logo

Cloudera、Hadoopとクラウドの融合のための新たなパートナーシップを発表

Cloudera株式会社 2013年10月30日 15時13分
From PR TIMES

~業界をリードするクラウドソリューションプロバイダとの戦略的パートナーシップ、Cloudera Connect : Cloudにより、イノベーションの加速化を実現~

カリフォルニア州パロアルトおよびNY州ニューヨーク発(現地時間2013年10月28日) - Apache Hadoop(TM)による企業のデータ分析、管理の第一人者であるClouderaは、Strata Conference + Hadoop World 2013において、新たなCloudera Connect: Cloudを発表しました。
これは、パブリッククラウド環境における Hadoop のデプロイをサポートするために拡張された Cloudera Connect Partner Program です。Verizon Enterprise Solutions、 Savvis (CenturyLinkグループ会社)、 SoftLayer (IBMグループ会社) 、そして T-Systemsといった、最先端のクラウドソリューションのプロバイダーが既にプログラムに参加しています。


Cloudera Connect: Cloudの紹介

Hadoopの採用が進むにつれ、組織がビッグデータソリューションに対し求めることも増えてきています。エ ンタープライズの世界では、ミッ ションクリティカルなアプリケーションに対し、柔軟性とアクセスの良さを求め続けます。そして今や、クラウドのメリットとApache Hadoopプラットフォームのデータプロセス及び分析力が組み合わさることを求めています。これまでは、基本的にローカルのハードウェアで実現されてい たことです。Hadoopの全機能をクラウド内に統合するにあたり、Clouderaは、新しいクラウドサービスとソリューションプロバイダーを取り込むため、Cloudera Connect: Cloudとして、パートナープログラムを拡張しました。

「クラウドは未来のエンタープライズにおいて、重要な役割を果たすでしょう。そしてClouderaとHadoopはその未来の一部なのです。」と、Clouderaの事業開発担当副社長のTim Stevens氏は述べています。「我々 は、ビッグデータ対応における、お客様のより高度な要望を解決することに全力を尽くします。それによって、お客様がより大きな問題設定を投げかけることができ、データからより高度なインサイトを、一つの、統合されたエンタープライズデータ管理プラットフォームから(どこにいたとしても)手に入れられるようになるのです。」 Clouderaの実に様々なパートナーエコシステムは、データに関する難しい問題の解決を求めるお客様が要求する、革新性と多様性を提供する手助けとなっています。

この新たなプログラムは、お客様からのクラウド環境でHadoopのデプロイを最大活用したい、というニーズに応えるようデザインされたものです。デプロイ、利用方法、ベンダーの選択において、最大限の柔軟性を提供しています。第一線のクラウドソリューションプ ロバイダーの強固なエコシステムとの統合に支えられることで、Clouderaは今、クラウドをベースにした環境でのデータ管理と分析をサポートするための幅広いパートナーソリューションをご提案します。Cloudera Connect: Cloudプログラムの提携企業は以下になります。

Verizon Enterprise Solutions
Savvis ( CenturyLink グループ会社)
SoftLayer (IBMグループ会社)
T-Systems

「Hadoop が主流になる中で、エンタープライズのお客様にとって、オンプレミスにするかクラウドにするかの決定を、データ管理ソリューションのベンダーに依存するよ りも、特定の要求に最も適合するインフラを活用できるような柔軟性と自由度が不可欠なのです」とCloudera の最高技術責任者、Amr Awadallah氏は述べています。「最 終的には、Clouderaはクラウドに特化した一連のサービスを構築する一助となってくれる企業との戦略的提携に投資したいと思っています。複数のクラ ウドベンダーと提携し、お客様がもてる選択を多数用意することで、お客様にとって理想的なクラウド上へのHadoopのデプロイを可能にしたいと考えてい ます」

また、Clouderaは近い将来、Amazon Web Services (AWS)へのデプロイ、また、OpenStackとVMwareを利用したプライベートクラウドへのデプロイのサポートも行う予定です。弊社の長期目標は、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのデプロイの間でClouderaの製品スタックが垣根なく動作できるような、ハイブリッドモデルを採用することです。クラウド内のHadoopへの包括的なサポートを広げる計画と共に、様々なパートナーエコシステムを築くことによって、 Clouderaはお客様にとってHadoopがよりエンタープライズに適した用途とアプリケーションとなるお手伝いをしたいと考えています。Cloudera Enterpriseは常に、データやワークロードがどこにあったとしても、次世代のエンタープライズデータ管理・分析の業界における標準であり続けます。

