logo

千代田化工とソーラーフロンティア、全国で計86MWのメガソーラープロジェクト

~豊富な施工ノウハウと高い発電量のCIS太陽電池を組合せ、高付加価値プロジェクトを全国18か所で~

【東京-2013年10月28日】-千代田化工建設株式会社(代表取締役社長:澁谷省吾、本社:横浜市)とソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:玉井裕人、本社:東京都港区)は、現在(2013 年9 月時点)までに、累計約86メガワット(計 18 プロジェクト)のCIS薄膜太陽電池を採用した大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設工事を受注いたしましたのでお知らせいたします。各プロジェクトで、ソーラーフロンティアはCIS薄膜太陽電池を供給し、千代田システムテクノロジーズ株式会社(*)を含む千代田化工建設グループは建設工事(EPC**)を行っています。

千代田化工建設グループはこれまで日本を含む40カ国以上の国や地域でエネルギー関連プラントを手掛けてきました。その経験とノウハウは、メガソーラープロジェクトにおいても海外の先進的な設計、機器の採用など、質の高いプロジェクト遂行に活用されています。一方、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池モジュールは、設置後に高い実発電量が期待できます。また、気温や影の影響を受けにくいため、北海道のような寒冷地域から九州のような温暖な地域まで幅広く適応が可能です。

千代田化工建設グループとソーラーフロンティアは、それぞれの強みを持ち寄ることで、よりコストパフォーマンスに優れ、付加価値の高いメガソーラーをお客様に提供いたします。両社は引き続き複数のメガソーラープロジェクトの受注を予定しており、今後とも更なる協力関係を通じて、日本での再生可能エネルギーの発展に貢献して参ります。

以上

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

*千代田システムテクノロジーズ株式会社(代表取締役社長:髙山巧、本社:横浜市)は千代田化工建設の100%子会社です。
**EPC:設計・調達・建設(Engineering, Procurement, Construction)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。