logo

ファッション・雑貨の小売店向け仕入れサイト「スーパーデリバリー」が店頭用カタログページ「catalog view(カタログビュー)」をリリース

ラクーン 2013年10月28日 12時12分
From PR TIMES

株式会社ラクーン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小方 功)が運営するファッション・雑貨の小売店向け仕入れサイト「スーパーデリバリー」は、卸価格を表示せず商品情報だけを閲覧できるカタログページ「catalog view(カタログビュー)」を10月28日にリリースしました。
これにより、会員小売店は店頭でパソコンまたはタブレットにて顧客と一緒にサイトを閲覧し、受注を取ることができます。また、商品を掲載している出展企業側も、展示会や商談時に自社カタログとしてページを活用した取引が可能となります。




■概要
スーパーデリバリーは仕入れ専用サイトとして卸価格や仕入れに関する情報を中心としたページになっていますが、「catalog view(カタログビュー)」ではスーパーデリバリーに掲載されている商品を店頭で一般消費者も閲覧できるよう、卸価格を伏せた状態にし、商品情報を中心に表示したページとなっています。
小売店は店頭で「catalog view(カタログビュー)」を顧客に見せることで、店頭では取り扱っていない商品の取り寄せ販売もスムーズに行えます。また、タブレットに最適化しているため、手軽に約38万点の商品を閲覧することができ、顧客への商品提案の幅が広がります。
一方、スーパーデリバリーに商品を掲載している出展企業は、「catalog view(カタログビュー)」を展示会や商談の場で活用できます。
「catalog view(カタログビュー)」では自社の商品だけを表示することができるため、自社カタログとして取引先に提示することが可能です。また、通常スーパーデリバリー上では卸価格の設定は一律ですが、「catalog view(カタログビュー)」では卸価格を伏せているため、価格設定の異なる取引先に対して卸価格を気にせず商品を提案することもできます。


■提案の背景

スーパーデリバリーではスマートフォンやタブレットからの受注が前年比164%と伸びています。そこで、小規模で取扱い商品数に制限があるスーパーデリバリーの会員小売店が、他店との差別化や顧客のニーズを満たすツールとして利用できるサービスを提供することにいたしました。
また出展企業側に対しても、スーパーデリバリーをインターネット上での卸販売のツール以外として活用できる幅を広げることで、サービスの利用価値を高め、他社サービスとの差別化を踏まえた提案となっています。


今後もスーパーデリバリーは、会員小売店及び出展企業に向けた新たなBtoBツールを提案していく予定です。


■「スーパーデリバリー」
リンク
スーパーデリバリーはファッション&雑貨の卸・仕入れサイトです。2002年2月から運営を開始。メーカーにとっては、地域を超えた全国の小売店への販路拡大ツールとして効果を発揮し、小売店にとっては日本国内のメーカーと場所を選ばずインターネットを通して取引でき、仕入先を大幅に拡大することが可能です。


■株式会社ラクーン

代表者 :代表取締役社長 小方 功
所在地 :東京都中央区日本橋蛎殻町
1丁目14番14号
設立  :1995年9月
資本金 :744,900千円
株式 :東京証券取引所マザーズ上場証券コード3031
URL :リンク


■プレスリリースに関するお問合せ
株式会社ラクーン 広報担当
TEL:03-5652-1692
担当:督永(とくなが)

■本サービスに関するお問合せ
株式会社ラクーン 
TEL:03-5652-1692
担当:今村

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事