logo

◎Bluetooth SIGとA4WP、スマートワイヤレス充電ステーションに関する覚書を締結

Alliance for Wireless Power (A4WP) 2013年10月30日 10時50分
From 共同通信PRワイヤー

◎Bluetooth SIGとA4WP、スマートワイヤレス充電ステーションに関する覚書を締結

AsiaNet 54833

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

Bluetooth SIGとAlliance for Wireless Power (A4WP)、スマートワイヤレス充電ステーションに関する覚書を締結

・Bluetooth(R)Smartで素早く確実な電力管理をA4WPユーザーに提供
・コンシューマ向け電子機器カテゴリ「スマートワイヤレス充電ステーション」確立へむけ普及促進

東京, 2013年10月30日―  Bluetooth Special Interest Group (本部:米国ワシントン州カークランド、以下 Bluetooth SIG - リンク)と Alliance for Wireless Power (以下、A4WP - リンク) は、コンシューマ向け電子機器「スマートワイヤレス充電ステーション」の確立と協力に関する覚書を締結したと発表しました。

その第一歩としてBluetooth SIGは、Universally Unique Identifier (UUID)をA4WPのシステム設計基準(Baseline System Specification 以下、BSS)に提供しました。A4WPのBSSは、A4WPの充電ステーションとA4WPが認証したスマートフォンなどの機器間のセッション管理および電力制御にBluetooth Smartの無線通信規格を利用します。

Bluetooth SmartとA4WPの規格が緊密に統合される利点は、以下のとおりです。

・充電機の上に機器を置くだけで素早い充電ができる。
・同時に複数の機器を充電する場合、特定の機器だけを優先的に充電するといった高度な電力制御機能を活用できる。
・OEMや開発会社は、スマートワイヤレス充電ステーションを活用した新しいアプリケーション(モバイルペイメント、ロケーションに応じたサービス等)を実現できます。

A4WPのプレジデントであるカミール・A・グライスキ博士は本提携について次のように述べています。「Bluetooth Smartは、A4WPの基盤となる技術です。Bluetooth Smartを磁界共鳴方式ワイヤレス電力伝送技術(Magnetic Resonant Wireless Power Transfer Technology) と結びつけることによって、一つの充電ステーションで多数の端末を同時に充電できるほか、テーブルの上やデスクトップ、車載などの設置場所に自由度を持ち、充電可能な機器の種類がワイヤレスヘッドフォン、スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコンと非常に多岐に渡ることで、A4WPは次世代のユーザーエクスペリエンスを提供します」。

Bluetooth SIGのスーク・ジャワンダCMOは本提携について次のように述べています。「A4WPのワイヤレスパワーテクノロジーにBluetooth Smartを採用することによって、ワイヤレス充電とは何か、ワイヤレス充電が何に役立つのか、全く新しい発想をもたらします。そして、ワイヤレス充電機に接してさえすればワイヤレス電子機器によるサービスやコミュニケーションの世界に新しい可能性を切り開くことができます。それは、食事の注文や支払いをしながらでも、電話をテーブルにおいてさえいれば実現可能なのです。ありとあらゆる可能性がこの提携を通じてより現実的なものになります。」
Alliance for Wireless Powerについて
Alliance for Wireless Power (A4WP)は国際的な業界団体で、世界的なリーダー企業であるBroadcom、Gill Industries、IDT、Intel、Qualcomm、SamsungおよびSEMCOによりボードメンバーを構成しており、加盟企業はこの1年間で12社から約70社に増えました。A4WPの目的は、携帯電話、スマートフォン、タブレット端末、ネットブック、ラップトップなどの携帯型電子機器のワイヤレス充電を実現することで、場所を選ばないユーザーエクスペリエンスや工業設計を可能にするワイヤレスパワートランスファーのエコシステムを作りだすことです。A4WPのワイヤレス充電が可能にするユーザーエクスペリエンスは以下のURLでご確認ください。
リンク

Bluetooth(R) 無線技術について
Bluetooth無線技術は、幅広い電子機器を簡単な操作で接続することができる世界的な無線標準です。Bluetooth Smart Ready 対応と Bluetooth Smart 対応デバイスは、低消費電力を特徴とする更新可能なプラットフォームであり、携帯電話、家電、パソコン、自動車、医療と健康、スマートハウスなどの領域で新しい可能性を創出します。20 億を超える年間出荷台数を誇る Bluetooth 技術は、世界中の開発者、製品メーカー、消費者に実証されたワイヤレスソリューションを提供できる唯一の技術です。Bluetooth SIGは、業界をリードする企業を中心に 19,000 を超えるメンバーが参加する団体であり、Bluetooth 無線技術でのコラボレーション、技術革新、普及推進に取り組んでいます。詳細については、www.bluetooth.com をご覧ください。

<本件に関する報道関係者からの問い合わせ先>
株式会社アクティオ
TEL: 03-5771-6426
担当:有本、本間
e-mail: sig@actioinc.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。