logo

◎国際教育改革サミット、ヴィッキー・コルバート氏が2013年度WISE教育改革賞を受賞

国際教育改革サミット 2013年10月30日 15時20分
From 共同通信PRワイヤー

◎国際教育改革サミット、ヴィッキー・コルバート氏が2013年度WISE教育改革賞を受賞

AsiaNet 54834

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

2013年10月30日

国際教育改革サミット、
ヴィッキー・コルバート氏が2013年度WISE教育改革賞を受賞


*2013年10月29日にカタール、ドーハで発表されたプレスリリースの抄訳です。

革新的アプローチを通じて教育の未来を拓くことを目的とする国際教育改革サミット(World Innovation Summit for Education、以下WISE)は、2013年度「WISE教育改革賞」の受賞者を発表し、エスクエラ・ヌエバ・ファウンデーションを創設した、コロンビア人のヴィッキー・コルバート(Ms. Vicky Colbert)氏が受賞しました。コルバート氏はコロンビアや他の地域において、恵まれていない子供たちへの教育の質を効果的に高めることで知られる、エスクエラ・ヌエバ教育モデルの共同創設者です。


このマルチメディアニュースリリースの以下のサイトをクリックで閲覧できる。リンク

2013年度WISE教育改革賞は、カタール財団の議長であるシェーハ・モザ妃殿下よりWISEサミットの開会式にて表彰されました。WISEサミットには教育分野の専門家、政府やNGOの代表、大手企業の幹部、社会起業家など世界的に活躍するイノベーター1,000人以上が100ヵ国以上から集結します。

2011年に発足したWISE教育改革賞は、あらゆる教育分野を対象に、顕著で持続的な影響力を持ち、革新的かつ先見的なアプローチを示した成果に対し授与されます。受賞者には賞金50万米ドルと金メダルが授与されます。

1975年にコロンビアの地方で発足されたエスクエラ・ヌエバ教育モデルは、ボトムアップのアプローチで、地方で経験のある教育者を集めることで、最高レベルの教育を実現しました。このアプローチを主導するため、コルバート氏は地域、家庭、教育者、研究機関、政策立案者をつなげる重要な役割を果たしました。このユニークな教育モデルは、1980年代にコロンビアの国策になり、様々な地域で展開されました。それ以来、世界各国において実施され、世界銀行や国連などの組織に、発展途上国における最も有効な社会政策の一つとして認識されています。

WISE議長のアブドゥッラー・ビン・アリ・アール・サーニ博士は次のように述べています。「ヴィッキー・コルバート氏は、教育を活性化させるために尽力し、生徒を中心に考えた効率的で適切な教育メソッドを、教師、家庭、あらゆるコミュニティをプロセスに巻き込み実施してきました。彼女が成し遂げたことは、中南米をはじめ多くの地域に大きな影響を与え、あらゆる人が質の高い教育を受けられる環境を作りました」

 WISE教育改革賞を受賞した、ヴィッキー・コルバート氏は次のように述べています。「2013年度WISE教育改革賞を頂くことができ、とても光栄に思います。今回の受賞で、あらゆる子供が教育を受けられる環境を作り、生涯に渡り学び続けることが人生において重要であることを改めて認識しました。そして、学習できる環境は、正しいツールさえあれば、生徒と教師が創り出せることを示しています」

政治紛争により数十年も国が苦しめられたにも関わらず、コルバート氏は休むことなく静かな革命家として教育を通じ、子供達に機会提供をするため努力してきました。今日までエスクエラ・ヌエバはブラジルやメキシコを含む中南米、カリブ海地域、東ティモール、ベトナムで実施されており、5億人以上の子供に教育を提供しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事