Cloudera Connect: Cloudの提携企業

Verizon Enterprise Solutions マーケティング最高責任者 John Harrobin氏 「ベライゾンは、エンタープライズクラウド、そして最近我々が発表した次世代クラウドVerizon Cloud を創り出しました。他のエンタープライズレベルのクラウドサービスがデプロイ出来る基礎を作っています。このエンタープライズクラウドテクノロジーのエコシステムはそのパフォーマンスの無比のコントロールと相まってお客様のビジネス全体を高めることが可能です。Clouderaは、そのプラッ トフォームが示す歴然としたエンタープライズの機能、そして要求の多いお客様と向き合っているという点両方において、弊社の環境に最高のパートナーです。」

Savvis(CenturyLink のグループ会社) グローバルソリューションマネジメント副社長 Steve Garrou氏 「エンタープライズは、ビッグデータソリューションが提供する価値を解放するために、信頼性があり、ハイパワーなコンピューターソリューションを必要として います。こういった機能を具現化するためにも、この業界は、継ぎ目なく動作し合い、信頼性があり、スケールし、セキュアなプラットフォームを提供するこ とに尽力しなくてはいけません。SavvisとClouderaのコラボレーションは、柔軟で完全に管理されたソリューションを通じて、組織が様々な情報管理とビッグデータの要件を満たすことが可能になります。」

Softlayer(IBMのグループ会社) 商品開発部副社長 Marc Jones,氏 「Clouderaとのパートナーシップを通じ、クラウド内において最良の方法で厳しいワークロードに挑戦出来るパフォーマンスと柔軟性をエンタープライズに提供しています。我々の強固なクラウドインフラ上にCloudera 5を走らせることにより、ユーザーは真のデータハブを構築するための確実な土台を手に入れたのです。」

T-Systems ビッグデータ副社長 Christian Wirth氏 「クラウドサービスとして導入されたビッグデータハブソリューションは事業の重要データを管理する際、柔軟性とスケーラビリティを与えました。我々は Clouderaのパートナーになり、このクラウドベースのビッグデータソリューションを市場に送り出すことが出来、大変光栄です。」


Cloudera Connect: Cloudやチャーターパートナーの詳細は、こちらをご覧ください。
リンク /cloudera-connect-cloud.html
ビッグデータのためのClouderaが提供するプラットフォームの詳細につ いては、こちらをご覧ください。
リンク


<Clouderaについて>

2008年設立。Clouderaは、徹底的な検証を重ね、商用・非商用環境を問わず、世界で最も幅広く採用されているApache Hadoopディストリビューション「CDH」で、企業向けHadoop市場を開拓してきました。Clouderaは現在、ビッグデータ・プラットフォームである「Cloudera Enterprise」によってデータマネジメントソリューションを再定義し、すべてのデータに対する「Ask Bigger Questions(TM)」の実行と、より機知に富んだ実行可能なインサイトの迅速かつ容易な獲得を実現することで競争優位性をもたらす「価値」を提供し、企業を支援しています。また、Apacheオープンソースプロジェクトのトップコントリビュータとして、データプロフェッショナルの教育・育成を牽引しています。
700を超えるハードウェア/ソフトウェアベンダー及びサービスパートナーがClouderaと共に、さまざまな企業、組織のビッグデータ処理のお手伝いをしています。何万ものノードを管理し、さまざまな業界にまたがって数百ものお客様をもつClouderaは、エンタープライズにおけるHadoopの標準化を進めるカテゴリーリーダーとなっています。

▼Cloudera の情報は下記よりご覧いただけます。
・ウェブサイト(日本語): リンク
・ブログ(日本語):リンク
・Twitter(日本語): リンク
・Facebook(日本語): リンク


<報道関係者の方からのお問い合わせ先>

Cloudera株式会社
マーケティング担当:木林
press-jp@cloudera.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事