logo

ティントリジャパン、仮想化/クラウド環境ストレージの新製品と、管理プラットフォームを発表

ティントリジャパン合同会社 2013年10月30日 16時00分
From DreamNews

<報道発表>
2013年10月30日
ティントリジャパン合同会社

ティントリジャパン、仮想化/クラウド環境ストレージの新製品と、管理プラットフォームを発表
ネットワンパートナーズ株式会社、株式会社富士通エフサスとの協業により、国内販売およびサポート体制をさらに強化

仮想化およびクラウド環境に特化したストレージベンダーであるTintri, Inc.(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー、最高経営責任者:ケン・クライン、以下Tintri)の日本法人 ティントリジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、職務執行者社長:河野 通明、以下ティントリジャパン)は、本日、従来製品と比べて1システムあたり2倍となる最大2,000の仮想マシン(VM)をサポートする「Tintri VMstoreTM T600 シリーズ」および複数のVMstoreストレージを集中管理する新しいストレージ管理プラットフォーム「Tintri Global CenterTM」を発表いたします。Tintri VMstore T600 シリーズは本日より日本国内における出荷を開始いたします。

Tintri VMstore T600 シリーズには、特許取得のTintri FlashFirstTM デザインに基づき開発された「Tintri VMstore T650」および「Tintri VMstore T620」の2機種が含まれます。Tintri VMstore T650は1システムで最大2,000VMをサポートし、大規模データベースやビジネスクリティカルな基幹システム、1,000人以上の仮想デスクトップ(VDI)およびクラウド環境など幅広い用途で活用可能なハイエンドモデルです。Tintri VMstore T620は、1システムで最大500VMをサポート可能なローエンドモデルとして提供され、500ユーザ以下のVDIや中小規模のサーバ統合の用途に最適化されています。Tintriはすでに提供済みのTintri VMstore T540に加え、Tintri VMstore T600 シリーズを提供することにより、複雑なストレージ管理を排除し、規模を問わずあらゆる仮想化およびクラウド環境を最適化することを目的としたTintri Zero Management StorageTM ソリューションを拡充いたします。

Tintri VMstore T600 シリーズには新しいTintriオペレーティングシステム・ソフトウェア(Tintri OS) 2.1が搭載され、スナップショットやレプリケーションの機能強化をはじめ、SNMPv3、LACPのサポートによる運用・管理機能の強化およびファイルシステム改善によるパフォーマンス向上を実現しています。また、Tintri OS 2.1にはGUIベースのシステムアップグレード機能が搭載され、簡単な操作でバージョンアップを完了でき、その作業効率がさらに向上しました。Tintri VMstore T600 シリーズは、VMを理解・認識する業界初のVM-aware Storageアーキテクチャにこれらの機能強化を加えることで、管理者が仮想化環境におけるストレージの展開、設定、管理に要する時間をさらに削減し、よりビジネスに集中できるようにします。

Tintri Global Centerは、複数のTintri VMstoreシステムを1つのバーチャルアプライアンスとしてシームレスに集約するためのインテリジェントなストレージ管理プラットフォームです。Tintri Global Centerは、Tintri VMstoreシステムとVM全体における包括的なエンドツーエンドの稼働状況の可視化と管理を可能にし、最大32のTintri VMstoreシステムに対する監視およびレポート表示するための、単一かつ直感的でわかりやすいコントロールパネルを管理者に提供します。これにより、ストレージおよび仮想化管理者は、インフラストラクチャ全体を見渡し、一般的なパフォーマンスと構成などの問題に対処することができます。また、Tintri Global CenterはREST (Representational State Transfer) APIを採用しており、将来的には外部システムとのAPI連携を行うことでTintriのパートナーや企業のエコシステムの拡張を容易にします。

ティントリジャパンでは、年初より注力している国内販売およびサポート体制の強化の一環として、従来の東芝ITサービス株式会社、ノックス株式会社、丸紅情報システムズ株式会社、ユニアデックス株式会社に加え、新たにネットワンパートナーズ株式会社および株式会社富士通エフサス(50音順)との協業を開始いたしました。このパートナーシップの拡充によって、Tintri導入に関わるトータルソリューションの選択の幅が大きく広がりました。

