logo

コンビニ利用者が今後充実を希望しているものは、飲食物のほか「住民票や印鑑証明等の受け取り」、「イートインコーナー」などのサービスが上位に

ーCVSの利用実態調査ー

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国(47都道府県)の15~69才の男女を対象に、「CVSの利用実態調査」を実施しました。

■調査背景・目的
いまや、我々の日々の生活に欠かせない存在になっているCVS(コンビニエンスストア)。
日本フランチャイズチェーン協会調べによると、2013年3月末時点で、同協会加盟チェーンの国内店舗数は、47,510店舗にも及び、従来のCVS市場は飽和との声も聞かれます。
こうした中、CVS各社は、従来のCVSの枠組みを超え、青果販売やカフェ業態の取込み、医薬品販売、宅配などで更なる成長機会を模索しており、業態間の垣根は、従来にも増して低くなっている様子が伺えます。
本調査では、生活者がどのように他業態を使い分けしているかの一端をCVS利用者の視点から明らかにします。

 
■調査結果 
・一般医薬品の購入状況を「CVS」「薬局・薬店・ドラッグストア」で比較した。 CVSで「一般医薬品をよく利用する人」では、CVSでの購入頻度が、ドラッグストア等での購入頻度を上回る。
・「一般医薬品」を購入する理由の上位は、「ドラッグストアなどよりも近くにある」「他の商品と一緒に購入できる」こと。
・一杯ごとに淹れるコーヒー・カフェ類の利用状況をCVSとカフェをサービスする他業態と比較した。 CVSで「カフェ」をよく利用する人では最利用CVSでのカフェ利用頻度が、他の業態での利用頻度を上回る。
・CVSで「カフェ」をよく利用する理由は、「手早く購入できるから」が最も多いが、「おいしいから」といった商品面 での評価も高い。
・CVS全般に充実して欲しい商品・サービスと最利用CVSでよく利用する商品・サービスを対比させた結果、充実希望が多かった上位3は、「弁当・おにぎり・惣菜・調理めん」「スイーツ」「食パン・菓子パン・惣菜パン」。


■調査概要
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域  : 全国(47都道府県)
調査対象  : 15~69才の過去半年以内にCVSで買い物をした男女
調査期間  : 2013年9月27日(金)~2013年9月30日(月)
有効回答数 : 4,902サンプル



【会社概要】
会社名   :株式会社クロス・マーケティング リンク
所在地   :東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
設立    :2003年4月1日
代表者   :代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 :リサーチ事業
 
◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:中野・渡部  TEL : 03-3549-0328  FAX : 03-3549-0232
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事