logo

Googleの『手動による対策』解除サービスを成功報酬型で提供開始

ディーエムソリューションズ株式会社 2013年10月29日 09時00分
From ValuePress!

ディーエムソリューションズ株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:花矢 卓司)は、
昨今、社会現象化するGoogleの『手動による対策』を受け、検索表示順位が下落した企業の
WEBサイトを回復させるべく、『手動による対策』解除支援サービスを成功報酬型で提供開始
いたします。

報道関係者各位
プレスリリース

2013年10月29日
ディーエムソリューションズ株式会社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Googleの『手動による対策』解除サービスを成功報酬型で提供開始|ディーエムソリューションズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ディーエムソリューションズ株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:花矢 卓司)は、
昨今、社会現象化するGoogleの『手動による対策』を受け、検索表示順位が下落した企業の
WEBサイトを回復させるべく、『手動による対策』解除支援サービスを成功報酬型で提供開始
いたします。


◆Googleウェブマスターツール『手動による対策』とは?

Googleが手動によって行う、掲載順位を下げたり、検索結果から除外するといった措置のことで、
スパム行為のあるサイトが検索結果に含まれている場合に、適用することがあるとアナウンスされています。

検索結果にサイトが表示されない場合や掲載順位が以前より下がっている場合は、Googleウェブマスターツールに
登録して、[手動による対策] ページを確認し、問題がある場合はそれに対処する必要があります。


◆解除事例 リンク解析の16項目の分析指標

当社が開発した独自のリンク分析用ツール「GOWASUクローラー」によるリンク元の詳細分析と
オペレーターの目視検査を実施し、以下16項目のデータ項目を元にGoogleの品質に関する
ガイドラインに違反が疑われるリンクをリストアップし、リンクの分析結果を元に改善策を
実施した結果、『手動による対策』の解除に成功しました。


<データ取得項目>

1.対象サイトへのリンクの有無
2.対象サイトへの発リンク数
3.リンクへのnofollow属性の付加
4.リンクが画像リンクか否か
5.(リンクが画像リンクの場合)alt属性の内容
6.リンク先のURL
7.リンクのアンカーテキスト
8.リンク元URLのHTTPステータスコード
9.リンク元URLのインデックスの有無
10.リンク元URLのGooglePR
11.リンク元URLのtitle要素の内容
12.リンク元URLのサブドメイン
13.リンク元URLのサブドメインのインデックスの有無
14.リンク元URLのサブドメインのGooglePR
15.リンク元URLの対象サイト以外への発リンク数
16.リンク元URLの対象サイト以外への発リンクドメイン数


<改善策>

リンク元の詳細分析の結果、旧ページに対し、無料ブログから最適化されたアンカーテキストリンクが
多数設置された状態で、旧ページから新ページへ301リダイレクトを行っていることが問題だと判明しました。
旧ページから301リダイレクトの設定を外して404 Not FoundのHTTPステータスコードを返すように修正し、
再審査リクエストを行ったところ、再審査リクエスト実施後4日で、手動による対策が解除されました。


◆Googleの『手動による対策』を解除する4つのポイント


<<ポイント1>> 再審査リクエストを何回も行うのはよくないのか?

各再審査リクエストは個別に審査されますので、問題はありません。
ただ、何の努力もしないままに、再審査リクエストしても返信がないなどの可能性がありますので、
削除や削除できなかった説明をしっかりとする必要があります。

<<ポイント2>> リンクの否認の記録はGoogleによって保存されているのか?

Googleは、リンク否認のファイルがアップロードされる度に、
その都度記述されているリンクに対して対応しているようです。 
リンクの否認の回数によるペナルティは無いようです。

<<ポイント3>> リンクの否認を行う場合には、ドメインではなくURL単位で否認するべきなのか?

一つのページを否認するだけでは、十分ではない可能性があります。
このようなページは、サイトの別の場所で重複していることが多いため、ドメインで否認する必要があります。
ただ信頼性のあるリンクを失う可能性がありますので、慎重に行う必要があります。

<<ポイント4>> Googleはリンク否認ファイルのみによって再審査リクエストを行うのか?

Googleのジョン・ミューラーさんは、Googleスプレッドシート、もしくは、
リンク先に連絡を取る努力(あるいは、リンク先の連絡情報を見つけることに成功)を示す
同様のアイテムにリンクを張ると、有効だと指摘しています。

※出典:SEO Japan 『Googleのリンクの否認ツールに関するデマを一刀両断』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 主なサービス内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆成功報酬型『手動による対策』解除支援サービス リンク

◆価格

サービス導入料金 :105,000円(税込)
成功報酬額 :420,000円(税込)

◆成果物

被リンク分析レポート、被リンク削除経緯報告書、被リンク精査リスト、被リンク否認リスト、Googleへの経緯報告書

◆オプション

名称 :サイト内部対策(パンダアップデート対応)
価格 :157,500円(税込)
成果物 :内部施策解説書、内部施策手順書



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 会社概要 ディーエムソリューションズ株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社名  :ディーエムソリューションズ株式会社
所在地 :〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山1-1-3 クリスタルパークビル2F
設立  :2004年9月15日
資本金 :73,485,000円
代表者 :代表取締役 花矢 卓司
事業内容:ダイレクトメールのデザイン・印刷・発送代行事業
     SEO(検索エンジン最適化)コンサルティング事業
     メディア事業


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 被リンク分析レポートを無料進呈中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ディーエムソリューションズ株式会社が提供する「成功報酬型警告解除支援サービス「GOWASU」」において、
導入前のクライアント様向けに【被リンク分析レポート】(30,000円相当)を無償にて差し上げております。
お申込みは以下またはホームページにてお問い合わせください。


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ディーエムソリューションズ株式会社
担当者名:木村和央
TEL:0422-26-5570
Email:w.kimura@dm-s.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事