logo

新曲の練習や、うろ覚えの楽曲の歌唱に最適!歌声合成技術を採用した新機能『ボーカルアシスト』を搭載



株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、社長:吉田篤司)は、本日10月28日(月)から、名古屋工業大学が中心となって開発した歌声合成技術を採用した歌唱補助機能『ボーカルアシスト』を業務用通信カラオケシステムの最新機種「JOYSOUND f1」および「JOYSOUND fR」に搭載します。本機能は、ボーカリストの生の歌声を収録した従来のお手本歌唱コンテンツ「ガイドボーカル」とは異なり、モデルとなるボーカリストの声をもとに合成された音声がリアルタイムに歌唱を行うことで、カラオケでの歌唱をサポートする業界初の試みとなります。

『ボーカルアシスト』は、新曲やうろ覚えの楽曲を歌う際のサポートとしてはもちろん、採点機能で高得点獲得を目指したいときや、カラオケルームで楽器を演奏する際のお供としてなど、幅広いシーンでご活用いただけます。音声合成で生成される歌声は男性、女性それぞれ1種類で、サービス開始に伴い、約1,000曲が『ボーカルアシスト』に対応しており、今後も最新曲をはじめ、さまざまなジャンルの楽曲を毎月200曲程度追加する予定です。

『ボーカルアシスト』の対象曲は、通常のカラオケ楽曲を選曲するのと同様に、対象機種「JOYSOUND f1」「JOYSOUND fR」設置店の「キョクナビ」で楽曲検索を行い、”うたいり”マークの付いている楽曲を選曲いただくことでご利用頂けます。


当社は、カラオケを楽しむお客様に向け、合成音声を活用した機能『ボーカルアシスト』を通じて、カラオケの新たな価値を創造してまいります。今後の展開にご期待ください。

▽「ボーカルアシスト」紹介ページ  リンク

※本サービスは名古屋工業大学発ベンチャーの株式会社テクノスピーチによる歌声合成エンジンを利用しています。
※合成音声のモデル歌手は非公表とさせて頂きます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。