logo

女性が活躍する職場はワーキングマザーのサポートも手厚い傾向に

株式会社リクルートジョブズ 2013年10月30日 13時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートジョブズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:柳川昌紀)が企画運営する、
女性のための求人・転職サイト「とらばーゆ」が、2013年上半期における
「産休・育休が取りやすい職種と業種ランキング」を調査いたしましたのでご報告いたします。


■産休・育休が取りやすい業種別ランキング
【1位】銀行・証券・保険 … 47.3%
【2位】商社・小売・専門店 … 28.1%
【3位】その他製造業 … 26.4%
【4位】ファッション関連業 … 23.9%
【5位】サービス … 19.2%
ランキングの続きが気になる方はこちら
リンク


『とらばーゆ』に掲載された求人広告を見てみると、
銀行など、大きな会社になると産休・育休制度がしっかり浸透しており、申請もしやすいようです。
また、ファッション関連業など女性が多い職場では、産休・育休制度を利用している人が多く、
実例があるからこそ、取りやすいという理由もあるようです。



■産休・育休が取りやすい職種別ランキング
【1位】販売・ショップスタッフ(コスメ・化粧品) … 48.4%
【2位】助産師 … 44.7%
【3位】臨床検査技師・臨床工学技士 … 37.6%
【4位】薬剤師 … 37.4%
【5位】看護師 … 35.6%


1位になったコスメ・化粧品系の販売・ショップスタッフは、
職場に女性が多いことから産休・育休制度の導入がしっかりされ、
また、実際にとりやすい環境が作られているようです。

2位から5位までは、なんとすべて医療関連。
こちらの職種も女性が多く、かつ育児と両立しながら働ける仕事なので、
出産後も継続就業しやすいのかもしれませんね。


記事の全文をご覧になられたい方はこちら
リンク



▼産休・育休取得実績ありの求人情報
リンク

▼『とらばーゆ』について
リンク

▼リクルートジョブズについて
リンク

――――――――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事