logo

データレスキューセンター、BUFFALO製TeraStation(RAID構成HDD)のデータ復旧をご依頼いただいた「カシオ情報機器様」を公開

データ復旧サービスで、日本TOPクラスのシェアを誇るデータレスキューセンターは、物理障害の発生したBUFFALO製TeraStation(RAID構成HDD)のデータ復旧をご依頼いただいた「カシオ情報機器様」のお客さまの声を掲載いたしました。

データ復旧サービスで、日本TOPクラスの「シェア」を誇るデータレスキューセンターを運営する株式会社アラジン(本社:福岡県福岡市 代表取締役:長濱慶直)は、物理障害の発生したBUFFALO製TeraStation(RAID構成HDD)のデータ復旧をご依頼いただいた「カシオ情報機器様」の声を掲載いたしました。

■カシオ情報機器株式会社様からのお客様の声(全文)
リンク

■カシオ情報機器株式会社様からのお客様の声(一部抜粋)
「今回RAIDのデータ復旧ということで、調査も通常のHDDより困難で時間がかかる可能性はありそうだとは思っていました。急ぎのデータもありましたので、どうなるかと心配していましたが、48時間以内に調査結果を頂くことができました。その際に、復旧可能なデータリスト、見積書など調査結果の報告を確認させていただき、データ復旧作業の依頼をしたのですが、翌日には復旧作業が完了しましたので非常にスピーディな対応で助かりました。」

■お客様の声(一覧)
リンク

これからも、データ復旧の技術・サービスの向上と低価格化に取り組んでまいります。

【会社概要】
会社名: 株式会社アラジン
データ復旧サービス名称: データレスキューセンター(商標登録済)
本社: 福岡県福岡市中央区薬院1-5-6 ハイヒルズビル3F
代表取締役: 長濱慶直
資本金: 4,000万円
設立: 2002年5月31日
認証: プライバシーマーク、ISO27001(ISMS)
加盟団体: 日本データ復旧協会 常任理事
事業内容: データ復旧事業、ITソリューション事業
PCサイト: リンク
スマートフォンサイト: リンク

■本リリースに関するお問い合わせ先
データレスキューセンター
主任 平川 竜士
TEL:092-720-6633

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

【データレスキューセンターについて】
データレスキューセンターでは、起動しないPC/サーバー、故障したハードディスクや認識しないUSBメモリ、読み込めないSDカード等の記録メディアのデータ復旧サービスを年中無休(年末年始除く)で提供しています。 HDDやメモリーカードが機械的に故障している物理障害にも完全対応した高度な復旧技術、復旧可能なデータリストと見積書をお客様に事前に提示させていただく高いサービス、土日祝日も2交代制で朝8時から夜24時まで年中無休で調査・作業を行い、媒体到着後48時間(最短6時間)以内に初期調査結果をご報告させていただく迅速さ、そして低価格により、日本全国からデータ復旧のお申込みをいただき、データ復旧業界において日本トップクラスのシェアを誇ります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事