logo

キリバは、マーケットのボラティリティーをより適切に予測するための統合ソリューション、Proactive Treasury Managementの提供を開始

キリバ・ジャパン株式会社 2013年11月05日 16時00分
From DreamNews

米国ラスベガス2013年10月28日-クラウドベース財務管理ソリューションのリーディング企業であるキリバ社(以下キリバ)は、2013 Association of Finance Professionals Annual Conference(2013年10月27-30日 於:Mandalay Bay Convention Center、米国ラスベガス)に於いてProactive Treasury Management(PTM)を発表しました。Proactive Treasury Managementは、財務部門が、マーケットのボラティリティーや、法規制、不正についてより的確に予測し、それに備えるための新しいソリューション群および方法論です。PTMの導入により、企業は資金を最適化し、リスクを管理し、運転資本をより一層活用させることが可能です。

PTMは、財務領域におけるいくつかの最近の変化に対応して開発されました。その変化とは即ち、財務リスクや不正に対するエクスポージャーが増加しており、資金および流動性の管理ツールとプロセスは集約され一元管理される傾向にあり、企業内で財務部門が今まで以上により戦略的に貢献してほしいというニーズも高まっています。最近のデータでは59%のCFOが5年前と比べて財務リスクが高まっている1と感じており、北米の企業の77%が、2014年までにローカルもしくはグロ―バルのキャッシュ集中管理センターを持つだろう2としています。一方、財務チームは、企業のビジネスにより貢献するために、意思決定のサポートに現在よりも50%以上の時間を費やし、財務取引に費やしている時間を1/3に削減する必要性を感じています3。

キリバは、顧客の皆様と業界の専門家とともにPTMを作り上げ、世界的な成功を収めている最大規模の複数企業の事例を取り込み、ひとつのベスト プラクティス ソリューションと方法論にしました。この新たなアプローチは、財務チームを変動する経済の「新しい標準」に適応できるようにし、かつ企業のビジネス価値を高めるための可視性とコントロールを提供します。

「過去数年間、財務チームが直面している環境は大きく変化してきました。Proactive Treasury Managementによって、CFOと財務担当者に、戦略的ビジネス価値をもたらすテクノロジーと方法論の両方を提供します。」とキリバ社、取締役(Chairman)およびCEOであるJean-Luc Robert氏は述べています。「キリバでは、経験豊富な財務戦略家による専門のクライアント サクセスチームを立ち上げ、グローバルクライアントと直接、資金の最適化、財務リスクの最適管理、より効果的な運転資本の活用をお手伝いしていきます。PTMは、財務管理部門が待ち望んでいた起爆剤であり、マニュアルプロセスがベースになっているコストセンターを、企業に本当の価値を提供する戦略的パートナーへと転換させます。」

参考文献
1. 2013 AFP / Oliver Wyman Risk Management Survey
2. 2012 gtnews Cash Management and Trade Finance Survey
3. The New Value Integrator - 2010 IBM Global CFO Study

■ キリバ社について
キリバ社は、Proactive Treasury Managementのリーディング企業です。キリバSoftware-as-a Service (SaaS)財務およびリスク管理ソリューションにより、ファイナンスチームは資金の最適化、リスクの管理、運転資本の有効活用が可能となります。多数の受賞歴をもつキリバの資金、財務、支払、リスク管理およびサプライチェーンファイナンスソリューションは、Amway、Electronic Arts(EA)、PultenGroup, Inc. およびQualcomm社など、全世界750グループ以上に利用されており、新たなビジネス価値をもたらし、企業の成長とコンプライアンスを促進します。どのように貴社の財務管理をよりプロアクティブにし、ビジネス価値を促進させるかの詳細は、info-jp@kyriba.comまでご連絡いただくか、または弊社ウェブサイト( リンクおよび リンク)をご覧ください。

■ 本件に関するお問い合わせ先
キリバ・ジャパン株式会社
150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル 11F
03-6321-9454 | info-jp@kyriba.co.jp
担当:小澤

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事