logo

ネクスコム、Intel(R)Bay Trail搭載、コンパクトサイズ「車載用コンピュータVTC1010」を開発

株式会社ネクスコム・ジャパン 2013年11月01日 14時00分
From PR TIMES

SIMスロット搭載車載用PCで、モバイルネットワークを利用した様々なシステム構築を実現

ネクスコム・インターナショナル(本社:台湾新北市、代表取締役:楊建興、以下ネクスコム)はIntel(R) Atom (TM) E3800プロセッサファミリー(コードネーム:Bay Trail)搭載の、新製品「車載用コンピュータVTC1010」を開発いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。



【特長】
■3G/LTE通信機能内蔵対応
車載端末にSIM(UIM)カードを挿入できるスロットを装備。モバイルネットワークを利用したデータ通信により、リアルタイムによる遠隔管理システムの構築を可能にします。

■GPS機能
GPS機能標準搭載、またはオプションによりデッドレコニング機能へも対応可能です。

■CAN Bus 機能
CAN 2.0B標準搭載、またはオプションによりOBDII (SAE J1939/ J1708)にも対応します。車両内部情報を収集し、クラウドを介しての遠隔監視や、故障傾向の分析など運行システムの安定運用や、効率化を実現します。

■Intel(R) Atom(TM) E3827プロセッサ対応
VTC1010は計算処理能力がより向上したIntel(R) Atom(TM) E3827 1.75GHz プロセッサに対応し、またプロセッサ統合のグラフィック機能である「Intel(R)第7世代グラフィックス」により描画性能が強化されていますので、例えば車両内のデジタルサイネージ再生や車載インフォテイメントで多彩な動画コンテンツの再生をサポートします。

■温度に強く、コンパクトサイズ
-30°~70度の幅広い動作温度範囲に対応する、車載に特化した高耐久設計です。またファンレス設計で、省スペースコンパクトな車載に適したサイズです。

■安定運用を支える
イグニッションキー連動の車載端末On・Off機能や、On・Offディレイ制御設定、バッテリー低電圧検出機能などの電源管理機能を内蔵しています。また、米軍MIL-STD-810G準拠により耐衝撃性や耐振動性に優れ、eマーク認証にも対応しています。

■自動車テレマティクスの様々なシステムへ
リアルタイムの交通情報や、車両追跡、ナビゲーション、車載ビデオ監視、インフォテイメントなど「自動車のIT化」に向けた様々なシステムにご利用いただけます。


【主な機能】
・ SIM(UIM)スロットx 2搭載
・ GPS機能内蔵、デッドレコニング機能(※オプション)
・ 加速度センサー・ジャイロスコープ・磁力センサ機能対応
・ スマート電源マネジメント機能搭載: Wake on・イグニッション、RTCタイマ
・ mini-PCI Express拡張用スロット x 4
・ 米軍MIL-STD-810G準拠


【製品データシートはこちら】

リンク

【製品の詳細はコチラ】

リンク


【ネクスコム・インターナショナルおよびネクスコム・ジャパンについて】

ネクスコム・インターナショナル(本社:台湾新北市、代表取締役:楊建興)はARMやx86系をベースにした産業用組込みファンレスコンピュータや車載用コンピュータデジタルサイネージ向けSTB、ビデオ監視録画レコーダ、セキュリティープラットフォームを開発設計・製造するグローバルなコンピュータメーカーです。世界7か所に拠点を置き、世界各国の様々なニーズに対応するよう迅速なサービスを展開しています。

ネクスコム・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役:楊建興、以下ネクスコム)はネクスコム・インターナショナルの100%出資の子会社で、ネクスコム製製品の輸入販売と国内にて安心してお使いいただけるよう充実したサポートサービスを提供しています。


株式会社ネクスコム・ジャパン 会社概要
(1) 商号 : 株式会社ネクスコム・ジャパン
(2) 代表者 : 代表取締役 楊建興 (Peter Yang)
(3) 所在地 : 東京都港区芝4-11-5田町ハラビル9階
(4) 設立年月日 : 2000年12月4日
(5) 事業内容 : ネクスコムインターナショナル社の産業用PCなどの販売、及びサポート

お問合せ先
株式会社ネクスコム・ジャパン 営業部 
電話:03-5419-7830
メール:sales@nexcom-jp.com


※インテルおよびAtomは米国およびその他の国におけるIntel Corporationの登録商標です。
プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。