logo

◎シチズンズ・オブ・ヒューマニティが日米でネット販売を開始

シチズンズ・オブ・ヒューマニティ 2013年10月29日 10時25分
From 共同通信PRワイヤー

◎シチズンズ・オブ・ヒューマニティが日米でネット販売を開始

AsiaNet 54766
共同JBN 1274 (2013.10.28)

【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)2013年10月28日PRN=共同JBN】ロサンゼルスの高級デニム・ブランド、シチズンズ・オブ・ヒューマニティ(Citizens of Humanity)が日本、米国でネット販売を行い、それぞれに出荷することになった。ウェブサイトでは女性用、男性用の「Holiday 2013」コレクションが販売されるが、同社の慈善映画コラボレーション活動「Just Like You」を元に作られた限定版の商品を含め、ここだけにしかない商品もある。11月終わりには、同社はプロ・サーファー、カシア・メドー氏のカスタム・サーフボードを含め複数のパートナーとの協力による商品ラインアップ「Things We Love」を発表する予定。

(Photo:リンク

過去10年にわたり、シチズンズ・オブ・ヒューマニティは強力な製品群で同社の価値観を明確にしてきたが、同社はネット販売も配慮が行き届き、永続的で、かつ全体的なブランドの位置づけと合ったものにするために開始時期を考慮してきた。ウェブサイトで販売される商品の多くは現在、セレクトショップで部分的にしか売られておらず、顧客はコレクション全体がどうデザインされているかを見ることはできなかったものだが、今後ブランドの名を冠したネット販売サイトでラインの全体像およびビジョンを見ることができるようになるのは自然な流れである。

同社のエイミー・ウイリアムズ社長は「シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ブランドが発展段階の次のステップに進むことになり喜んでいる。当社は当社のすべての製品ラインアップ、ブランドイメージ、そして特別なクリエーティブ・メッセージを顧客と分かち合いたいと思っている。関係するブログ、販売のアフィリエート各位との間のパートナーシップをさらに緊密な関係にするのも今回のプロジェクトの重要な一部でもある」と述べた。

同社ウェブサイトはLinkShare、rewardStyleなどのサービスを使ってブロガーや選ばれたアカウント・パートナーとのアフィリエート・プログラムを推進することになっている。今回のネット販売開始に当たって、シチズンズ・オブ・ヒューマニティ製品を250ドルまたはそれ以上買い上げた顧客はブランド創業者兼最高経営責任者(CEO)ジェローム・ダーハン氏の限定版「ディア・ダナ」カスタム・デザインTシャツを在庫があるかぎりもらえることになっている。さらに、同ウェブサイトでは個々の顧客の必要に合わせて裾上げのカスタムサービスを提供する。

日本ではこのブランド製品に対して大きな反響があり、ビジネス的にも堅調である。洗練された日本の顧客に合わせ、同社チームは複数の強力な卸売りパートナーと組んでシチズンズ・オブ・ヒューマニティの完全な経験を提供する努力を続けて来ており、ネット販売も米国と同時に開始し、11月には東京に最初の独立店舗もオープンする予定。

▽シチズンズ・オブ・ヒューマニティについて
シチズンズ・オブ・ヒューマニティは2003年に創立され、先端的なデニム・スタイル、着やすさ、妥協のないフィット感でファッション業界を魅了した。創立者のジェローム・ダーハン氏はデニム業界で25年以上の経験を持ち、高級デザイナー・デニムを初めて世に出した本当のビジョナリーである。シチズンズ・オブ・ヒューマニティは年間100万本以上のジーンズをデザイン、製造、販売しているが、比類のない製品作りを目指してウォッシュ加工を社内で行っている。シチズンズ・オブ・ヒューマニティは35カ国以上の1300を超す小売店で扱われているが、その中にはCurve、Fred Segal、Scoop、Madison、Anthropologieなどの高級スペシャルティ・ブティック、Shopbop.com、MyTheresa.comなどのオンラインストア、バーニーズ・ニューヨーク、バーグドーフ・グッドマン、ニーマン・マーカス、ブルーミングデールなどの高級デパートがある。詳しい情報はウェブサイト(www.citizensofhumanity.com)および(www.cohjapan.jp)を参照。

ソース:Citizens of Humanity

▽問い合わせ先
Marina Morrison-Keiler, mkeiler@citizensofhumanity.com, +1-310-432-4540

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。