logo

◎UBMが12月に世界3都市でインド投資サミットを開催

UBM India 2013年10月28日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

◎UBMが12月に世界3都市でインド投資サミットを開催

AsiaNet 54771
共同JBN 1280 (2013.10.25)

【ムンバイ(インド)2013年10月25日PRN=共同JBN】

*英フィナンシャル・タイムズ発行の『fDiマガジン』が「巨大な市場、相対的に良いコスト効率、高いIT能力を持つインドは国際企業の投資先として関心を呼んでいる」とリポート。

UBMはフィナンシャル・タイムズおよびfDIマガジンの協力を得て2013年12月5日に「India Outlook Summit(インド展望サミット)」を開催すると発表した。同イベントはロンドン、シンガポール、ドバイで開催される。

(ロゴ:リンク

fDiマガジン編集長コートニー・フィンガー氏は「インドは経済パワーとして他と同時発生的に登場して以来、投資家の脳裏の中心を占めるに至った。中国は未開発地域への投資勧誘の面でインドを追い越したが、他の新興市場も急速に追いついてきている。インドは過度な官僚主義、ビジネスに不都合な法制、不透明な課税、不十分な知的所有権保護など経営環境の問題がなかなか消えず、同国の持つ海外直接投資先としての可能性を生かせずにいた」と述べた。

しかし、インドの市場需要は急成長し、購買力も拡大しており、今やビジネスや投資の対象として十分な魅力を持つに至っている。コートニー氏はこのことを強調して「インドは提供するビジネス機会の巨大さで競争力を保っている。しかし、今やインドは次のレベルに進み、投資家に対するアピールを高める時だ」と述べた。

India Outlook Summitは複数の場所で行われる国際会議で、インド経済における投資の評価、課題、機会に焦点を当てることになる。

同会議には経済界で影響を持つインフルエンサー、意志決定者、ビジネスリーダーが参集し、インドにおける将来の投資展望について議論する参加者をリードする。このイベントの基調講演およびエグゼクティブ講演は国内および国際的な観点を代表するものになる。

この会議で扱われる主な議題は以下の通り。

*インド経済の現状と将来展望の定義
*インドに対する海外直接投資の将来と将来の可能性の検討
*将来の経済、規制面の傾向の評価
*インドへ投資する際の主な税制、規制面の課題の同定
*有利な投資、ビジネス機会のための主な産業分野の評価
*インドで成功するための投資、ビジネス戦略の理解
*明日のインド市場に対する投資家の信頼の回復

詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。

▽UBMについて

UBM plcはイベントを中心としたマーケティング・サービスおよびコミュニケーションを提供する企業である。同社はイベント、オンラインおよび出版物上で世界の買い手、売り手を集め、これら企業がビジネスを行う手助けをしている。同社は30カ国以上の5,500のスタッフをビジネスおよび専門業界に向けた専門チームに組織し、ビジネスの手助けをするとともに市場に対してより効果的、効率的に働きかけるための手助けをしている。

詳しい情報はウェブサイト(リンク)、最新のUBMの企業ニュースはツイッター(@UBM_plc)、UBM全般のニュースについては(@UBMNews)、UBMの著名タツイート(Twitterati)から選ばれたツイートからUBMの雰囲気を知るためには(@UBM)を参照。

▽fDIマガジンについて

fDiマガジンは隔月刊で英語のニュースおよび海外直接投資(リンク)を扱う出版物で、最新の世界の投資活動を論評している。同誌は光沢紙を使ったA4判でABC協会公査による発行部数1万4969部が世界中の現役企業専門家および国境を越えた投資の専門家に届けられている。

fDi Magazineはフィナンシャル・タイムズ紙(リンク)の投資製品、サービスに関する「fDi Intelligence」ポートフォリオの中心をなしている。

詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。

ソース:UBM India

▽問い合わせ先
Mr Sean Palanna, Marketing Manager, UBM India:
T: +91-(022)6172-7072/ +91-(0)9920-857525,
e-mail: sean.palanna@ubm.com


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。