logo

『ゲーム』『ローン・消費者金融・クレジットカード』『料理レシピ』に関する VOC(顧客の声)分析レポートを発売

「OKWave総合研究所」総研レポートを3分野で発売

株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(http://okwave.jp)に蓄積したビッグデータを基にVOC(顧客の声)分析等を実施するOKWave総合研究所から、生活者の悩みの傾向をまとめた『ゲーム』『ローン・消費者金融・クレジットカード』『料理レシピ』の総研レポートの発売を開始しました。http://www.okwave.co.jp/ri/

リンク

OKWave総合研究所では、Q&Aサイト「OKWave」に蓄積した2,900万件以上のQ&Aならびに1,200万件以上の「お礼」のデータと投稿者の属性データを基に、【デジタルライフ】【マネー、保険】【美容、健康、家庭】の3分野のVOC分析レポートを提供しています。
【デジタルライフ】では第六回「Q&Aサイト「OKWave」における『ゲーム』に関する疑問・相談」を、【マネー、保険】では第五回「Q&Aサイト「OKWave」における『ローン・消費者金融・クレジットカード』に関する疑問・相談」を、【美容、健康、家庭】では第四回「Q&Aサイト「OKWave」における『料理レシピ』に関する疑問・相談」をそれぞれ15万円(税込)にて提供します。

オウケイウェイヴでは、OKWave総合研究所を通じて今後も社会性の高いテーマや旬の話題をはじめ、生活者が疑問、悩みを解決しあえる場である「OKWave」で生まれたQ&Aを調査分析し、専門レポートを提供していきます。また、「QAラボ」(リンク)にて一般向けに分かりやすく解説するコンテンツも提供します。

■総研レポートのサマリー

■第六回「Q&Aサイト「OKWave」における『ゲーム』に関する疑問・相談」
2012年4月1日~2013年3月31日の1年間(2012年度)の『ゲーム』に関する5,429件の質問内容を分析し、必要に応じて2013年4月~8月(2013年度)の質問内容との比較を行いました。『ゲーム』に関する質問者の傾向は「OKWave」全体と比較して10代の男子学生が多い偏りが見られました。質問の傾向としては2012年度から2013年度にかけて、DS・3DSについては性別・年代問わず質問数が他のカテゴリと比較して大きく減少していました。またPS2・PS3については女性および10代からの質問数が減少していました。2012年度の質問傾向から見る年代別の分析では20代はPCゲームに、30代は特に「ドラゴンクエスト」シリーズに対して高い関心を持っていることが分かりました。また、「ドラゴンクエスト」シリーズについて30代は最新のものだけでなく、様々なシリーズ作に対して興味・関心を持っている様子が見られ、ゲームを懐かしいと感じる傾向も見られました。

■「第五回「Q&Aサイト「OKWave」における『ローン・消費者金融・クレジットカード』に関する疑問・相談」
2012年7月1日~2013年6月30日の1年間の「ローン」「消費者金融・債務整理」「クレジットカード」に関する1,715件の質問内容を分析し、必要に応じて過去年度のデータとの比較を行ないました。「ローン」に関する質問では住宅ローン関連が最も多く、質問数は1月から3月にかけて増加する傾向が見られました。住宅ローン関連の質問数や質問内容に男女差は少なく、年代では30代が最も多く見られました。第2次安倍内閣発足後の2013年1月~3月は、住宅ローンの金利上昇を警戒するような質問が多く見られました。「消費者金融・債務整理」に関する質問は、貸金業法が段階的に導入された2007年から2010年の期間に「過払い請求」への関心が高まっていましたが2011年以降は減少に転じました。2007年は20代の女性からの過払い請求の質問が多かったのが、2012年には40代以上の男性からの質問が多くなり、過払い請求をする人の属性傾向の変化が見られました。「クレジットカード」では質問内容を分析すると女性は流通系カード、男性は銀行系カードを好む傾向が見られました。また、質問の傾向からはカードのポイント還元率については男性の方が関心が高いように見受けられました。

■第四回「Q&Aサイト「OKWave」における『料理レシピ』に関する疑問・相談」
2012年4月1日~2013年3月31日の1年間の「料理レシピ」「素材・食材」に関する3,316件の質問を分析した結果、女性は「手元にある食材で作ることができる料理のレシピを調べる」のに対して、男性は「作りたい料理を決めてから必要な食材を探す」という逆のアプローチをするケースが見られました。働く女性は、主婦よりも手作りパンやお菓子のレシピに関心が高く、魚料理や肉料理への興味は主婦の方が高い傾向が見られました。また、主婦は質問する背景に「献立を考えることに疲れた」という主婦特有の悩みも導出されていました。男性では、定年退職後に料理に目覚める人が多いとみとめられる記述が多く見られました。60代以上のシニア世代男性は、流行の食材を取り入れて日常的に料理をしている人が多く、食材の価格にも敏感な傾向も見られました。一方で10代と20代の男性は、年長世代よりもお弁当やお菓子へのレシピへの関心が高く、いわゆる「お弁当男子」や「スイーツ男子」という言葉を証明する形ともなりました。

■株式会社オウケイウェイヴについて リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「“ARIGATO”で世界をつなぎ幸せで満たす」ことを企業理念に、ソーシャルメディアの特長をいち早く取り入れた日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(リンク)を2000年1月に正式公開しました(月間PV:1億4,000万以上※2013年6月末現在、PCサイト)。2,900万件以上のQ&Aデータベースを大手ポータルサイトなど約80サイトが活用する他、企業の顧客サポート用途に「OKCorporation」を提供しています。また、「OKWave」の運営ノウハウを基にした、特許を有するFAQシステム「OKBiz Support」を大手企業、自治体など250サイト以上に導入し、市場シェアNo.1を長年維持しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月に米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、日本マイクロソフト株式会社との協業事業のモノのまとめサイト「myFave」(リンク)、ナレッジマーケット「High500」(リンク)、ナレッジ共有サイト「OKGuide」(リンク)、リアルタイムQ&Aサイト「おけったー」(リンク)、ソーシャル多言語コミュニティ「OKWave ありがとう」(リンク)、ライフログソーシャルメディア「exstamp」(リンク)、モバイルでの有料の専門家相談サービスなど、Q&Aを軸にした感謝の気持ちでつながるサービスを提供しています。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

OK総研レポート『ゲーム』

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。