logo

◎中国の若手ゴルファーを刺激 ゴルファー3世代競演のミッションヒルズの対決

Mission Hills China 2013年11月01日 15時40分
From 共同通信PRワイヤー

◎中国の若手ゴルファーを刺激 ゴルファー3世代競演のミッションヒルズの対決

AsiaNet 54862
共同JBN 1323 (2013.11.1)

【海口(中国)2013年10月31日PRN=共同JBN】ゴルフの世界ナンバーワンが、その後継者、後継者のそのまた後継者、太陽電池式ゴルフカー、1万5000エーカーの溶岩原、トロピカルな天候、120人のジュニアゴルファー、2万人の観客、中国の数霊術、健康食品のドラゴン、タイガー、スネークと一緒になると、果たして何がおきるのか。ご承知の通り、それは、ここミッションヒルズ・リゾート海口で28日に繰り広げられたミッションヒルズの対決である。

 (Photo: リンク

ミッションヒルズの対決にはまさに、タイガー・ウッズ、ロリ・マクロリー、関天朗の3世代のゴルファーが集まった。
 *タイガー・ウッズは40歳近くの米国人、14回のメジャーを経験している。
 *ロリ・マクロリーはアイルランド人の後継者で、24歳ながらも欧州を代表している。
 *関天朗はマクロリーよりも10歳以上も若く、広くはアジアを、中でも中国を代表している。

ミッションヒルズ・グループは2人の兄弟ケン・チュー会長、テニエル・チュー副会長が所有している。

ケン・チュー会長はウッズに「映画グリーン・デスティニーを見たことはあるか。あなたの名前はタイガー、私はとら年生まれ。だからわれわれはタイガーである」と話しかけた。

「マクロリーはヘビ年の生まれ。中国ではヘビはドラゴンとされ、テニエルはたつ年の生まれである。だから、われわれには共通点がある。それは身をかがめるタイガーであり、飛翔するドラゴンである」

ケン・チュー会長は、タイガー・ウッズがミッションヒルズを訪問したのは12年前で、この訪問はミッションヒルズ創設者の故デービッド・チュー氏が招待し、ウッズにとっては最初の中国訪問となったことを指摘した。

「12という数字は中国人にとって極めて重要で、特別なものである。時計には12時間、年は12カ月、旧暦には十二宮図、十二支がある。だから12は完璧な円だ。あなたの中国初訪問でプレーを主催でき、その12年後にまた海南島への初訪問でもプレーを主催できたことを非常に誇りにし、光栄に思う。われわれには素晴らしい関係があり、それを築いた。中国のゴルフ普及に全面的な支援に感謝する」と語った。

ソース:Mission Hills China

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。