logo

IMJ、マーケティング投資最適化ソリューション「ThinkVine」 日本語版の提供開始

マーケティング投資最適化ソリューション
「ThinkVine」 日本語版の提供開始


株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:櫻井 徹 以下、IMJ)のMarketing & Technology Labs(以下、MTL)は、業務提携をしているThinkVine社(本社:米国 オハイオ州シンシナティ CEO:マーク・バタグリア)が提供する、マーケティング投資最適化ソリューション「ThinkVine」の日本語版を2013年10月30日より提供開始いたします。

科学的な意思決定の必要性が高まる現在、増え続けるメディアや複雑化する生活者の行動を正確に捉え、複数のマーケティング投資計画から得られる売上およびROIを正確に予測できる「ThinkVine」は、CMOやマーケティング担当者にとって、必要不可欠なサービスと考えられます。
また、先進事例の多いアメリカでは、「ThinkVine」を導入した企業はマーケティングROIが平均30%の増加を見込める結果を得ています。

ThinkVine社のマーク・バタグリアCEOは、「市場競争の激化に加え、生活者のブランド選択や購買行動の急速な変化が、ローカルおよび多国籍企業に対し、スマートなマーケティング投資の意思決定の必要性を促している。「ThinkVine」のローカライズは、正確かつ機敏なマーケティングの分析・計画・予測への需要の高まりに対応する必然的なステップであり、これにより、さらに多くのCMOやマーケティング担当者が、売上やROI向上のためのマーケティング計画を迅速に立案できるようになる。」と話しています。

MTLでは、2012年より、「ThinkVine」を利用したマーケティング投資最適化ソリューションを提供しております。 今回の日本語化に伴い、日本企業へのサービスをさらに強化・拡大するとともに、メディアの購買機能を持たないMTLでは、特定のメディアに偏らず第三者的に評価・分析し、企業のマーケティング投資最適化の実現を支援いたします。

IMJ Marketing & Technology Labs(R) (リンク

IMJ Marketing & Technology Labs(R) は、IMJグループにおいて、
Data Driven Marketing(R)の実現を通じて、クライアント企業のデジタルマーケティングを支援するマーケティング・サービス・プロバイダー(MSP)です。データプラットフォーム設計やマーケティングROI最大化のための最適化コンサルティングサービスを提供いたします。デジタルマーケティングに関する全領域のプロフェッショナルがMTLに在籍しているため、部分最適ではなく全体最適視点でのサービス提供や適切な予算配分の提案ができることが特徴です。 また

各社概要

ThinkVineについて (リンク
ThinkVine社(シンクバイン)は、4Pに代表されるマーケティングミックス分析のソリューション販売、およびエージェントモデルを駆使し、仮想生活者パネルを使い、実際の生活者行動をシミュレートすることで、生活者インサイト導出に注力したコンサルティングサービスを展開しています。

株式会社アイ・エム・ジェイについて (リンク
インターネット領域に軸足をおき、Web及びモバイルインテグレーション事業における豊富な知見・実績を強みに、スマートフォンを含むマルチデバイス対応、更には戦略策定・集客・分析(Webデータ解析・効果検証等)まで様々なソリューションをワンストップで提供することで、顧客のデジタルマーケティング活動におけるROI(投資対効果)最適化を実現いたします。 ※ 文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。 ※ この情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。 ※ 画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。


本件に関するお問合せ先

サービスに関するお問合せ先
株式会社 アイ・エム・ジェイ
Marketing & Technology Labs  担当:石井
TEL:03-6415-4268 e-mail:ask_mtl@imjp.co.jp

報道機関からのお問合せ先
株式会社アイ・エム・ジェイ
ブランド・コミュニケーション室 広報グループ
TEL:03-6415-4257 E-mail:irpr@imjp.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。