多くありましたが、戸袋の分だけスペースを大きく取る必要がありました。
今回、お客様ブースドア部分に当社の建材製品「Wavelet LINEARED( ウェイブレット・リニアード)」を採用しました。
アークスライド方式は、扉が使う人の周りを取り巻くように動き、開閉時に体をよける姿勢や動作が不要なため、車椅子使用の方や、杖や荷物を持った方でも簡単に操作が可能です。また引き戸タイプの自動ドアと比較して戸袋スペースが不要となります。このため、必要スペースを約40%削減することが可能となり、従来の全自動貸金庫と同等規模のスペースで車椅子対応が可能となりました。

■セキュリティ性を確保
セキュリティ性の確保のためお客様ブースドアは施錠されており、専用の貸金庫カードをカードリーダに通すことで入室することができます。
貸金庫カードを通すとお客様ブースドアが自動で開き、利用者が入室すると自動的に閉まり施錠します。

■お客様ブースのユニバーサルデザイン対応
お客様ブースの設えも車椅子利用者だけでなく、すべての貸金庫利用者が使いやすいと感じられるよう、手元の作業スペースを広く取り、卓上にカードリーダを配置しカードリーダを視認しやすくしました。貸金庫利用に不慣れな方でも使いやすいよう配慮しています。

□ 価格(概算) 貸金庫156函設置時 約25,000千円  
□ 初年度販売目標 20システム  



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。