logo

国内初!定額制CDNサービスを提供開始。CDN料金が最大で5分の1に。

キャットストリーム 2013年10月31日 16時00分
From RELEASE PRESS



データセンター・ホスティング事業やコンテンツ配信サービス(CDN)の提供を行うキャットストリーム(本社;東京都世田谷区)は、2013年11月1日より従量課金を廃止し定額制とすることで、超過料金が発生することなく低価格で利用できるCDNサービスを提供することをお知らせ致します。
 近年では、取り扱うメディアが画像から動画へ変化すると同時に、ソーシャルゲームの普及によりダウンロードコンテンツの配信など、より多くのデータをインターネット経由で配信する必要性が増しています。ランディングページなど、高トラフィックが予想されるページに高速に対応することができる他、動画配信をはじめとする広帯域サービスなど、これまでネットワーク帯域やサーバースペックなどに起因していた技術面、費用面での多くの問題を低価格に解決することができます。

【特徴1】帯域は100Mbps対応 最大で150Mbpsまでバースト対応!
 
 100Mbps帯域保証のプランでは、月間転送量が約30TB前後まで利用する事ができ、従来のCDNサービスと比べ最大で運用コストを5分の1にすることが可能です。

【特徴2】独自の分散技術で高速配信

 従来のCDNは、アクセス元から最適な経路を選定し一番近い距離にあるサーバーからコンテンツを配信します。そのため、同一地域からの多数のアクセスが発生した場合、1拠点にアクセスが集中しレスポンスが低下する恐れがありました。
 キャットストリームでは、独自の技術によりアクセス元からの距離のほかに、各サーバー・ネットワークの利用状況と負荷をタイムリーに分析し、最適なアクセス先を選定致します。膨大なトラフィックを見込んでいるサイトや、キャンペーンページでフラッシュや動画などの大容量のコンテンツを取り扱い、同時に大量のトラフィックが見込まれるようなケースに対応でき、従来のCDNのように、特定の地域からのアクセスのみ、大幅にレスポンスが低下してしまうことを削減します。

【特徴3】主要都市にデータを複数分散 高可用性を確保

 主要都市に複数台構成で分散されている機器に、お客様のコンテンツデータをレプリケーションしているため、高い可用性を確保しています。


【キャットストリームについて】

 キャットストリームはより多くのお客様にお手頃な価格でコンテンツサーバーを利用していただきたいという考えのもと、外資系CDNベンダーや大手ホスティング会社からスピンアウトしたメンバーによって構成されました。近年では、ワイドバンド化が進みコンテンツに関しても膨大となる一方で、これらの効率化が必須だと感じています。キャットストリームはコンテンツ配信を基盤にこれからも本当に求められる製品を発信していきます。


【運営会社概要】
会社名;キャットストリーム
本社;158-0098 東京都世田谷区上用賀4丁目9-3
URL: リンク

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事