logo

◎新型コーヒーマシンAscentを発売 Concordia

Concordia Beverage Systems 2013年10月28日 15時40分
From 共同通信PRワイヤー

◎新型コーヒーマシンAscentを発売 Concordia

AsiaNet 54780
共同JBN 1283 (2013.10.28)

【ベレビュー(米ワシントン州)2013年10月26日PRN=共同JBN】セルフサービスのスーパー自動コーヒー・システムの世界的リーダーであるConcordia Beverage Systems, Incは26日、スペシャルティーコーヒー・ソリューションの最新イノベーションである Ascent (リンク)の市場投入を発表した。 Ascentはグルメ向きいれたてコーヒーを提供する際に直面するジレンマを解消、客に提供するまでの時間と、高品質の味わいを両立させた。当社独自の低圧力のコーヒー抽出技術を用いたAscent抽出システムは、コーヒー豆をひいてろ過した水を温め、30秒以内にカフェ品質のカップ一杯のいれたてコーヒーを完璧に提供する。

(写真:  リンク

この20年間に米国では、エスプレッソ・コーヒーをベースにしたコーヒー飲料は急速に人気が高まってきたが、業務用コーヒー機器の市場は依然として従来型のコーヒーマシンが圧倒的に多い。Concordiaが最近行った調査によれば、従来型マシンは市場の96・5%を占めている。コーヒーの提供店は以前、スピードか味かのどちらかを選ばなくてはならなかった。抽出済みのコーヒーをかき回す機械を選ぶか、あるいは増えつつある熱烈なコーヒー好き、コーヒーファンが好む時間をかけていれるカフェ品質のコーヒーマシンを選ぶか、の選択である。Ascentは、香りを損なわないまますぐにコーヒーを提供するという店側のニーズを満たすものだ。

Ascentは一杯ずつ抽出する方式で、コーヒーを大量にいれておく(あるいは先にいれて味が落ちてしまったコーヒーを廃棄する)必要がなく、試験運用ではコーヒーをいれる全体コストは20%縮減できた。味を向上させる点では、コーヒーの有益成分油や風味成分を除去してしまうフィルターやその他消耗品の類いは使用していない。Ascentが抽出できるグルメコーヒーは2種類で、ドリンクサイズであれば3種類のカップに、またコーヒーサーバーなら複数の種類のポットにコーヒーを注ぐことができる。またアイスコーヒーを注ぐこともできる。

▽Concordia Beverage Systemsについて
米国北西部で当社は、革新的な技術、熱烈なコーヒー好きなどの点で知られている。ワシントン州ベレビューに設立、本社を置いているConcordia Beverage Systemsは、フルレンジのスーパー自動エスプレッソマシン、全面的に統合された飲料システムを提供。顧客向け業務で生じる独特のニーズに合わせている。Concordiaは、抽出するコーヒーの量が通常の範囲内である場合と、大量に必要とする場合の双方の選択肢を提供。マルチタスクの機械操作、24時間無休のコーヒー店用、エスプレッソの販売などのオプションも提供している。Concordiaが提供する機械はすべて米国製である。

Concordia Beverage Systemsの住所は 1287 120th Ave. N.E., Bellevue,
Washington 98005
ウェブサイト:  www.concordiacoffee.com

ソース:Concordia Beverage Systems

▽問い合わせ先
contactus@concordiacoffee.com, Telephone: +1-425-453-2800;
toll-free +1-800-995-9019

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。