logo

LTE/3G対応無線ルーター「SkyBridge MB-A100」シリーズを発売

セイコーインスツル株式会社 2013年11月05日 10時39分
From 共同通信PRワイヤー

2013年10月29日

セイコーインスツル株式会社

LTE/3G対応無線ルーター「SkyBridge MB-A100」シリーズを発売
~ これからのM2Mに 高速無線通信環境を提供 ~

セイコーインスツル株式会社(略称:SII、社長:村上斉、本社:千葉県千葉市)は、高速データ通信規格LTE/3G*1に対応したM2M*2向け高速無線ルーター「SkyBridge MB-A100」シリーズ(以下「MB-A100」)を11月より発売いたします。
従来のワイヤレスM2M通信は、高速通信や速い応答速度を必要としない、自動販売機や各種計測器などの遠隔監視や保守などに使用されていましたが、近年LTEの普及や高速通信が可能な端末機器の普及に伴い、M2Mマーケットにおいても、高速データ通信の需要が急速に高まり、サービスも多様化しています。
新商品「MB-A100」は、国内で初めて*3 LTE/3Gともにプラチナバンドに対応し、つながり易く、大容量データの高速通信を少ない遅延で安定して使えるモバイル通信環境を提供します。大容量データ通信が必要とされる映像監視等の分野、高速な通信が求められるオンライン決済におけるシンクライアントシステム*4のゲートウェイとしての活用など、これからのM2Mの可能性を広げるルーターです。
「MB-A100」は、Wi-Fiアクセスポイント機能を備えたことで、普及が広まりつつあるが接続環境が十分整備されてない業務用スマートデバイスに対し、Wi-Fiによる接続環境を提供できます。
また、WAN回線をLTE/3Gだけでなく、有線WANにも対応させたことで、LTE/3Gネットワークに加え、有線ブロードバンド回線をWAN回線として利用することが可能となります。これにより、有線WAN、無線WANそれぞれバックアップ回線として利用することができます。
設置・運用性に関しても配慮しており、アンテナを内蔵させることで、外部アンテナを削減するだけでなく、これまで課題であった外部アンテナ引き回しの設置コスト・手間を低減することも可能です。また、豊富な遠隔監視・制御機能を提供することで遠隔地にある多数の装置を容易に管理することができます。

*1 LTE・・・Long Term Evolutionの略で、第3世代(3G)の拡張版(3.9G)であり、データ通信を高速化した規格。
*2 M2M・・・Machine to Machineの略で、ネットワークにつながれた機器同士が、互いに情報を交換し、さまざまな制御を自動的に行う仕組みやコンセプトのこと。
*3 2013年10月現在、当社調べ。
*4 シンクライアントシステム・・・クライアント端末は必要最低限の機能だけを持ち、主にサーバ(データセンター)側で処理を行うシステムのこと。

 
【主な特長】
1.LTE/3Gに対応、高速・低遅延なデータ通信
株式会社NTTドコモのXi(LTE)ネットワークに対応し、受信時最大100Mbps、送信時最大37.5Mbpsの超高速データ通信が可能です。また、FOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)ネットワークに対応し、受信時最大14Mbps、送信時最大5.7Mbpsの高速データ通信も可能です。
*MB-A100は、株式会社NTTドコモのネットワークを活用する各社MVNO事業者にも対応しております。

2.プラチナバンド・広い通信エリアで、どこでもつながり易い
LTE(Xiの通信方式)では、2.1GHz (Band1)、800MHz (Band19)、1.5GHz (Band21)の周波数帯に対応しております。3G(FOMAハイスピードの通信方式)では、2.1GHz (Band1)のFOMAエリアに加え、800MHz (Band6、19)のFOMAプラスエリアの周波数帯にも対応しており、広いエリアでの使用が可能です。

3.Wi-Fiアクセスポイント機能を搭載し、スマートデバイスと接続可能
Wi-Fi(802.11 b/g/a/n)アクセスポイント機能を搭載し、スマートフォン・タブレット等のスマートデバイスをはじめ、さまざまなWi-Fi対応機器との接続が可能です。
*Wi-Fiはオプションで選択できます。

4.WAN側回線は無線・有線の両方をサポート
LAN x 2ポートのうち1ポートは、WAN用のポートとして切り替えが可能で、LTE/3Gネットワークに加え有線ブロードバンド回線をWAN回線とし利用することが可能です。

5.内蔵アンテナ搭載で設置が容易
コンパクトな本体に LTE/3G用のアンテナが内蔵されています。そのためお客様がアンテナを別途購入する必要がなく、外部アンテナ設置のコスト・手間をかけずに、本体のみで通信が可能です。
*外部アンテナ用のコネクタも装備しているため、アンテナと本体を別々に設置することも可能です。

6.LEDのアンテナバーで電波状態を簡単に確認可能
各種コネクタを一面に集中することで、設置面積をより少なくしました。
また、現在の通信種別(LTE/3G)や、4段階のアンテナバーで電波強度を表示できるため、設置場所を決定する際など役立ちます。

7.コンパクトなサイズで縦置き・横置きが可能
約130(W) x 100(D) x 28(H)mmの本体で、ステーを取り付けることで、縦置き、横置き、壁掛けの設置が可能です。

8.GLONASS対応でより安定した位置測位が可能
本体のみで位置測位機能が使えます。従来のGPS(アメリカ)に加え、GLONASS(ロシア)に対応しているため、安定して測位しやすくなります。またスタンドアローンモードにも対応し、LTE/3Gの電波が圏外であっても衛星(GPS/GLONASS)からの情報のみで位置測位を行うことが可能です。

9.ショートメッセージサービス(SMS)の送受信、緊急通報の受信が可能
ショートメッセージサービス(SMS)の送受信に対応しており、少量データの送受信を行うことが可能です。また、緊急地震速報、津波警報、災害非難情報等の緊急速報を通知するCBS/ETWSに対応した緊急速報の受信が行えます。

【用途例】
在庫管理、セキュリティ端末、決済端末、車両運行管理、映像監視、通信機器など。
【販売目標】 年間5万台
【価格】 オープン 




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。