logo

アジア太平洋地域で初のNetwork-as-a-Serviceアーキテクチャを提供

Pacnet Enabled Network(PEN)が スケーラブルな帯域とソフトウェアベースのインテリジェンスの実装により、 クラウドコンピューティングの時代に適合したネットワーキング環境を提供

2013年11月5日、香港 - パックネット(本社:香港/シンガポール、CEO:カール・グリブナー/パックネットサービス・ジャパン株式会社:東京都港区、CEO:田所博文)は本日、Pacnet Enabled Network(以降、PEN)のベータリリースを発表しました。これはSDN(Software-Defined Network)のテクノロジーを活用し、お客様自身が帯域幅を柔軟にコンフィギュレーション可能な業界初のサービスプラットフォームです。高パフォーマンス、かつクラウド時代に適合可能なネットワークを構築しようとする際に、企業や通信事業者はPENにより十分な優位性を得られます。
パックネットの革新的なNetwork-as-a-Service(NaaS)モデルを装備したPENは、スケーラブルな帯域と、ソフトウエアをベースとしたインテリジェンスを提供します。これにより、お客様はビジネス上の需要に応じて帯域幅を分単位でダイナミックに変更することが可能となります。またPENを利用するお客様は、パックネットが自社所有するデータセンターと通信インフラを最大限に活用しながら、仮想的なクロスコネクト環境を構築することが可能となります。この自社インフラはアジア太平洋地域の金融とビジネスの中心街を広くカバーしています。
パックネットのマネージドサービス担当プレジデント、ジム・フェイガンは次のように述べました。「PENはネットワーキングの世界をクラウド・コンピューティングの時代へ飛躍させる起爆剤となり得ます。アジア太平洋地域で最も大規模なデータセンター及び海底ケーブルネットワークを最大限に活用し、パックネットはお客様がクラウドの世界における、ネットワークに対する新しくも厳しい要求に対応を可能とする次世代ツールを実現し、提供していきます。」
PENにより、お客様はご自身による帯域幅の拡張や、ネットワーク使用率、アカウント情報などをリアルタイムで管理可能な機能を提供します。このプラットフォームはオープンソースのOpenFlowのテクノロジーを活用して構築されております。高性能なネットワーク管理、ハイブリッドクラウドサービス環境へのシームレスな接続を提供し、お客様はクラウド・ベンダーを柔軟に選択することが可能となります。


PENの特徴: お客様にとっての利点
・ パックネットの他の追随を許さないグローバルインフラ: PENはポイント・ツー・ポイントの国際専用線およびアジア太平洋地域の10ヶ所のデータセンターをベースに、エンタープライズクラスのネットワークを構築しました。
・ 完全自動化されたプロビジョニング機能と、フレキシブルなネットワーク最適化オプション:PENを利用するお客様は、人手によるプロセスを介すること無く、WebベースのポータルPacnet Connectを使って、又はアプリケーションプログラムインターフェイス(API)を通して数分以内で帯域幅をダイナミックに拡張することが可能となります。これにより、客様が必要とする性能要件とサービス品質に応じて、ネットワークをカスタマイズして構築することができます。
・ 従量制:ネットワークの使用量、品質、使用期間に応じ柔軟な課金形態を提供します。
・ ハイブリッドクラウドゲートウェイ:PENは、OpenFlowベースのソフトウェアコントローラを活用することにより、エンタープライズクラスのデータセンターやプライベートクラウド環境を、外部の様々なクラウドベンダー環境へと拡張します。これによりお客様は真のアジア太平洋ワイドの仮想データセンターを実現することが可能となります。
企業はビジネスニーズに呼応し急速にクラウドコンピューティングを導入しつつあります。それに伴うデータ量の増加とデータトラフィックの複雑化は、伝統的な階層型アーキテクチャをベースとしたネットワークに今までに無かった重圧を与えています。PENは、クラウドコンピューティングの成長に伴うネットワーク需要への対応を可能とする、業界をリードする技術です。他社の追随を許さない自社所有のデータセンターや海底ケーブルインフラとソフトウエアをベースとしたインテリジェンスが融合することにより、お客様は個々の要求に応じてご自身でコントロール可能なスケーラブルな帯域をご利用できます。

又PENは、パックネットの主要なデータセンターとお客様のオンプレミス環境間で、仮想化されたクロスコネクト環境をお客様が自由に作成することが可能となる世界を目指します。
2014年第1四半期にPENの完全版をリリース予定です。PENはパックネットが次世代のクラウド、データセンター、通信サービスプロバイダとしての進化を遂げる中心的要素となります。又パックネットの既存のマネージドサービスとの組み合わせによる相乗効果も期待されています。

# # #
PEN参考資料:
・ PEN ウェブサイト: リンク
・ パックネット・マネージドサービス最高責任者ジム・フェイガン
ブログ(リンク) 、
ビデオ(リンク)
・ パックネット・データセンター建築・運用準責任者 ギル・プロクター
ブログ(リンク) 、
ビデオ(リンク)


パックネットについて
パックネットはアジア太平洋地域の大手通信事業者、大規模多国籍企業、政府機関向けのマネージドデータ接続ソリューションの提供をリードする企業です。46,000 km以上の光ファイバーからなる地域で最長の大容量海底ケーブルシステムを所有し、アジア太平洋地域の16都市にある相互接続データセンターへ接続するパックネットは、中国、インド、日本、米国など主要市場の主なビジネスセンターへの到達度を誇っています。マネージドネットワークや付加価値データセンターなどの包括的なサービスセットと合わせて、パックネットのアセットと経験は、フォーチュン500社などの世界の大企業に役立っています。パックネットの本社は香港とシンガポールにあり、アジア太平洋地域と北米に事務所があります。さらに詳しい情報については、www.pacnet.comをご覧ください。


本件に関するお問い合わせ:
パックネット
曺愛嶺 (Aeryung Jo)
電話: +81 3 6430 1550
Eメール: aeryung.jo@pacnet.com

パックネット
アニー・ホ(Annie Ho)
電話: +852 2121 2728
E メール: annie.ho@pacnet.com
エデルマン・パブリック・リレーションズ (Edelman Public Relations)
マーク・リー(Mark Lee)
電話: +852 2837 4756
E メール: mark.lee@edelman.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。