Tintri VMstore T600 シリーズおよびTintri Global Centerは、Tintri販売代理店より購入いただけます。また、サポートサービスは購入先の販売代理店またはTintri認定サービスプロバイダより提供されます。

本日発表の製品を含む、Tintriソリューションの詳細および最新情報は、以下のURLを参照ください。

? Tintri VMstore T600シリーズ 製品ページ(日本語および英語)
リンク
? Tintri Global Center 製品ページ(日本語および英語)
リンク
? Tintri Zero Management Storage ホワイトペーパー(英文)
リンク

<主要製品概要>
・Tintri VMstore T650
Tintri VMstore T650は、単一のVMstoreシステムにおいて最大2,000VMをサポートするZero Management Storageです。大規模データベースやビジネスクリティカルな基幹システム、1,000人以上の仮想デスクトップ(VDI)、大規模なサーバ統合およびクラウド環境など幅広い用途でご活用いただけます。

・Tintri VMstore T620
Tintri VMstore T620は、単一のVMstoreシステムにおいて最大500VMをサポートするZero Management Storageです。500ユーザ以下のVDIや中小規模のサーバ統合など用途でご活用いただけます。

・Tintri Global Center
Tintri Global Centerは、Tintri VMstoreシステムとVM全体におけるエンドツーエンドの稼働状況の可視化と管理を可能にし、複数のTintri VMstoreシステム上で監視およびレポート表示するための、単一かつ直感的でわかりやすいコントロールパネルを管理者に提供します。

<価格(税抜)>
・Tintri VMstore T650:2,780万円(1システム単位)
・Tintri VMstore T620:1,480万円(1システム単位)

<出荷開始日>
・Tintri VMstore T650 / T620:2013年10月30日(水)
・Tintri Global Center:2013年第四半期後半


■Tintriについて
Tintriは、仮想化環境におけるストレージの複雑さを排除し、コストを最小化しつつ、仮想化環境を柔軟に拡張可能なTintri Zero Management StorageTMを提供しています。仮想化およびクラウドに特化して設計されたTintri Zero Management Storageは、VMを認識・理解する業界初のVM-Aware Storageアーキテクチャにより仮想化およびクラウド環境の特性にあわせたストレージインフラを実現します。Tintri VMstoreTM システムとTintri Global CenterTMを組み合わせることで、10倍以上の性能向上、仮想化環境の容易な拡張および高いIT生産性を極めて低いコストで提供します。Tintri Zero Management Storageは、AMD、F5 Networks、Kawasaki Motorsなど、数多くのグローバル企業で利用されており、仮想化環境への投資の最大限に貢献しています。
Tintriの詳しい情報については、リンク(英語)またはリンク(日本語)をご覧ください。また、Tintri公式ブログについてはリンク、ツイッターについては、リンク、フェイスブックについては、リンクをご覧ください。
米Tintriの日本法人であるティントリジャパン合同会社は、パートナー企業を通じて仮想化環境専用プライマリ・ストレージシステム「Tintri VMstore」および関連ソフトウェア製品の日本国内における販売および保守業務を展開しています。


■Tintri VMstoreシステムについて
Tintriの主要製品である「Tintri VMstoreシステム」は、特許取得のTintri FlashFirstTM デザインに基づき開発された仮想化およびクラウド環境向けに特化したTintri Zero Management Storageです。VMware製品とのAPI連携機能を持つ独自の専用ファイルシステムを搭載することで、仮想化環境における高いパフォーマンスと運用の簡素化、可視化を実現します。また、ディスクをフラッシュとSATAディスクのハイブリッド構成とし、99%以上のフラッシュヒット率を可能にするブロックの自動配置機能や、インラインの重複排除機能およびデータ圧縮機能、仮想マシンのオートアライメント機能、仮想マシン単位のQoSなどの先進技術の搭載により、低コストかつ高パフォーマンスな仮想化インフラの構築を可能にします。

* Tintri、Tintri VMstore、Zero Management Storage、FlashFirstおよび Tintri Global Centerは、米国Tintri社の商標または登録商標です。文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。


■本件に関するお問い合わせ先
ティントリジャパン合同会社 河野、村山
Tel. 03-3216-7345
E-Mail.info.japan@tintri.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。